スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とも座の散開星団 NGC2477(Caldwell 71)

とも(艫)座にある散開星団NGC2477、カルドウェル天体では71番になります。


ノートリミングです。 視直径27分は満月よりひとまわり小さいだけなので、如何に大きな星団かわかります。
大きさや均整のとれたその姿から"全天一の散開星団のひとつ"とも呼ばれる非常に美しく見応え、写応えのある星団です。

ただし、赤緯-38°で撮影時の地平高度は16°、南中時はこの場所でも18°しか上がってきません。
場所が場所ならメシエ天体に間違いなく入っていたと思います。

星数は約300、年齢は700万歳?です。



NGC2477 とも座の散開星団
赤経 07h 52m 09.8s(2000.0)
赤緯 -38° 32′ 00″(2000.0)
距離 3600光年~6200光年(諸説あり)
視等級 5.8
視直径 27′
その他の符号 Caldwell 71

今回は3分露出1枚のRAWファイルをダークもフラットも引かず、UFRawでそのまま現像してみました。
右下隅にアンプノイズが見られますが、気温も1℃くらいだったのでなかなかの写りです。

それと昨日のNGC1097の後に撮ったのですが、子午線をまたいだために、PHD Guidingのキャリブレーションをやり直すことになったのですが、赤緯側の動きがどうしても渋くてキャリブーレションがなかなか成功せずに1時間も費やしてしまいました。 それで赤道儀のオーバーホールを決心しました。
そのあたりは次回の講釈で。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://katakuchiiwasi.blog129.fc2.com/tb.php/693-eeabb75e

Comment

KAZU | URL | 2012.11.27 21:10 | Edit
こんにちは^^:
ここんところすごく寒くなってきましたが
咳の方はどうですか?
一度家に帰るとなかなか寒い中に出てゆけない
自分が情けないです・・・・\^^:
昼間に紅葉をどこかに見に行く予定ですよ!
やまねももんが | URL | 2012.11.28 05:20 | Edit
おはようございます。

これ、散開星団ですか?
球状星団かと思いましたよ。
年齢は?がついていますが、とても若いですね。

いよいよ赤道儀のオーバーホールをやられるのですね。
動画で見たいなあ。
まるこう | URL | 2012.11.28 08:31
先日、カノープスを撮影した夜に私も試し撮りしていました。ほとんど望遠鏡が、水平状態でした。笑
光害で写ってないだろうなと思って画像を見たら、こんなカッコいい散開星団がしっかり写っていたのでびっくりしたのを覚えています。

ノートリミングでこの大きさでしょ?でかい!
ちゃんと撮影しておけばよかったなー。
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.11.28 11:16
>KAZUさん

こんにちは。
相変わらず喉がいがらっぽくてたまにゴホゴホいっていますが、大丈夫ですよ。
いや~昨晩から今朝にかけて寒かったですねぇ~
お布団からなかなか出られませんでした。
「一度家に帰るとなかなか寒い中に出てゆけない 」>みんなそうですよ。
あの寒さはちょっと躊躇してしまいます。
昼間の紅葉もいいですね。 見に行きたいです。
悠々遊 | URL | 2012.11.28 11:20
姿かたちから、まばらな球状星団といっても通用するぐらいですね。
散開星団ファンに、いい物を見せていただきました。
水平に近い高度だということなので、プチ遠征の範囲では見えないな・・・生でのご対面はかなり先になりそうです。
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.11.28 11:20
>やまねももんがさん

おはようございます。
M11の野鴨星団を大きくした様な感じですね。 密な散開星団・まばらな球状星団と言った風情があります。
年齢若過ぎるのではと思って?マークをつけました。 訳し間違いでなければ良いのですが。

あ。赤道儀のオーバーホールもうやっちゃいました。赤緯体だけですが。
写真しか撮ってないです。 しかも分解のところまで。 そのあとは手がベタベタで写真が撮れなかったので。。。
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.11.28 11:27
>まるこうさん

私も何の気無しに望遠鏡を向けたのですが、こんなにも立派な散開星団だとは思っていませんでした。
とも座にはM46とM47の南の二重星団がありますが、このNGC2477も隣の2451と一緒に対比される事が多いそうです。
もう少し短焦点のレンズで狙ってみても面白そうです。
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.11.28 11:58
>悠々遊さん

や座のM71が逆のパターンで、密集度の高い散開星団と思われていたものが、後に球状星団に変更されていますね。 両者は見掛けではなくて、その形成過程に明らかな差があるようです。 
球状星団は銀河系の初期段階から存在しているので、この700万歳が本当なら若いので散開星団で納得です。

一角獣から大犬の背面、とも座にかけては銀河面に沿って沢山の散開星団がありますね。
これを虱潰しに撮っていくとなると何年もかかりそうです(^^;)
阪神ファンいっこう | URL | 2012.11.28 18:21
 これはみごとな散開星団ですね。知らなかったっす。ぜひ祭に参加させねば。
「今、散開星団祭やってるんですが、参加しません?」
ナンパか宗教の勧誘ですな(笑。
つかまっちゃいそうです。
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.11.29 11:21
>阪神ファンいっこうさん

このとも座のあたりには知らなかった散開星団がいっぱいありそうです。この辺りだけで祭りができそうです。
私は全部撮るのは億劫なので宜しくお願いします(笑
400~500mmの筒で参加したいですねぇ~
Comment Form
公開設定

プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
144位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。