スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッブルの変光星雲 NGC2261(Caldwell 46 )

いっかくじゅう座にあるハッブルの変光星雲(Hubble's Variable Nebula NGC2261 or Caldwell 46)です。
名前の由来はご想像通りハッブル宇宙望遠鏡の名前の由来でもある天文学者、エドウィン・ハッブル氏にちなむものです。  彗星ソックリです。


パロマー天文台の口径200インチ (5.08m) ヘール望遠鏡のファーストライトは、ハッブル氏によってこのNGC2261に向けられました。

この星雲は、いっかくじゅう座R星によって照らされています。なお、R星は直接見ることはできないそうです。
数年・数十年というスパンで撮影すると、確かに部分的に明るさが変わっているのがわかるそうです。
変光の理由の一説としては、いっかくじゅう座R星の近くの密集した塵の雲が周期的にR星からの光を妨げているから―となっています。


仮符号・別名  ハッブルの変光星雲、Caldwell46
星座  いっかくじゅう座
視等級 (V) 9.0
視直径 2'
分類  変光星雲(反射星雲)
赤経  06h 39m 10s
赤緯  +08° 45' 00"[1]
距離  2,500光年

トリミング前
s-8542_8543_C46B.jpg
2012.11.19 3:39~3:47 240sec×2 EOS kiss D(改) ISO 1600 RAW
Vixen R200SS (f=800mm) Celestron Advanced-GT kenko50mmFinder(改)ガイド鏡+Watec WAT-250D
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS5


やや強引な処理で、この付近の赤いモヤモヤを浮き上がらせることができました。
左上のほうにはコーン星雲から続く星の無い暗黒星雲もみられます。

コーン星雲との位置関係です Wikisky画像
2012y11m28d_150903695.jpg
縦構図なら800mm+APS-Cでコーン星雲と一緒に撮れそうです。
それも狙ってみたいです。


小学生の頃見た天体写真集には、パロマー天文台で撮られた写真が必ずといっていいほど載っていました。
こんな写真を撮ってみたい、こんな星雲を見てみたい、憧れだったですね。
今やデジタル機器の恩恵で、当時の天文台クラスの写真を我々アマチュアが撮ることが出来るようになりました。
いい時代になったものです。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://katakuchiiwasi.blog129.fc2.com/tb.php/694-eb605c78

Comment

悠々遊 | URL | 2012.11.28 17:03
11月24日の夜にぎょしゃからおうし、オリオンの上半身、ふたごを巡りましたので、
次回はオリオンの下半身からいっかく辺りを目指そうと思っているところです。
8cmで7.5等級辺りまでの星団めぐりなので、この変光星雲はハードルがかなり高そう。
それとも惑星状星雲みたいに微笑んでくれるのでしょうか。
優斗 | URL | 2012.11.28 17:15
先日は、コメントありがとうございました。ハップル変光星雲を天体写真を始めた頃に彗星と勘違いした事があります。コーン星雲を撮影したら写ってましたので彗星かなと知り合いに聞いたら星雲だと言われました。おそらく焦点距離は、レデューサを入れていたのでF5.2のX3だったと思います。しかしこれからの撮影は、奇麗に写りますけどさらに寒くなるのでお互い風邪をひかないように頑張りましょうね。またお邪魔させていただきます。
阪神ファンいっこう | URL | 2012.11.28 18:25
 これもチャレンジしたいですが、光害地では難しそうですね。まぁ、やるだけやって、あとはいつもの超強引な処理でなんとかする感じですかね(笑。
 スターブックの中に、「有名な天体」という項目があって、しっかりはいってるんですよね。馬頭星雲も、くらげ星雲も入っていないのに!
ミッチー | URL | 2012.11.28 23:12
子どものころ、夜空を見上げて人口衛星をみつけては「夜空って動きが少ないと思ってたけど、意外に変化するんだな」って感じていました。
変光星だのなんだのと、案外変化は多いと今では分かっていますが、星雲の明るさが変わるなんて!
そういえばM78の近くにも新しい星雲が出たんですよね。
やまねももんが | URL | 2012.11.29 05:10 | Edit
おはようございます。

仰るようにいい時代になったと思います。
ハードとソフトの両面が飛躍的に進歩して、我々アマチュアもある程度は使いこなすようになりました。
かたくちいわしさんは、まだまだ発展途上にあるので、数年先が楽しみです。

これがヘール望遠鏡のファーストライトの対象だったのですか・
ハッブルさんはどんな気持ちでこれを選んだのだろう?

tsukadom | URL | 2012.11.29 10:53
パロマーのファーストライトは、ハッブル氏によるこの星雲だったとは知りませんでした。ハッブルさんもさぞかし感激だったことでしょうね。 またいわしが『にしん目(もく?)』というのも知りませんでした。いろいろ新知識をありがとうございました。
また先日はコメントありがとうございました、今後ともよろしくお願い致します。 tsukadom
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.11.29 10:55
>悠々遊さん

分類上は反射星雲ということですが、中心の彗星で言えばコマの部分は、表面輝度が惑星状星雲みたいに高そうな気がします。
視直径2′なのであまり大きなものではありませんが、クリスマツツリー星団と一緒に狙われてみても面白いと思います。
期待しております。
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.11.29 11:10
>優斗さん

これは本当に彗星みたいですよね。 でも彗星を探していたメシエさんは見つけられず。 9等台なのでメシエさんの望遠鏡では厳しかったでしょうか。 面白いですね。

昨日も寒気が入ってきて寒かったですね。 これからの季節、私の住む日本海側は曇りばかりで撮れなくなります。 是非風邪をひかない程度に頑張ってくださいね。  
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.11.29 11:26
>阪神ファンいっこうさん

悠々遊さんへのコメでも書きましたが、結構写りそうな気がします。 
機会があれば挑戦して頂きたいところです。 「光害地でも反射星雲撮れるんやで~」というところを見せていただきたいです。

ほうほう、スターブックの中に。 きっとアレですよ。馬頭星雲とか入れると「導入したのに見えないじゃないか!」というクレーム来ちゃうのですよ。 事情を説明しても「見えんもん入れるなボケ!」って言われちゃうのかも。
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.11.29 11:34
>ミッチーさん

初めて人工衛星を見た時は「UFOだ!UFOだ!」と興奮したのですが、側にいた友達に「人工衛星だよ。知らねぇの? 興奮しちゃって可笑しいw」って煽られたのをハッキリ覚えています(笑

変化の少ない星雲の中で、こういうのは嬉しいですよね。 「散光星雲のグロビュールから今まさに星の赤ちゃんが誕生しています!」なんて本で見ても「いやいや、去年の写真見ても、5年前の見ても、10年前の見ても全く変わってないがな(´・ω・`)」って思っちゃいます。

M78の近くに 初耳です マジですCAR
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.11.29 11:45
>やまねももんがさん

おはようございます。
今の子供達が20年後、30年後に「私が子供の頃の天体写真集には、ハッブル宇宙望遠鏡の写真が必ず載っていました。今では技術が進歩して地上に居ながら・・・」となる事を期待しています。

ハッブルさんはずっとこの星雲を研究していたみたいですね。 ヘール望遠鏡が完成したのは亡くなる4年前だそうです。 もちろんその時は自分が4年後に亡くなるとは思ってもみないでしょうし、「どれどれ、デカイ望遠鏡が出来たならいつものアレがどんな風に見えるかな?」ってな具合だったのではないでしょうか。
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.11.29 12:04
>tsukadomさん

私もファーストライトがこの星雲だったと調べて初めて知りました。 口径5mは当時桁違いに大きかったですものね。 それまでは勤めていた2.5mのフッカー望遠鏡を使用していたそうなので、倍の口径の世界をとても楽しみにしていたでしょうね。

はい、本当は「かたくちいわし」だけでよかったのですが、FC2ブログには既にかたくちいわしさんが居たようで、急遽調べて「にしん目」を加えた― というどうでもいい新知識も付け加えておきます(笑

こちらこそ宜しくお願いします。 
まるこう | URL | 2012.11.29 23:14
くっきりとした姿が印象的でいいですねぇ。

R星、直接は見ることはできないけど、あるって言いきってしまうところがすごいなぁ。
どういうことなんだろうか。
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.11.30 12:49
>まるこうさん

本当ですね。言われてみると不思議ですよね。 赤外線ならわかる―とかでしょうか。
ついつい情報を何も考えずに鵜呑みにしてしまいます。

全然関係無いですが、鵜飼の鵜の首には魚を呑んでしまわない程度にきつく紐が結ばれているそうです。
でも全ての魚を呑ませないようにすると、鵜が魚を追う気を無くすそうです。 ある程度の小さい魚は食べさせるのがポイントだそうです。 ご存知でしたらスミマセン(´Д`;)
ミッチー | URL | 2012.11.30 22:59
M78近くの新しい星雲はコティラです。
http://www.ne.jp/asahi/stellar/scenes/object/m78mag.html
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.12.01 14:27
>ミッチーさん

コティラですね。ドリィドリィ。。。

おお~ 知りませんでした。 ミッチーさんがこの前撮られた写真にも写っているじゃないですか。
私が前撮ったものにも微かに微かに写ってます。
コリィは勉強になりました。
Comment Form
公開設定

プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
420位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
140位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。