スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りょうけん座の銀河 M106

りょうけん座にある銀河 M106です。

5/18 3:21~3:33 ISO 1600 120sec,×5

オリジナルのメシエカタログにはなかった天体ですが、弟子のメシャンが発見し、メシエも見ていたのが明らかになったので、1947年にメシエカタログに加えられました。 結構最近と言えば最近ですね。

この後も第一級の資料が新たに発見されれば、メシエカタログが増える可能性も無いとも言えませんね。


M106(NGC4258) りょうけん座/銀河(Sbp)
赤経 12h19.0m 赤緯 +47゚18'
光度 8.6等 視直径 18'×8' 距離 2,000万光年


s-6389_6393_M106B2.jpg

角のような銀河の腕がわかります。  本当は淡い部分がもっと広がっています。 この銀河の腕は口径10cmもあれば確認できるそうです。


いっこうさん命名の水循環変動観測衛星「しずく」の打ち上げを見に行こうとした5/18日の撮影です。
雲に覆われ打ち上げが見れなかったのはお伝えした通りですが、その後に晴れて急いで沈みそうなM106を撮影しました。

その中の一コマ
s-CRW_6389.jpg
黒く見えるのは山の木の間をすり抜けているのです。 一番上の写真でも背景ムラのようになってますね。
5枚撮影、6枚目は完全に没してしまいました。

ここで撮れなかったらメシエ制覇が遅れていたかも知れません。 赤緯が高いから大丈夫かな?


面白い銀河だと思います。 来年は長時間露出で挑戦してみたい対象です。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

関連記事
スポンサーサイト

Trackback

まとめtyaiました【りょうけん座の銀河 M106】
りょうけん座にある銀河 M106です。5/18 3:21~3:33 ISO 1600 120sec,×5オリジナルのメシエカタログにはなかった天体ですが、弟子のメシャンが発見し、メシエも見ていたのが明らかになったので、1947年にメシエカタログに加えられました。 結構最近と言えば最近...
2012.06.21 05:54 | まとめwoネタ速neo
Trackback URL
http://katakuchiiwasi.blog129.fc2.com/tb.php/567-1c359719

Comment

ミッチー | URL | 2012.06.20 21:24
むむ、これが南北の正しいお手本なんですね!
これ、僕はかなり執着してまして、来シーズンこそは! って思ってます。なんかものすごい魅力があるんですよね。淡く広がっている部分も含めて、かっちり見えるといいなって思います。
この対象、冷却で撮ったものを見ると「まじでか!」とあごがはずれそうになります。
まるこう | URL | 2012.06.21 01:14
ほほう。これはなかなか銀河マニア心をくすぐる対象ですね。独特の渦巻きの腕です。

120秒でも結構写るもんですねー。
MIYAKO | URL | 2012.06.21 03:05 | Edit
こんばんは。

銀河って、本当に1つ1つ形に特徴があるんですね。
手裏剣みたいな腕の形がカッコイイです。
淡い渦がもっと広がっているとの事。
見てみたいですね~。望遠鏡、必要ですね~。

ホタルのかたくち撮影法は、私が実践できなかっただけなんです!
普通に考えたら、かたくち撮影法はかなり有効な手段だと思います。
すみません、いろいろと考えていただいたのに、全然活用できなくて・・・来年こそは!!
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.06.21 13:08
>ミッチーさん

私も撮る前はノーマークだったのですが、今回撮ってこのM106の魅力がはじめてわかった一人です。

「この対象、冷却で撮ったものを見ると「まじでか!」とあごがはずれそうになります。」
>画像検索してみました。 凄いですね! HⅡ領域まであって、さすがにあんなにには撮れそうもないですが、私も来年こそは!と思っています。 お互い頑張りましょう。
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.06.21 13:16
>まるこうさん

こんな一風変わった銀河をみつけるなんて、メシャンでかした! という感じですね。
この撮影時はM106の高度は20度以下になっていたので、写るかどうか疑問でした。
淡いところまでは無理でしたが、割と形のはっきりした銀河のようなので、高高度の時に期待です。

にしん目かたくちいわし | URL | 2012.06.21 13:23
>MIYAKOさん

こんばんは。
じ、実は望遠鏡では銀河の大半がボーッとした白い雲?シミ?のようにしか見えません。 写真で長時間露出して色や形が出る感じです。 でもこのM106は比較的小さな望遠鏡でも手裏剣のような腕が見えるそうです。
そう言えば小さい頃アンドロメダ大銀河を望遠鏡で見て、ガッカリした記憶が・・・

よく考えたらプロの方がやっていらっしゃるように、夕暮れ時に撮ればいいのですよね。 私は仕事の都合で夜暗くなってからしかいけないので、苦肉の策で撮影法を思いついたのですが。。。
いえいえ、MIYAKOさんの粒々撮影法が大きなヒントになっているので、私も来年こそは!と早くも考えています。 動画もきれいに撮りたいです。 来年こそは!
Comment Form
公開設定

プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
443位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
148位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。