スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディフュージョンフィルターのテスト その2

3月10の近日点通過を前に、パンスターズ彗星は少しずつ明るさを増しているようですね。
Sky & Telescopeの特設ページには日々のレポートがアップされています。
3/7のオーストラリアからの報告では光度1.5等との報告です。 ただし大気の減衰などを受けて3.0等級程度に見えるそうです。

明るくなっているのはいいのですが、先日からの黄砂で視程が10kmにも及びません。 こうなってくると彗星どころの話ではなくなってきます。 暫くはダメかもしれませんね。 そのことをニュースでも伝えてほしいところです。


さて昨日のLeeフィルターのテストのつづきです。
【テスト2】 地上の風景を入れた場合

前回と違うのは縦構図であること/地上の灯りが明るいので露出を25秒から20秒に短縮しています。

今回の構図&F2.8開放 フィルター無しの場合

アルクトゥルスが端の方にきたので、例のオムスビ型がより強烈です。


同じくF2.8 フィルターNo1(レンズの前)                      F2.8 フィルターNo2
s-IMG_9222_281.jpgs-IMG_9223_282.jpg

星も僅かに滲みますが、前景の街灯の滲みが特徴的です。


F2.8 フィルターNo3                                 F2.8 フィルターNo4
s-IMG_9224_283.jpgs-IMG_9225_284.jpg

フィルターの番手が上がるごとに前景のボケが大きくなっていきます。 星はいいのですが、前景は過剰に感じます。
星像の拡大は昨日と重複しますので省きます。


続いて絞りを1クリック、F3.5にします。 フィルター無し
s-IMG_9226_350.jpg
周辺部の星像の歪みが緩和されます。 本当に2.8と4.0の間という感じです。

F3.5 フィルターNo1                                  F3.5 フィルターNo2
s-IMG_9230_351.jpgs-IMG_9229_352.jpg



F3.5 フィルターNo3                                  F3.5 フィルターNo4
s-IMG_9228_353.jpgs-IMG_9227_354.jpg

ここでもフィルターの番手を上げると前景部分の効果過剰を感じます。


前景はフィルターNo1で十分、でも星はNo3かNo4を使いたいです。


ならばそうしましょう。 少し邪道かも知れませんが、やりたくない人はやらなければいいのです。
写真コンテストは別として、趣味の領域なので一手間かけるだけです。

やり方はここにいつも来られている方々はすでにご存知かと思いますが、初めて来られた方のために説明します。

PhtoshopでNo1とNo4の両方の画像を開きます。
2013y03m09d_151430265.jpg

投げ輪ツールでNo1の前景部分を囲んで選択します。少しくらいはみ出しても構いません。 またNo4の空を選択するか、No1の前景を選択するかはケースバイケースです。
2013y03m09d_151545062.jpg

選択範囲>選択範囲の変更>境界をぼかす
2013y03m09d_151602736.jpg

範囲は今回10pxにしました。
2013y03m09d_151614183.jpg

選択した部分をNo4の画像にドラッグ&ドロップ 位置を綺麗に合わせます。 違和感は全くありません。
2013y03m09d_151748748.jpg
もし上手くいかない場合はレイヤーの透明度を変更してみましょう。 変更する場合、最初の投げ輪ツールで選択するのは動いていないほう(固定撮影の場合は前景)がいいでしょうね。
レイヤーを統合後、画像を回転させて終了です。


s-IMG_9227_354_351.jpg
どうでしょうか?

冗長でスミマセン(´Д`;)ヾ


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://katakuchiiwasi.blog129.fc2.com/tb.php/721-b731037e

Comment

温泉日和 | URL | 2013.03.09 18:57 | Edit
私はフォトショップを持っていないので、それをフィルターそのものでやったことがあります。
№1をレンズの後ろで固定させて、にじませたい星空部分に№3をレンズ前にかざして。境目はテキトーに。
結論は、、、とても面倒臭いのでやってられない。
超アナログチックでしょ。
多分、もう一生やらないと思いますけど(笑
やまねももんが | URL | 2013.03.09 19:27 | Edit
こんばんは。

なかなか良いじゃないですか。
目で見た感じに近づいてきましたねえ。
だから邪道とは思いませんよ。

温泉日和さんの手法も凄いなあ。
KAZU | URL | 2013.03.09 22:04 | Edit
こんにちは!
彗星の写真の見本ありがとう御座いました
とてもかっこいいと言うか きれいなんですね
これ見るとぜひ撮りたくなりました
夕陽が沈んでから見れるんでしょうか?
14日は夕陽が沈んでから細い月の横に出ると
記憶していますが? そうですね黄砂が問題です・・・

私はLEEフイルターは指一本分位下を横にカットしているんです  そこに指を入れて持ったり 地上の明かりの時は上へずらして撮影したりしています(フイルターがからない様に) レンズは確か下の方は鈍感なんです。。。

だから適当に上にあげても大丈夫なんです 実は このカットした分と言うのは
レンズの内様にカットして入れた跡なんです 笑!

まるこう | URL | 2013.03.10 03:27
温泉日和さんの方法なのかと思いきや、まさかの合成でしたか!
なるほどなあ。

これならバシバシ#4で撮影できますね。
にしん目かたくちいわし | URL | 2013.03.10 10:35
>温泉日和さん

私も温泉日和さんの方法まで複雑じゃないですが、空になる部分だけフィルターをかざす方法を今度試そうかと思っていたのですが、この記事を書いている途中で「あ。合成すりゃいいんだ」と気づきました(笑

今ならデジタル処理が簡単にできますけど、銀塩時代はみんなそんな感じでやってましたよね。
いい時代だったのかも。。。

にしん目かたくちいわし | URL | 2013.03.10 10:40
>やまねももんがさん

こんばんは。
だいぶ目で見た感じに近くなりました。
前景をノーフィルターのものにする合成もしてみたのですが、境目はわからないものの、何だか違和感を感じる結果になってしまいました。 処理した本人だからかもしれません。 そちらの方が目で見た感じに近い筈なのに、「こんなものが撮れる筈がない」という思い込みが頭の中にあるのですよね。 

あと合成すると「なんだ合成か」と思われちゃうのが悔しいのですよね(笑
にしん目かたくちいわし | URL | 2013.03.10 10:49
>kazuさん

こんにちは。
これらは空気が乾燥して澄んだ南半球の写真ですものね・・・ 
でもついに日本から撮られた方が出た様です。 望遠鏡を使ってですが。

13日は月齢2の針の様な月の側に、14日は少し離れて月齢3の月とランデブーです。
いかんせん黄砂ですよ。 こりゃ参りましたね。

やっぱりkazuさんもフィルターカットされているのですね。 境目がどうかなぁと思っていたのですが、鈍感で気にならないのですね。 情報ありがとうございます。
にしん目かたくちいわし | URL | 2013.03.10 10:51
>まるこうさん

この合成がアリなら、空の部分は#4でガイド撮影、地上は#1で固定撮影―なんてのもアリでしょうか。
上手く重なるかどうかは知りませんけど。
今度やってみます。
Comment Form
公開設定

プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
572位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
198位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。