スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Leeディフュージョンフィルターのテスト zenitar16mm魚眼の場合 その1

3/6の晩に晴れたので行ってきました。
その日昼間は暖かく、夜も3℃位までしか下がりませんでしたので過ごしやすかったのですが、低空は霞がかかった様な空でした。

この日の目的は久しぶりの直焦点オートガイドのテストです。
ところがCFカードはカメラ3台中2台分忘れてくるは、ガイドカメラのUSBキャプチャーを忘れてくるは、「PHD Guidingってどう使うんやったけ?」状態で案の定上手くいきません。


忘れ物に気づいてOTL状態のかたくち

なんだか黒い卵型の物体にしか見えませんね。 アメリカ軍が開発中のキモイ四足歩行ロボットBigDogのようです。

昔使用していたwebカメラを取り付けますが、ファインダーガイド鏡では感度が不足して3等星もあやしい感じです。
仕方ないので取りあえずプロキオンをISO400で5分露出してみました。
s-IMG_9208.jpg
多少暴れましたが何とかいけそうです。 A-GT君は久しぶりに使ってもスネていない様です。

ガイド星が見つからないので春の銀河を撮るなどもってのほか。直焦点は↑の1枚で終了です。


気持ちを切り替えてzenitar16mm+Leeフィルターの効果をテストしました。

テストはEOS kissDNにzenitar16mmをつけ、ISO1600 固定撮影でフィルター有りの場合はレンズの前面に使用しています。 また現像はUFRawを使い、全て同じ設定で現像しています。

【テスト1】星野写真風での効果 (地上の景色を入れない場合)

写野は次の通りです
s-IMG_9216_403B.jpg


絞りF2.8開放 露出25秒 フィルター無し
s-IMG_9209_280c.jpg

フィルターNo3使用(レンズの前) その他同じ
s-IMG_9212_283c.jpg

其々の中央部・周辺部の100%トリミング
Leeフィルター比較1
フィルター有りのほうがごく僅かに滲んでいますが、その差は殆どありません。 フィルター有りは微光星が若干消えている様な気がします。 また、輝星のエッジがほんの少しだけ柔らかくなっています。
zenitar16mmはレンズ最後面に透明ガラスフィルターが元々付いています。 そのせいで絞り開放にすると星像が滲みます。  
このレンズを絞り開放で使う場合、フィルターを使用するメリットはほぼ皆無です。 むしろデメリットの方が大きいです。


次にF値を4.0まで絞り込んでみます。
s-IMG_9213_400c.jpg
F4まで絞り込むと、このレンズ特有の絞り開放での周辺部の悲惨なオムスビ型星像は劇的に改善されます。
反面滲みが無くなってしまい、星座の形が分からない寂しい画になってしまいます。

フィルターNo3使用(レンズの前) その他同じ
s-IMG_9216_403c.jpg
輝星がやや大きく滲んで星座の形がわかりやすくなります。 肉眼での見た目に近いです。 

同じく拡大画像
Lee比較2
絞り込んだ分、光量が1/2になっているので暗くなっていますが、星像が改善され、フィルターの効果も大きくなります。 もっと高感度設定できるカメラや、ガイド撮影をする場合は、フィルター使用のメリットが大きそうです。
周辺部より中央部のほうが、日周運動の影響を受けているのは不思議な気もしますが、恐らく赤緯差によるものでしょう。 


テスト2は地上の風景を入れた場合です。 明日に続きます。

↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>



 


関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://katakuchiiwasi.blog129.fc2.com/tb.php/720-7308f9e9

Comment

やまねももんが | URL | 2013.03.08 17:54 | Edit
こんばんは。

あれあれ、随分と忘れ物をしたのですね。
赤道儀に土下座しても、駄目ですよ。

F4.0でのフィルターの効果は思ったよりも小さいですね。
レンズを絞ると効果が小さくなるのかなあ?
そう言えば、絞りの効果の実験はやったことがないですねえ。
おりおん | URL | 2013.03.08 18:20 | Edit
OTL状態(笑)

私はプロソフトンAしか持ってませんが、絞り具合でずいぶん違ってくるもんなんですね。

Big Dogってスゴイですね!!
ずっと見入ってしまったあと、娘も呼んでまた見ました。「キモイ!!」の連呼でした(^_^;)
kazu | URL | 2013.03.08 22:06 | Edit
こんにちは!
私はleeの4を多く使っています
超広角は星が小さくなるので、、、
ホルダーで使う時もありますが手で支える時が多いですね
彗星ってかなり小さく見れるのでしょうか?
望遠でないと駄目なんでしょうね
最大で400ミリしか持ってないのです
昔は800ミリを持っていたのですが
手放して今後悔しています!
まるこう | URL | 2013.03.09 02:10
これはすんごく参考になりました。

ディフュージョンフィルタをレンズの前や後ろにつけたりしてますが、効果的に使えていないのが悩みでした。

こうやって、いろんな設定で比較していただけると、とても参考になります。


Big Dogワロタ

氷の上で滑って転びそうになるところなんか、
絶対人間が入っているだろ!
って動きですよね。

にしん目かたくちいわし | URL | 2013.03.09 10:37
>やまねももんがさん

こんばんは。
はい、赤道儀に土下座しても許してもらえませんでした。

対角魚眼というのもあるのでしょうね。 これ以上の絞り込みは実験していませんが、元の星像の大きさ(フィルター無しの大きさ)に由来するのだと思います。

にしん目かたくちいわし | URL | 2013.03.09 10:41
>おりおんさん

このレンズは開放と絞った場合の差が激しいです。 デジタル対応のレンズだとここまで変化しないと思います。

そんなおりおんさんと娘さんには、BigDogのベータ版の動画もご紹介しておきます。
http://youtu.be/mXI4WWhPn-U
にしん目かたくちいわし | URL | 2013.03.09 10:50
>kazuさん

こんにちは。
この様に地上の灯りを入れない場合は4番が良さそうですね。
撮っておけばよかったです。

私も今回は手で持ちました。

オーストラリアで撮られた写真は100mmや300mmでしたよ。
100mm  http://www.astroarts.jp/photo-gallery/photo/12634.html
330mm  http://www.astroarts.jp/photo-gallery/photo/12628.html

それより問題は黄砂ですね。 今日も全くダメですね。
にしん目かたくちいわし | URL | 2013.03.09 11:00
>まるこうさん

私もレンズの後ろはまだやっていないのですが、前面とはまた変わってくるのでしょうね。
同じゼニターでも露出時間を延ばすと、効果も強くなるでしょうし。

あの氷の上の動きは笑えますね。 蹴られた時も。
そんなまるこうさんには、最新版のBigDogの映像を
http://youtu.be/2jvLalY6ubc
投げる前に足踏みする必要があるのか・・・
Comment Form
公開設定

プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
151位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。