スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登山な話1 由布岳

昨年の秋の話なのですが、今後の展開に必要なのでこの話をさせてください。
s-IMG_8011_20140521003738b46.jpg
↑この写真は今年の春の由布岳  西と東の双耳峰。 豊後富士とも呼ばれる。

10月のとある日、大分県の由布岳に登りました。 朝7時、正面登山口(標高770m)。 雲に覆われて由布岳の姿は拝めません。


最初は草原の小路。 先行する老夫婦に続いて登ります。
s-IMG_6107B_20140520032944556.jpg

すぐに美しい森の中へ。 鹿の親子が前を横切りました(中央に逃げる鹿の後ろ姿、分かりますか?)  
s-IMG_6109B.jpg

+ Read More

その他の桜

今日は春に撮影したその他の桜

福岡県みやま市にある名木野のしだれ桜です。 旧瀬高町小田  撮影日は3/26

しだれ桜には、紅一重、紅八重、白一重の三種類があるそうですが、これは白一重で、本来寒冷地にしか育たない種が九州で生育している大変珍しいケースだそうです。
立花藩に仕えた吉田氏が、元禄年間に当地に京より移植したものが現在も素晴らしい花を咲かせています。
s-IMG_7895B.jpg
ただ「本当にこんな所に?」と言いたくなるような細い道を登り、車は路肩に何とか2台置けるかという程度で、すぐ隣には民家、鬱蒼と茂る竹林と撮影ロケーション的には優れているわけではありません。 
桜好きな方なら一度は見てみてもいいかも―という感じです。


夕暮れの久留米市筑後川 百年公園
s-IMG_8502_stitch.jpg
s-IMG_8482C.jpg
↑人物が特定できないように強めのボカシをいれています
s-IMG_8542C.jpg
s-IMG_8570.jpg

筑前町 草場川
s-IMG_8862.jpg
ココは昨年星景を撮りました
s-IMG_8877.jpg

久留米市 発心公園
s-IMG_8826.jpg
s-IMG_8614.jpg
s-IMG_8829.jpg
公園から 久大本線を走る一両編成の赤い車両。 いいなぁ

文化センター
s-IMG_8367B.jpg
s-IMG_8392.jpg
s-IMG_8389.jpg
今年はハーフNDフィルターが桜の撮影のみならず、先日のネモフィラの撮影などでコントラストを高めるのに活躍してくれました。 でもLeeやCokinの角型フィルターって高いのですよね。 通常の丸型もレンズの口径毎に買うと高くつくし。

近年は中華製の安いフィルターセットがAmazonなどで手に入るようになりました。 ↑の噴水の写真もNDフィルターを重ね合わせて露出時間を稼いでいます。  
これから夏の滝や水源の撮影にも重宝しそうです。 地上との明度差がある場所での星景でも使用を考えています。

   


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日んこつは知らん倍!(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村



<HOME>

NGC457「E.T. Cluster」(Caldwell13)、NGC663「Horseshoe Cluster」(Caldwell 10)、NGC559「Ghost's Goblet」(Caldwell8)

今日はカシオペア座にあるカルドウェルカタログの散開星団を3つ

まずはNGC457  通称「E.T.星団」の名があるCaldwell 13です。
明るい5等星と7等星の恒星が大きな目のように見えることから名づけられました。 
私にはラピュタのロボット兵が頭を斜め下にしてバンザイしているように見えます。
望遠鏡での眼視観測にも楽しい対象です。
この写真も×1.5のエクステンダーを使用しているため、周辺星像がとても流れています。

2013.7.10 0:43~0:59 EOS kiss X2(改) 30sec×3枚 3min×4枚 トータル13min30sec   ISO 1600 RAW  LPS-P2 FF Kenko テレプラス×1.5 MC4
Vixen R200SS  Celestron Advanced-GT kenko50mmFinder(改)ガイド鏡+Watec WAT-250D PHDguiding
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS5 FlatAide



2つ目はNGC663 「Horseshoe Cluster」の名があるCaldwell 10です。
カシオペア座付近を望遠鏡で流すと、散開星団が次々に視界に飛び込んできますが、このNGC663が一番大きいと思います。 M103よりずっと見応えがあります。 視等級 7.1等、 視直径は16′ほどあります。
名前の由来の馬蹄形に、星が並んでいるように見えなくもありません。
写真下ギリギリに写っているのは小型の散開星団 NGC659です。
s-1440_1444_C10N663B2-FLb.jpg
2013.7.16 2:53~3:15 EOS kiss X2(改) 4min×5枚 トータル20min  ISO 800 RAW  LPS-P2 FF
Vixen R200SS  Celestron Advanced-GT kenko50mmFinder(改)ガイド鏡+Watec WAT-250D PHDguiding
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS5 FlatAide



最後は多少地味目なNGC559 「Ghost's Goblet」の異名を持つCaldwell8です。 この「幽霊のゴブレット」の異名の由来が何なのかはわかりませんが、この星団には超新星残骸があるようです。  と言うのも残骸はかなり暗いらしく、赤外線や電波観測によって確認されたからです。 冷却CCDによる長時間露光の写真にはこの星団を包むように分子雲が写っています。 お持ちの方は狙ってみるのも面白そうですね。
私の写真には、星団を一回り大きく暗黒星雲の領域(星が写っていない)があるのがわかります。
s-1430_1437_C8N559B2-FLb.jpg
2013.7.16 2:09~2:47 EOS kiss X2(改) 4min×7枚 トータル28min  ISO 800 RAW  LPS-P2 FF
Vixen R200SS  Celestron Advanced-GT kenko50mmFinder(改)ガイド鏡+Watec WAT-250D PHDguiding
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS5 FlatAide


※【追記】
なんだか無理矢理感が否めませんが、↓こういう事らしいです。
C8.jpg
そして、中心部分の微光星が蒸気のように見えるそうです。 このあたりが「Ghost's Goblet」の名前の由来でしょうか。



カルドウェル天体撮影一覧表はコチラです。

↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日んこつは知らん倍(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ



<HOME>

はくちょう座のまばたき星雲 Caldwell 15、みずがめ座の土星状星雲 Caldwell 55、ヘルクレス座の惑星状星雲 NGC6210

カルドウェル天体撮影表、一応の区切りとした南天低~い80番台を除いて、とりあえず撮り終えました。
ただ、撮っただけで処理してないのですよね~  私の機材では地味な写りなのが多くてイマイチその気になれず放置してしまっていましたが、何個かずつでも処理していきたいです。

今日は惑星状星雲を3つ

はくちょう座の通称「まばたき星雲」NGC6826 C15 です。

恒星とは違う、青白い惑星状星雲がみてとれます。

上記はトリミングしています。トリミング前はこちら↓  今回の3対象は×1.5テレコンを使用しているので、周辺部の星像が流れてしまっています。  ケンコー製では周辺星像は2倍テレコンのほうがいいと思います。
s-1035_1043_N6826C15B2.jpg
2013.7.10 1:04~1:25 EOS kiss X2(改) 30sec×1枚 1min×3枚 2min×3枚 トータル9min30sec  ISO 1600 RAW  LPS-P2 FF Kenko テレプラス×1.5 MC4
Vixen R200SS  Celestron Advanced-GT kenko50mmFinder(改)ガイド鏡+Watec WAT-250D
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS5 



次はみずがめ座の惑星状星雲NGC7009 C55 通称「土星状星雲」です。
ss-1056_1063_N7009_C55B.jpg
上記のC15とは違い、土星の輪のようなものがあるのが特徴的です。
視等級も8等で、アマチュアの望遠鏡観測に適した星雲です。

トリミング前
s-1056_1063_N7009_C55B.jpg
2013.7.10  2:32~2:47 EOS kiss X2(改)  1min×4枚 2min×4枚 トータル12min  ISO 1600 RAW  LPS-P2 FF Kenko テレプラス×1.5 MC4
Vixen R200SS  Celestron Advanced-GT kenko50mmFinder(改)ガイド鏡+Watec WAT-250D
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS5 



最後はカルドウェル天体ではありませんが、ヘルクレス座のβ星の近くにある惑星状星雲、NGC6210です。
ss-1044_1049_N6210B.jpg
ともすれば恒星と見間違えそうな大きさですが、倍率を上げるとややつぶれた楕円形であることが認められます。
これから夏の観測対象にピッタリです。

トリミング前
s-1044_1049_N6210B.jpg
2013.7.10  1:49~1:57 EOS kiss X2(改) 1min×5枚 2min×1枚 トータル7min  ISO 1600 RAW  LPS-P2 FF Kenko テレプラス×1.5 MC4
Vixen R200SS  Celestron Advanced-GT kenko50mmFinder(改)ガイド鏡+Watec WAT-250D
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS5 


主だった惑星状星雲をずらりと並べてみるのも、違いが分かりやすくて面白いかもしれませんね。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日んこつは知らん倍(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ



<HOME>

阿蘇 長陽駅の桜&ラピュタの道

阿蘇の一心行の大桜と岸野の観音桜に行った際に寄り道した、南阿蘇鉄道の長陽駅です。
s-IMG_9096.jpg
とても素敵な駅です。
これで列車がくれば画になるのですが、先を急ぎます。


ミルクロードの途中にある「ラピュタの道」と呼ばれる場所です。
s-IMG_9120.jpg
阿蘇のカルデラの外輪山を一気に上り下りします。
地元の方が牧場に行き来するための道路が、いつしか観光客からそう呼ばれるようになりました。
雲の状態によっては本当にまるで天空の道です。
s-IMG_9109.jpg
野焼きのすぐ後だったので、山肌は黒々していますが、今だと新緑に覆われて青々としているでしょうし、この道の麓の長寿ヶ丘つつじ園もキレイでしょう。  「ラピュタの道」ぜひ画像検索してみてください。
s-IMG_9122_stitchB.jpg
絶景&なかなかの玉ヒュンポイントです。
s-IMG_9114_stitchC.jpg
この日も道路には落石が多数転がっていました。 道も狭いですし、ドライバー&ライダーの皆さん、通行される際はどうぞ安全運転で。

今年は仙酔峡のミヤマキリシマの花つきが悪いみたいですね。 う~ん、どうしよう。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日んこつは知らん倍!(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村



<HOME>

カタクリとショウジョウバカマ

「花とオッサン」シリーズ、まだまだ続きます。

登山をやる者が一度は出会いたい花、それは早春の僅かな期間しか咲かないカタクリ。 多くの方がその可憐な姿をブログでアップされているのを見て、「自分もいつか…」と思っていたのですが、とんと見たことがありませんでした。

調べてみると、九州で自生しているのは熊本県の奥深く、雁俣山、目丸山、京丈山の三座のみで、これらはいずれも平家の落人伝説のある五家荘(ごかのしょう)北部の山だけだというではありませんか。
そりゃ見たことない筈だわwww

それでも九重で育てている所があると聞き行ってみました。

くじゅう大吊橋からほど近い「くじゅう野の花郷」です。 なんと入場料は無料。 お食事やお土産、苗などを販売されるだけだそうです。 

4/10 くじゅうでは平地より1~2週間ほど春の訪れが遅いようです。

さっそく探すと、あった~。
s-IMG_9727.jpg
身の丈10cm程、反り返る花弁、お辞儀をしているかのような佇まい。 美しい。

s-IMG_9748.jpg
園の方から「夕日が横から当たるとすごく綺麗だよ」と教えていただきました。

s-IMG_9738.jpg
なんだかエヴァっぽい雰囲気もあるなぁ。

カタクリの群生
s-IMG_9751_stitch.jpg
落葉広葉樹の柔らかい日の光が射す場所でなければ育たないとか。 他の植物が芽を伸ばす頃は、跡形もなく消えるという。


反対側から見たところ
s-IMG_9766.jpg


s-IMG_9771.jpg
売店で女性が「カタクリを育ててみたい。球根は売ってないの?」的な事を聞いていましたが、「九州の平地じゃ難しいですよ。難しいというか殆ど無理でしょう」と言われていました。 
八王子のやまねももんがさんの家の庭にも咲いてるから大丈夫っしょ―とも思ったのですが、ほんの数℃の差が植物にとっては大きいのでしょうねぇ。


話は変わって、その他の植物がな~んにも見つからないのですよね。 唯一福寿草くらい? この時期はそんなものなのかな?
s-IMG_9787.jpg


そうしていると「あっちにショウジョウバカマが咲いてるよ。ちっさいから見落とさないようにね」と教えていただきました。 探す事5分、これか ちっさ!www
s-IMG_9796.jpg
猩々袴 ショウジョウバカマ ユリ科
s-IMG_9804.jpg
花が赤いのを猩々(中国の伝説上の動物のこと)になぞらえ、根生葉の重なりが袴に似ていることから名付けられたとされる。―wikiより
九州で自生しているものはツクシショウジョウバカマというやたら長い名前になるそうです。
s-IMG_9803.jpg
調べるとショウジョウバカマは面白い増え方をするみたいですよ。


いいもの見せてもらって満足、漬物でも買ってさて帰ろうかと
あ。猫発見。
s-IMG_9815.jpg

寄ってきました。 寄り過ぎじゃね?
s-IMG_9821.jpg
ひとしきり撫でたりして遊んだあと車のドアを開けると乗り込んできました。
抱えて出そうとしてもマットに爪を立てて、イヤダー!というので好きにさせてました。
スンスン臭いを嗅いだり、爪でシートをバリバリ… おいっ! まぁボロだからいいけど。

s-IMG_9809.jpg
駐車場でマメザクラを発見、これも高地性の桜なのでこの辺りでは珍しいですね。






↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日んこつは知らん倍!(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村



<HOME>










ネモフィラの丘

いっこうさんのひたち海浜公園に先を越されましたが、私は福岡県の海の中道海浜公園に行ってきました。
撮影日は4/9 ネモフィラの花畑です。 和名は瑠璃唐草
s-IMG_9508_stitchB.jpg
観覧車もあって、ひたち海浜公園にソックリです。

実はどちらも国営公園です。
国立公園、国定公園、国営公園…いろいろあってややこしいですね。

国立公園と国定公園は自然のままの風景地を保護・管理するもので(自然公園)、国立は国(環境省)が、国定は都道府県が管理。
国営公園は国土交通省が所管する都市公園で営造物公園
もう一つ国民公園ってのがあって上記以外で環境省の所管(皇居外苑・新宿御苑・京都御苑)
ふーん、そうですか。。。

まぁ、そげなこつはどげんでんよかとばってんがくさー
ネモフィラの丘
s-IMG_9580.jpg
↑は絞り値11、↓は18まで絞り込んでみました。
s-IMG_9583.jpg
ピントが全域でほとんど合っている(ように見える)のもいいし、手前がボケているのもいいような。どちらがお好きですか?

ちょうどチューリップが見頃でビックリするほど綺麗でした。
s-IMG_9457.jpg
カップルか女性同士、またはシニアの人達ばっかりでした。

花弁が陽の光を透くのは好きです。
s-IMG_9626B.jpg

真上から撮ったチューリップとネモフィラ
s-IMG_9458.jpg

あーもう、嫌になるくらいキレイです。
s-IMG_9634.jpg

紫のアネモネ
s-IMG_9636.jpg


小規模ながら動物園もあります。 草だらけのヒツジ
s-IMG_9701.jpg

通路に出てきたカンガルー めっちゃメンチ切ってる。  やんのか、おっ!
s-IMG_9660.jpg

フラミンゴ  たまには脚伸ばしたいよね。みょーんって
s-IMG_9688.jpg
とても一日では回りきれませんでした。


仕事も一段落し、少し暇になったので、今日こそは皆様のところに挨拶回りせねば。
今までのご無礼、何卒お許しください。

↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日んこつは知らん倍!(゚Д゚)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






前原の一本桜

慌ただしいGWも終わり、桜前線も遥か北の彼方へいってしまいましたが、まだ残りの桜をUPします。

熊本県阿蘇郡の前原の一本桜

撮影日は4/15 リアルタイム検索とかで調べてもいましたが、まだかまだかと結局4回も訪れてしまいました。
s-IMG_0074.jpg
ここでの定番は青空をバックか(1枚目)、涌蓋山をバックか(2枚目)で決まりですね。

s-IMG_0093.jpg
木の側から。 牧場の方がいらっしゃったので、挨拶してお話を聞いてみると、樹齢は60年くらいでしょう―とのことです。

ひとしきり撮影したので一旦山を下ります。 
杖立温泉で一風呂浴びたあと、夕暮れ時にもう一度行ってみました。

s-IMG_0195_0210_stitchB.jpg
全てを茜に変えていきます。

改造デジで赤外線撮影してみました。
s2-IMG_6339_stitchB2.jpg
上の写真では靄で見えない阿蘇五岳が遠くに写っています。 何十キロも先までボコボコとした丘陵地帯が続きます。


涌蓋山の山際から月が出てきました。
s-IMG_0280C.jpg
この日は月食。 残念ながら九州では月の出時には部分月食も終わり、半影月食の時間帯なのですがよくわかりませんでした。
それでも地元の方々のライトアップのおかげでいい写真が撮れました。


s-IMG_0086.jpg
↑↓これも忘れずに貼っておきましょう。 だだっ広い中ちょこんとあるので気づかない人も多いようです。
それでも露店もなくて商売気はゼロなところがまたいいです。
s-IMG_0085.jpg





↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日んこつは知らん倍!(゚Д゚)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
520位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
177位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。