スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクセン フリップミラー その3

最近少し脱線気味だったかたくち。まぁ晴れなきゃ星は撮れないのでスミマセン。

ガイド星を導入し易くする為、昨年末から弄っていたビクセンのフリップミラー その1その2ときて第3弾。
笠井トレーディングから届きました。
IMG_4077.jpg
CNC42mmT2/31.7mm特製アダプター \2800
接眼部に真鍮製の薄板がはめてあって、アイピースのバレル部分を全体的に締め付けられます。

対物側は
IMG_4078.jpg
42mm P0.75のいわゆるT2ネジのメス

それと
IMG_4079.jpg
42mmT2ネジ → 36.4mmネジ \1500 こちら側が36.4mm P1.0 メス

反対側
IMG_4080.jpg
42mm P0.75 メス

これらをフリップミラーの接眼部を外し…
IMG_4081.jpg

装着。 純正フリップより2~3cm短くなりました。
IMG_4082.jpg
42mmT2ネジ → 36.4mmネジ側には元から使用していた36.4→31.7接眼アダプターをつけました。

両方を同じ物にしなかったのには理由があります。

直感的に操作しやすい直進側に眼視導入用の32mmの接眼レンズを(19倍)、垂直側にガイド用のWEBカメラを。
IMG_4083.jpg

ガイドカメラの方が接眼レンズよりピント位置が奥(対物側)だったので、光路長を変える事で、少しでも双方ピントが出やすい様にしました。 ヘリコイドまで付ければ完璧ですが、あとは接眼レンズの抜き差しでピントが両方合うようにします。

これで大丈夫な筈!(多分) しかし重いなぁ…これだけで1kg以上ある。

ちなみにWEBカメラはロジクールのQ-cam S7500  130万画素
s-HI380715.jpg


分解してガラスレンズを外し
s-HI380716.jpg


不要になった接眼レンズのバレル部分をホットボンドでつけてます
IMG_4085.jpg

バレルにはバーニア目盛りもつけてます。差し込む方向を決めておけば、ガイドの準備時間短縮になります。
IMG_4084.jpg
このカメラでD68mm f600mmのガイド鏡を使い6等星はガイドできました。7等星は試してみたことがないです。

晴れたらテストしたいけど晴れない
裏日本の冬の晴天率の悪さは異常ばい(゚Д゚;)

↓ポチッとonegaishimasu
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

 

IMG_4086.jpg
外した↑コレどうしよう? 何か使い道あるかな?
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://katakuchiiwasi.blog129.fc2.com/tb.php/98-c05abea5

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
474位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
169位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。