スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みずがめ座の球状星団M72、小規模星群M73

みずがめ座にある球状星団M72と、ただの星群M73です。

この様に東西に並んでいるので、R200SSの同一写野ギリギリで入ってくれます。

文字入れ前
s-7758_7760_M72_M73B-FL.jpg
2012.08.16 3:18~3:22 60sec,×3files ISO 1600 R200SS(F4)

M72はメシエ天体の球状星団の中ではこと座のM56に次いでまばらな星団です。 
しかし中心部はぎっしりつまっているようです。
ss-7758_7760_M72B-FL.jpg

M72(NGC6981) みずがめ座/球状星団(IX)
赤経 20h53.5m 赤緯 -12゚32'
光度 9.8等 視直径 5' 距離 62,000光年
実直径 42光年

なお、眼視観測では口径30cmクラスでないと星に分離できないとのこと。


M73はメシエが1780年10月4~5日に観察し「3~4個の星が一見したところ星雲状に見える」と記しているものです。つまり、単に少数の星が集まったものです。 解説書によっては欠番としているものさえあります。
ss-7758_7760_M73B-FL.jpg
10.5等、10.5等、11等、12等星とのこと。 どうもボウフラっぽい虫に見えてしまいます。
メシエの使っていた小口径の望遠鏡で、18世紀という事を考えると、見誤ってしまったのを責めるというより、「よくこんなの見つけたな」という感じです。
例によって200mmくらいの望遠レンズで撮ったら星雲っぽく見えるでしょうか。

アストロアーツの解説「双眼鏡 ― かなり暗いので双眼鏡では難しいでしょう。苦労して探すほど価値のあるものとも思えません。」って、そこまで言わなくても・・・(^^;)

M73(NGC6994) みずがめ座/星群
赤経 20h59.0m 赤緯 -12゚38'
光度 9.0等 視直径 3' 距離 不明



これでメシエ天体の球状星団は全て撮り終えました。  制覇まで残り5個。 ラストスパートかけたいですね。
と言っても蟹座はまだ昇ってこなさそうです。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://katakuchiiwasi.blog129.fc2.com/tb.php/614-1cf03591

Comment

やまねももんが | URL | 2012.08.21 21:18 | Edit
こんばんは。

確かにM73と名前が付けられたものは、幾つか星が集まって見えているだけですね。
メシエさんの望遠鏡では、これがなにやらぼんやりと見えたのでしょうかね。

えっ、あと5個ですか?
かに座は春の星座ですよね。
今、冬の星座が見えてきていると言ってびっくりしているのに、、、。
でも9月の中旬になればチャンスはありそうですね。
ただし、近くに金星がいますよ。

ミッチー | URL | 2012.08.21 21:27
M73! こ、これって! これより「価値のある」星の集まりはたくさんありそうですね(笑)。しかし、「こんなものがねぇ」って感じですね。まあ、メシエさんの実用重視ってことなんでしょうか。
KAZU | URL | 2012.08.21 21:28 | Edit
こんにちは^^:
少し前 少し晴れ間の夜撮影してみました
天の川らしきものは 見えましたが 撮影してみたら 単に 星の集まり位にしか撮れませんでしたかたくちさんは 現在はどのあたりで
撮影されているんでしょう?
まるこう | URL | 2012.08.22 10:59
相変わらずアストロアーツのメシエ解説は辛口ですね。
多分、ライターさんも以前に苦労して導入したんだと思います。
で、実際に見つけたら、
なっ、なんだこれは!
ふざけんな!(#゚Д゚)ゴルァ!!

だったのかもしれません。

阪神ファンいっこう | URL | 2012.08.22 11:49
でました、アストロアーツの本音解説(笑。いったい何個のメシエ天体がばっさり切り捨てられたでしょう(笑。
 M72とM73を同時に撮ったのがミソですね。M73単独だと訳わかりませんもん。
昨年、このぼうふらを撮ったときのメシエはんのコメントです。
「あんな、ちょっと見たところ3~4個の微星の集まりやけどな、星雲状物質をふくんでいるように見えたんや。そしたらな、その後にマラスのやつがな、『口径4インチ25倍の望遠鏡では見え方はメシエと同様で、何やら星雲状物質が広がっているようにも見えたが、ちょっと倍率をあげてみたら、ぼんやりとした光は消えてしまった』やて。そりゃ、わての望遠鏡がボロいんはじゅうじゅう承知や。わかっとるわ。せやけど、見えたもんは見えたんや」
と、言い訳してます(笑。
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.08.22 13:13
>やまねももんがさん

こんばんは。
メシエさんは彗星と見誤りやすい天体を中心にリスト化していますが、中には本当に彗星だったものも含まれるのかも知れませんね。 それが現在行方不明になっていたり。
1780年代って日本でいえば、浅間山が噴火して天明の大飢饉-寛成の改革と続く頃ですね。 って考えるとやっぱり凄いです。

ようやく5個です。 暫く昇ってこない天体もあるので、晴れたら別の撮りたかった天体をじっくり撮影できそうです。 実は昨夜も行ってきました。。。
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.08.22 13:22
>ミッチーさん

たとえばこれが天の川の中にあったら全然気にならないのですが、星数の少ないこの領域だから目立っちゃったのかも知れませんね。
「彗星発見!!」→「違ったわoTL」って何回もなったでしょうね。
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.08.22 13:40
>KAZUさん

こんにちは。
このところやっと晴れ間が出始めましたね。
私は現在主に3箇所利用しています。 「松竹梅」体制です(笑
"梅"は久留米と田主丸の境目くらい、田んぼの真ん中、あの小屋のある休耕田横。光害指数11.6 所要時間30分
"竹"は葛篭棚田 指数6.1 50分
"松"が先日ご紹介した天ヶ瀬出口、亀石峠です。 指数4.2 1時間半

用事があって出るのが遅くなったり、雲が多そうだったら近場で、あと体力とかも一応考えて選択しています。
何れの場所でも透明度さえ悪くなければ天の川は目視できるようです。
目視できればノーマルデジでも撮影は可能みたいです。 あとはやっぱり処理でしょうか。


 
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.08.22 13:46
>まるこうさん

そうですよね。実際に探したり見てみない事には始まりませんからね。 アストロアーツのライターさんともあれば経験も豊富でしょうから、恐らく色々な機材で探されたり、メシエマラソンなんかしちゃってるでしょうね。
こういう使用レビューみたいなものは、辛口のほうが信ぴょう性ありますね(^^;)
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.08.22 13:56
>阪神ファンいっこうさん

逆にこのM73に底知れぬ魅力を見いだせたらマニアかも知れませんね(笑
4インチというと10cmくらいですか。 ちょっと持ってる10cmで見てみたくなったじゃないですか。
あ。でも25倍にするには1000÷40=25 40mmのアイピースが要りますね。 持ってないっす・・・
一番低倍率で32mmの31倍。 ん~これで見てみます。 
「見えたものは見えた」 ん~カッコイイじゃないですか。芸術家肌ですね。  
Comment Form
公開設定

プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
535位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。