スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M8 干潟星雲 とM20三裂星雲のリベンジ

先日モザイクに失敗したM8とM20のリベンジです。 
一応ちゃんと繋がりましたが、イマイチでしょうか。

2012.04.18 3:26~3:39 180sec.×3(下)3:54~4:15 300sec.×3(上)の2コマをモザイク合成 
EOS kiss D(改) ISO 800 RAW LPS-P2FF WB マニュアル
Vixen R200SS (f=800mm) Celestron Advanced-GT Mizar GT-68(f=600mm)+WAT-250D+GuideMaster
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS5


少しコントラストをUPした処理
s-mozaikuM8_M20_LCE.jpg

ここはもう少し短い焦点距離を使うか、最低でも4枚のモザイクをして、広い範囲を捉えたほうが綺麗だと思います。
s-5764_5765_M8M20B.jpg
↑これの50%中央部くらいの写野が理想的 300~400mmでしょうか。

写野の周辺部はどうしても像が甘くなるので、M8とM20のちょうど中間も撮っておきましたが、結局これは使いませんでした。
s-CRW_5785.jpg
本当にどっちつかずの範囲しか撮れなくて笑えます。


銀河系内の地球と有名どころの星雲の位置関係は次の通りだそうです。
c837a8c5.jpg
この記事のM8干潟星雲(ラグーン星雲)とM20三裂星雲もあります。
太陽系のあるオリオン腕の内側、いて腕にあります。
オリオン腕の外側はペルセウス腕でM1かに星雲ペルセウス座二重星団、ぎょしゃ座の散開星団などを含むそうです。

以下Wikiより
---------------------------------------------------
銀河系内の恒星の軌道速度が中心からの距離によらずほぼ同じ速度となるような質量分布を持っている。中心のバルジや外縁部を除くと、銀河系の恒星の典型的な速度は約210 - 240km/s である。 
従って、典型的な恒星の軌道周期はその軌道の長さのみに単純に比例する。
これは系の中心に質量のほとんどが集中している太陽系のケプラー運動のような、異なる軌道を持つ天体がその軌道に応じて異なる軌道速度を持つ場合とは大きく異なっている。
---------------------------------------------------

ほ~。 何億年も経ったら地球から見える星雲・星団は全然違ったものにばるのでしょうね。



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

まとめtyaiました【M8 干潟星雲 とM20三裂星雲のリベンジ】
先日モザイクに失敗したM8とM20のリベンジです。 一応ちゃんと繋がりましたが、イマイチでしょうか。2012.04.18 3:26~3:39 180sec.×3(下)3:54~4:15 300sec.×3(上)の2コマをモザイク合成 EOS kiss D(改) ISO 800 RAW LPS-P2FF WB マニュアルVixen R200SS (...
2012.05.25 18:03 | まとめwoネタ速neo
Trackback URL
http://katakuchiiwasi.blog129.fc2.com/tb.php/539-e11d2a18

Comment

やまねももんが | URL | 2012.05.25 19:44 | Edit
こんばんは。

モザイクがきれいに繋がりましたね。
でも赤い星雲の色が淡いのは何故?
今回はこういう気分なのですか?

最後の星雲の位置関係の絵は面白いですね。

>以下Wikiより
だからダークマターの存在が確実視されたそうですね。
まるこう | URL | 2012.05.26 00:22
またまた素晴らしい!!
モザイク万歳!!
なるほど、三裂星雲のあたりがちょっと窮屈な感じもしますね。でもでも、素晴らしい写真です。

wiki
そうそう、電磁波で観測できないけれども質量を持つダークマターの存在を計算に入れないと、公転速度が一定でありえないのだそうです。
ミッチー | URL | 2012.05.26 05:52
わーーーーーーー!(叫び)
これは叫ぶしかないかあ。リベンジ!
なんかベテランの技を見せつけられたような感じです。自分はフラットがどーのこーのと、1枚だけでもひーこらひーこら言ってるので、つなげるなんてとんでもございません。
別の日にまた周囲を撮って、どんどん広げる、ってのも面白いかもしれませんね。あは。
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.05.26 11:54
>やまねももんがさん

こんばんは。
いつも赤過ぎるので、赤を抑え気味にしたら逆に抑え過ぎになってしまいました。 露出が短いのと枚数が少ないからでしょう。 本当はもっと撮ったのですが、ガイドエラーが多くて使うのを断念しました。
私も気になっていたので、もう一度やり直してみます。

私はこの事実初めて知りました。 なるほど、そう言われてみるとそうですね。 果たしてダークマターは存在するのでしょうか。 宇宙では我々の常識は通用しませんからねぇ。
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.05.26 11:58
>まるこうさん

はい、窮屈です。 500mm位の望遠鏡欲しいです。 今処理をやり直しているので、リベンジのリベンジにご期待ください。

可視光も電磁波のひとつですよね。 電磁波でない観測方法って何かあるのでしょうか。
ダークマターを観測する方法を発見したらノーベル賞ものかもしれません。
私は無理なので、まるこうさんお願いします。
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.05.26 12:08
>ミッチーさん

いえいえ、この写真全然フラットじゃないので(特に2枚目)(^^;)
繋ぐのは意外と簡単ですよ。 理想としてはミッチーさんの多数枚の滑らかな画像を、多数コマ繋げれたらいいのですが、それをやると一晩中かかって、出来た写真が1枚だけって事になるのがですね~。

別の日にやるとこれが繋がらなかったり・・・(大汗)   
阪神ファンいっこう | URL | 2012.05.28 00:39
 ずいぶんと大人な処理ですねぇ、と感心していたら、再リベンジされていました。
 それにしても、モザイク処理のおかげで、ずいぶん幅が広がりますね。
 中間部分、『M8とM20の間のなにもない部分』という題で星ナビに投稿されてはいかがでしょう。「あえてなにもない部分を狙った斬新な写真」と評価され、入選するかも!
にしん目かたくちいわし | URL | 2012.05.28 13:06
>阪神ファンいっこうさん

モザイクのいいところは、やっぱり画質の向上でしょうか。4枚モザイクだとフルサイズに負けない画質になります。 特に私が使っているような古い機種だと必須ですねぇ。

本当はココにもスタークラウドのような微光星びっしりな部分です。
「何もない部分」ジャンルを開拓しますか。 選者も比較のしようがないですね。 
ダーク画像送って「暗黒星雲のクローズアップ」とか言うのもアリ?
Comment Form
公開設定

プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
146位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。