スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津軽での北斗七星の下方通過と、玄界灘での北斗の水汲み

ブロ友のNight Fall fantasyの飴野天機さんに「北斗七星の下面通過の撮影に挑戦してみてください」と言っていますが、本州の最北青森でさえなかなか厳しいようです。

北斗七星の7星のうち6星は比較的簡単にクリアできるのですが、最後のアルカイドは超難敵。
青森市での見え方。
2012y08m06d_141652064.jpg
おおっ、なんと高度0.1度 

これは少しでも北を目指して進んでもらわないと。
津軽海峡での見え方。

これでパーフェクトに撮れたらそりゃ凄いですよ。

標高0m地点では、高層の雲は200~300km先が限界で水平線上に見えているそうです。
だからそのくらい先まで綺麗に晴れ渡った空が必要ですね。


こちら南国九州では北斗七星は水平線より下に沈んでしまって下方通過は望むべくもありませんが、「北斗の水汲み」と呼ばれる現象が起こります。 

福岡県宗像市が「北斗の水汲み」を推しています。
hoshizora0212.jpg

北斗の水汲みとは?←詳しくはこちら。

2012y08m08d_200320576.jpg
本当に北斗七星の柄杓の"合"の部分が海の水を汲んでいるようですね。

北緯33°~34°で北側が海の場所でしか見られないそうです。


ただ折角汲んだその水は時間が経って日周運動が進むと、神社の手水舎での作法みたいに、柄杓を立てて柄の部分を洗うようにこぼれてしまいますね(笑

それはともかく、宗像市では2008年よりこの北斗の水汲みの写真を募集しているようです。今年は5回目。
http://d-munahaku.com/news/dtl.jsp?kid=91842&cgid=1014

過去の入選作品等はこちら。
http://d-munahaku.com/nature/hokutoPhotoReport/index.html
↑を見ると回を重ねるごとにレベルが上がっているようです。

水汲みをしている写真は大気の減衰でとても写りにくいので、その手前の写真とかが多いですね。

星景写真としての風景との融合、あとその水を汲む海は、良好な漁場である玄界灘。 漁火が思いのほか明るいのをどう利用するかがポイントですね。

宗像までちょっと遠いですが、私もチャレンジしてみようかなぁ。。。などと考えています。
その前に晴ないとどうしようもないですが。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


<HOME>
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://katakuchiiwasi.blog129.fc2.com/tb.php/605-43a9dd03

Comment

やまねももんが | URL | 2012.08.10 12:30 | Edit
こんにちは。

これは本州では無理ですね。
北海道でも、ちっとやそっとでは撮影できませんよ。

北斗七星が昇ってくる時に、最後の星がなかなか見えてこないのを実感していました。
赤緯が結構低いのですね。
納得しました。

それにしても、天文ネタを続けているかたくちいわしさんに敬意を表します。
阪神ファンいっこう | URL | 2012.08.10 12:33
 おお。これもまた自由研究ですな。
 ネットのおかげで、青森の飴野天機さんと九州のかたくちいわしさんのやりとりを、そのまんなかの関東の私が楽しむ。いい時代ですね。
 北斗の水汲み、ひしゃくの柄を持つ手がびしょびしょやん! 
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.08.10 14:55
>やまねももんがさん

こんにちは。
「北海道でも、ちっとやそっとでは撮影できませんよ。」
>そうだったのですね。 危うく"北海道では楽勝"とか書いてしまうところでした。

そうなんですよね。柄杓が北極星の方向を向いているので、たいして変わらないかと思いきや、最後の1星だけが赤緯40°台にあるのですよね。

私は他に書く事がないだけですよ。 知識もないし。 色んなジャンルの方が訪問してくれているようなのですが、コメントすることができなくて"悪いなぁ"と思ってしまいます。
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.08.10 15:02
>阪神ファンいっこうさん

自由研究になりますかね? なんとか始業式までに間に合わせないといけませんね。
コンテストに出してみようかと考えたのは、いっこうさんの影響が大きいです。
何せ"所沢の狼" 2年連続受賞ですから。 私も参加賞でボックスティッシュくらいは欲しいです。

本当にいい時代です。 パソコン通信時代には考えられなかったですね。

「ひしゃくの柄を持つ手がびしょびしょやん!」
>笑いました。 そうですね。 完全に手が水の中に入ってますね。 尚且つ柄杓の淵が水の下に入ってないので、水を汲めていないという話も・・・ 三点リーダーでしたっけ?
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.08.10 15:11
>阪神ファンいっこうさん

訂正です。 "所沢の狼" → "所沢の猛虎" のほうがよかったですね(笑
まるこう | URL | 2012.08.10 21:13
青森でもなんとか高い山に登って撮影すればいいですかね。
冬場は遭難しそうで危ないですが・・・。

私もなんか応募してみたいと探してみたら、
こういうのが↓
http://www.inzaikankoukyokai.com/new/index.html#120718

大賞は商品券3万円分!!
かぜんやる気が出てきました!!
飴野天機 | URL | 2012.08.11 00:15 | Edit
こんばんわ、いわし様。

リンク有難うございます~
ネタ振りされたら寝たふりをしているわけにはいきませんね!?
青森市から、竜飛崎と鉞半島の間を狙えば、
海の上で直線距離をかなり稼げます。
竜飛岬は北海道が近いので厳しいかも知れません。
八甲田ロープウェーで山頂へ行くか、
尻屋岬にいくのもよいかもしれません。

どうしても地平線から顔を出す山や雲が邪魔になると思います;w; 

「ひしゃくの柄を持つ手がびしょびしょやん!」
↑ これ、ヤヴァイですね、
コメントを書いてる間もずーーーっと気になり続けてます。
最近の豪雨はひしゃくからもれた水かぁ。
北海道に梅雨が無いのはひしゃくの淵が水面に入っていないからですね!? 分かります。

ネタ振りとてもありがとうございます。
青森の空が晴れたら、近場の海と山と岬に行ってきます。

ポチ
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.08.11 11:43
>まるこうさん

少しでも北に行くか、高い所に登るかがセオリーですが、北側に街があったり、北海道がすぐそばだったりなかなか大変みたいです。 北斗七星の下方通過はシーズンが夏~秋なので寒い地方でもぴったりですね。
冬場は((((;゚Д゚))))

おおっ~ 賞金3マソとはいいですね。 なんか買えますよ。 
これはぜひ頑張っていただきたいです。 印西で撮ったものなら何でもいいのですね。 
ライバル多そうだなぁ~。
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.08.11 11:59
>飴野天機さん

こんばんは。
くれぐれもお子様をお持ちの身ですので、無理のない範囲でお願いします。
"まさかり半島"と読むのですね。確かに鉞の形してますわ。

「どうしても地平線から顔を出す山や雲が邪魔になると思います;w;」
>そうですよね。 北海道さんのディフェンス、パネエっす。

一瞬神社で再現VTRを撮ってこようかと考えてしまいましたよ。

撮れたら天文ガイドの投稿写真入選ものですよ!

ワンワン▽・w・▽
Comment Form
公開設定

プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
538位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。