スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二兎を追うものは・・・ NGC2359

昨夜は良く晴れたので撮影に。
場所は棚田の所。 気温3℃~2℃、月もなく、透明度もなかなかで良い夜でした。

しかし、約一ヶ月ぶりの直焦点撮影。 先ず出掛ける準備段階で手惑いました。
さらに現地に着いてからも凡ミスが多くて、撮影できるまで2時間(3時前まで)もかかってしまいました。

今回はA-GTでR200SSの直焦点と、ウェイト軸雲台で星野写真の両方を撮っていく-というのを狙ったのですが、結果は惨敗。

直焦点はピントが合ってません。バーティノフでしっかり合わせたつもりだったのですが、原因は何でしょう?
星野もピントズレや絞込み不足など、辛うじて1枚使えるかな? 程度でした。

その失敗作のNGC2359 あひる星雲です。(ノーマルkiss Digital N)

やっぱりどう見てもカタツムリでしょ。
アンシャープマスクなどで、できるだけボケが目立たないようにしていますが、星雲のディテールが崩れてしまっています。 
昨夜はオートガイドが完璧に決まっていただけに惜しいです。
まるこうさんすみません。参考にもならない写真を撮ってきてしまいました。

またいつぞやの機会にリベンジ


構図を大きく外したM42(これもピンボケ)
s-IMG_2334B.jpg
オートガイドキャリブレーションの際、1星しかガイドカメラが拾わない所に移動させた後、元に戻すのを忘れたのです。 
1枚撮って気付いたのですが、「このM42の端の方の淡いモヤモヤを写すのも、面白いかも知れない」とそのまま撮り続けたのですが、まさかピンボケしているとは。
でもノーマルデジでのM42も発色が綺麗でいいですね。


またもやピンボケのM45 (これもノーマル機)
s-IMG_2339B.jpg
ピント位置を弄らない=最初がダメだと全部ダメ(汗)  カメラのモニターでは気付きませんでした。。。
リベンジ対象で枚数撮ったのに(;ω;) 重ねる気も失せますね。


労多くして得るものの少ない夜でした。

唯一の収穫は、先日購入した防寒ブーツ・登山用のウール混の靴下・イヤーマフラーの効果が絶大だったこと。

今まで足先が冷えて寒いのに上半身ばかり着込んだり、ニット帽&ネックウォーマーだけでは耳まわりが冷たくて寒く、目だし帽なんか被っていたのですが、『冷たい』と感じる部分を重点的に温めてやればかなり改善されるのに今更ながら気付きました。

これが防寒のコツなのかも知れません。 寒い地域にお住まいの方には常識なのでしょうが。



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://katakuchiiwasi.blog129.fc2.com/tb.php/418-d91cd97f

Comment

やまねももんが | URL | 2011.11.25 16:14 | Edit
こんにちは。

何もかもダメ、こういう日ってあるんだよねえ。
私は無かったことにして忘れることにしています。
だから進歩が無いとも言われますが(涙)。

防寒は体の熱を逃がさないことが重要だと思います。
冷える、寒い、と感じる部分は、きっとそこから熱が逃げているのでしょうね。

でもまだ氷点下になっていないじゃないですか。
昨夜、富士山が見える場所の下見に行ったら、-10℃近かったですよ。

にしん目かたくちいわし | URL | 2011.11.25 17:39
>やまねももんがさん

こんにちは。
私がよく感じるのは、天体写真って手順をきちんと踏んで正確&的確にやらないと、「この位でいいだろう」だと必ずしっぺ返しを受けるなぁ-という事です。
「この失敗は○○でカバー」、「準備不足は腕で…」とかリカバーは難しいですね。 
今回は準備に手間取って時間が無くなるのを焦り、ちゃんとピントを追い込まなかったので、当然の結果と言えるでしょう。
少しの手間と時間を惜しんだ為に、すべてが無に帰する事となりました。

「この方法ではダメだ」と分ったことが希望ですね。

体の末端は重要ですね。特に首から上の部分は、体の熱の7~8割がここから逃げているといわれるので最重要ポイントですね。 足先が冷たくなると集中力がガタ落ちします。 結果「この位でいいか・・・」が増えます。 
昨夜「マイナス6℃くらいまでこれで大丈夫」と確信しました。 
マイナス10℃ですか? 未体験ゾーンです(笑) 
さとう | URL | 2011.11.25 19:58 | Edit
こんばんは。
これからの季節、防寒対策は大切ですね。風邪を引いたりしたら、元も子もないですから。

ズボンと靴ですが、冬は山歩き用のモノを愛用してます。安いものなのでゴワゴワガサガサと煩く感じますが、やはり暖かいのが一番です。

ピントが狂うことはありますねえ。
最初の対象でしっかりだしておいたので、二番目も大丈夫だろうと思ってたら、狂ってた…、なんてことがありました。カメラの重さで狂ったみたいですが、かなりこういう失敗は尾を引きますね。
まるこう | URL | 2011.11.25 20:49
えー、何がピンポケ?と思って画像を眺めていました。光条が二重になったり太かったりというのがピンボケの証拠?

防寒対策、非常に参考になりました!
にしん目かたくちいわし | URL | 2011.11.26 12:56
>さとうさん

こんばんは
厚着して撮影から帰って脱ぐ時の「あ゛っ~」という開放感が好きです。
天体撮影を始めてから、寒いところに晒されて免疫が活性化されるのか、風邪をひく回数が少なくなりました。
でもあまり続けて撮影して無理すると、途端にダメですね。
冬山登山用の物はやっぱりそれなりに理由あって作られてますね。

面倒がらずに一々チェック。 指差し確認、確認、確認・・・
にしん目かたくちいわし | URL | 2011.11.26 13:06
>まるこうさん

これだけ光条が二重になってるのは、かなりピントを外してますね。
1枚目のNGC2359も星に芯がないですね。
物撮りでも人物でも風景でも、「ピンボケとブレ」は意図したもの以外は、すべて写真を台無しにしてくれますね。
逆に余計な知識よりも、そこをしっかりしておけば、それなりに見れる写真になる基本中の基本だと思います。

遠征楽しんできてくださいね。 ジュニア君も寒いでしょうから暖かい格好で、冬の夜の厳しさを思い知らせてあげてください(笑)
お写真、成果期待しております。

阪神ファンいっこう | URL | 2011.11.29 11:49
 ピンボケ、残念です。カメラのモニターではばっちりでも、家に帰ってパソコンのモニターで見てがっかり、というのはよくあるパターンですね。そんなときは、ブログに公開するとき、カメラのモニター並みの大きさの画像にしてごまかします(笑
 先日の遠征では、改造カメラで何度も試写してピントをあわせ、さぁ赤道儀にのせて撮影、ってときに赤道儀の不調発覚、ショックで改造カメラでは1枚も撮影していませんでした。冷静に考えれば、広角で短時間の固定撮影とかすればよかったです。
 暴漢、いえ防寒対策は山用品でばっちりですね。昔のスキー用品が意外と役立ってます。暴漢対策は、ひたすら逃げることですね。そんな目にはあいたくないですが(笑
にしん目かたくちいわし | URL | 2011.11.29 13:03
>阪神ファンいっこうさん

そう言えば初心者の時はそんなんばっかりでした。PCで見てみるとガーン! デジ一に替えたらピントが厳しくてまたガーン!  慣れてきた驕りでしょうね。

私だったら隣で撮影しているグループに「俺の赤道儀が壊れた。貸せ。それが嫌ならお前のも壊れろ」とジャイアンに豹変していたかもしれません(嘘ですよ)
ケーブルの不調は残念でしたが、これに懲りずに(いっこうさんなら余計に燃えるハズ!)またの遠征記楽しみにお待ちしております。

大阪民国とグンマーには敵いませんが、福岡も「修羅の国」と呼ばれているので、暴漢対策はバッチリです。
身代わりを差し出して「傍観」です。 って親父ギャグですね。


Comment Form
公開設定

プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
644位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
229位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。