スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高千穂峰登山 その1

またまた新カテゴリ-「登山」登場です。

宮崎県と鹿児島県の県境に位置する「高千穂峰(1574m)」に友人達と登ってきました。
高千穂河原(970m)から高度差600m、90分の行程です。
2013y06m18d_224847861.jpg
天孫降臨伝説地の一つで、山頂に天逆鉾の剣が刺さっています。 坂本龍馬とお龍さんが日本初の新婚旅行で登り、「逆鉾を引き抜いたら天狗の顔をしていて大笑いした」という手紙で有名な山です。

午前9時過ぎ、高千穂河原に到着です。(駐車料金 普通車410円)ここにトイレなどもあります。
v-IMG_0911B.jpg

先ずは出発前の記念撮影 全部で6名 一番右が私です。
v-IMG_0915B.jpg

出発
Cafe-download-27570720023854.jpg
Photo by Shingo



v-IMG_0919B.jpg

すぐに霧島神宮の古宮址が現れます。 元々6世紀頃は上に社殿があったのですが、火山の度に炎上。平安時代にこの古宮に移されますが、ここも火山で炎上。 戦国時代に現在の場所に移されたそうです。
その古宮の祭場址
v-IMG_0921B.jpg

古宮をあとにすると、スギやヒノキ、アカマツ等の森をいきます。
v-IMG_0923B.jpg

白い花が沢山咲いていました。 私は何の花かわかりません
v-IMG_0924B.jpg

標高1100m付近より植生が変わります。 火山岩がゴロゴロ、地面も爪の大きさ程の火山礫が大量に降り積もって、とても足を取られます。 ガスが出てきました。
v-IMG_0926B.jpg
一歩足を踏み出しても、2/3は滑って全く前に進みません。 斜度も30度を超えていそうです。
v-IMG_0929B.jpg
後で知ったのですが、Wikiには「標高は韓国岳(からくにだけ)より低いが急な斜面と石が大量に転がっているため、霧島連山中登山するのに最も苦労する。」とあります。

マジで死にそう。 手を使わないと登れないほど急です。 しかも砂浜の砂の様にフカフカ。
v-IMG_0932B.jpg
休憩しては登り、また休憩しては登り・・・

九州の高山に自生するミヤマキリシマ
v-IMG_0948B.jpg
「ミヤマキリシマは、火山活動により生態系が撹乱された山肌で優占種として生存できる。逆に火山活動が終息し植物の遷移によって森林化が進むと、優占種として生存できなくなる。」 ほうほう。


何とか最初の難関の斜面を突破。 「馬の背」と呼ばれる尾根を進みます。 ここは傾斜も緩やかで楽です。
ここで予定の90分は優に超えています。
v-IMG_0937B.jpg
ただし左右は滑落すると自力では上がってこれなそうな雰囲気です。

馬の背から見る「御鉢」と呼ばれる火口跡。 小さく見えますが、直径東西約550m、深さ約200m。 硫黄の臭いが強く充満します。
v-IMG_0690.jpg

先述した6世紀にあった霧島神宮の元宮址です。 
v-IMG_0942B.jpg

しかしここからが最大の難関です。 下の斜面は硬い火山岩もあったのですが、ここからは本当に砂の山です。
v-IMG_0947B.jpg
10m以上続けて足が出ない・・・ 山頂に辿り着かない気がしてきました。

つづく。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日も頑張る倍(゚Д゚)
ブログランキング・にほんブログ村へ



<HOME>
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://katakuchiiwasi.blog129.fc2.com/tb.php/775-c70c96e2

Comment

阪神ファンいっこう | URL | 2013.06.19 12:10
 最初の写真をみて、なんとまぁおおげさな……、と思ったのですが、こりゃ、本格的な登山じゃないですか!
 うちの山ガールの高尾山登山とは桁が違いますな。先日は、大菩薩峠という少しハードなところに行ってましたが。
 新ジャンル『登山』。楽しみですね。まずは続きを心待ちにしております。
kazu | URL | 2013.06.19 12:15 | Edit
こんにちは!
これはこれは 本格的ですね〜
今頃は足が痛いのでは、、、その時はまた温泉ですね!
もう少し天気が良かったらいいですね、、、
やまねももんが | URL | 2013.06.19 20:01 | Edit
こんばんは。

これはとても登り難くそうな山ですね。
雲の中で周りの景色も見えないし、遭難しような雰囲気も漂ってきました。
続きはオチを期待していますよ。
それとも、これに懲りて新シリーズが1回で終わってしまうのかな?

ミヤマキリシマは私も名前だけは知っているので有名な高山植物ですよね。
道端小石 | URL | 2013.06.19 20:28 | Edit
こんばんは、
高千穂峰いいですね~とっても登ってみたくなりました。
この砂は相当きつそうですね。
気になって他のブログとかみても
みなさん3歩進んで2歩下がるって書いてあるし。
天候が悪いみたいで景色が見えないのは残念でしたね。
でも、山登りうらやましい~~

まるこう | URL | 2013.06.19 22:09
この砂の斜面は厳しいですね。
ふるさと鳥取砂丘の砂山も登るのに苦労しますが、スケールが違います。

さあ、オチが楽しみだ。。
JBL | URL | 2013.06.20 00:16 | Edit
わー!
写真で見ているぶんには、凄い楽しそう。
とってもしんどそうですがw

こうやって仲間と集まって登山するのは楽しいだろうなぁ。
と、いう訳でオチ期待してますw
おりおん | URL | 2013.06.20 08:51 | Edit
高千穂峰って結構すごいんですね。
滑落するとヤバそうです。
龍馬とお龍の日本初の新婚旅行の地と聞いていたので、もっとなだらかかと思ってました。
晴れてれば絶景なんでしょうねぇ~。
山口のじぃ | URL | 2013.06.20 17:35 | Edit
私の長女の名前が「千穂」って言います。それがどないしてんてはなしですが(笑)

いや、若いって素晴らしい。写真を見てるだけで息が切れてしまいました。
記事読み終えて、80歳でエベレストを登頂された三浦氏に今さらながらに感服してます。

龍馬は自分だけブーツだったんですかねぇ、おりょうがブーツって聞いた事ないしなぁ(笑)
にしん目かたくちいわし | URL | 2013.06.21 11:54
>阪神ファンいっこうさん

「行程90分」とか「小学生でも」とか聞いて、甘く見てると後悔しますね。山岳部出身のメンバーはハイキング気分でザック無し+ショートのシューズで来ていましたよ。 数年前に噴火した新燃岳のすぐ近くです。 高千穂峰も昨年まで入山規制されていました。 火山灰が降り積もって前より相当キツくなっているようです。
それプラス我々も40代、相当体力落ちていますね(笑 
にしん目かたくちいわし | URL | 2013.06.21 12:02
>kazuさん

こんにちは。
思っていたより本格的でした。
それが筋肉痛も殆ど無かったのですよね。
下山後、温泉に寄ったのが良かったのでしょうか。
はい、天気が残念でした。
にしん目かたくちいわし | URL | 2013.06.21 12:10
>やまねももんがさん

こんばんは。

まさかここまで登り難いとは思ってもいませんでした。
でも登山者いっぱいだし、道はわかりやすかったので、滑落したり怪我しなければ遭難は無さそうな雰囲気でしたよ。
先ずは体力作りからですね。 近所の低山でトレーニングしたいと思います。

ミヤマキリシマはツツジの一種でもっと大きな花を想像していたのですが、小さな可憐なツツジでした。
にしん目かたくちいわし | URL | 2013.06.21 12:15
>道端小石さん

こんばんは。
天気が良くて景色が見れたら最高でしたが。 でも日が射すとこの時期物凄く暑いそうです。
雲の中だったのに日焼けして顔の皮がむけています(笑

将来はポラリエでも持って頂上に・・・って登る前は思っていましたが、今は機材抱えてはちょっと行きたくないです(笑
にしん目かたくちいわし | URL | 2013.06.21 12:17
>まるこうさん

鳥取砂丘も大変そうですね。 ゲイター持っていっていて良かったです。 歩き方が下手なので、小石が靴の中にじゃんじゃん入ってきました。

オチは特に無いのですよ(^_^;) 長かったので2つにわけただけで。。。
にしん目かたくちいわし | URL | 2013.06.21 12:20
>JBLさん

独りだと只の修行でしかないです。 途中で諦めて帰っていたかも。
仲間がいたから登れました。 本当に感謝です。

オチは・・・以下(ry
にしん目かたくちいわし | URL | 2013.06.21 12:23
>おりおんさん

はい、私も「日本初の新婚旅行の地」ということで和服草鞋姿の女性でも登れるものとなめていました(反省
昔の人が凄かったのか、今の私がだらしなさ過ぎるのか。。。
しかも標高970m地点までは車で行っているのですから。
昔はそこまでも歩きだったのですよね。

一瞬雲間から下界が見れました。最高でしたよ。
にしん目かたくちいわし | URL | 2013.06.21 12:31
>山口のじぃ 様

おお~いいですね。 私も女の子が二人できたら「高」と「千穂」にしましょうか。3人だったら「峰」も加えて。

三浦氏スゴすぎ。 普段から登っているからできるって、流石に80でエベレストは無いですよ。
今私がいきなり連れて行かれたら、速攻で死ぬ自信あります。

龍馬がブーツを履き出したのは1865年の亀山社中くらいからだそうです。 お龍さんとの旅行は1866年なのでひょっとするとブーツだったかもですね。 とか考えると面白いですね。 お龍さんも龍馬の影響でブーツ履いてたかも(笑
Comment Form
公開設定

プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
644位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
229位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。