スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R200SSの光軸調整 その2

昨日は下の写真のように、ドローチューブ内径(または十字線入り光軸修正アイピース先端)と斜鏡外径を同心円にするところまでいってました。


次は『斜鏡の傾斜角と回転角』の調整です。
ここが光軸修正のヤマとなります。

主鏡中心に貼ったセンターシール中央と、十字線入りアイピースの交点が重なるように、斜鏡の押しネジ&引きネジを使って調整します。 この時に十字線アイピースの見口から思い切って30cmほど離れて見るのがポイントです。
そうすると顔がグラグラしても、シール中央と十字線交点は、ほぼ一点からしか見えなくなるので調整がし易くなります。【傾斜角修正】

下の写真でほぼ重なっています
t-PAP_0924b.jpg


今回は斜鏡を外さなかったので、上の調整をしても、ドローチューブ内径(A)・斜鏡外径(B)・主鏡外径(C)がほぼ同心円になりました。

斜鏡を外してしまった場合は、センターシール中央と十字線を合わせると、下の図2などのように昨日の記事で合わせた筈のA・Bと、さらに主鏡外径のCが同心円にならない事が多々あります。これは斜鏡の回転角が狂ってる場合に起こります。
無題3
これを修正するには図の1の矢印の方向に斜鏡自体を少し回転させます。【回転角修正】 この調整はネジではなく指で斜鏡筒自体を回します。 感覚的には図の2矢印の方に回すと修正できそうですが、2の方に回してズレた【傾斜角】を再び一番上の方法で修正すると、さらに回転角が狂うそうです。
つまり1の方に回していったん主鏡外径(C)がさらに下にズレるように回し、傾斜角を修正すると、A・B・Cが同心円に近づくというわけです。(不思議だけど鏡の中の鏡だからかな?)

このように【傾斜角修正】⇒【回転角修正】⇒【傾斜角】⇒【回転角】・・・と少しずつ行ないます。
一発でキマればそれにこしたことはないですが。

A・B・Cが同心円かつセンターマーク中心と十字線交点が重なると斜鏡の調整は完了です。



次は【主鏡の光軸修正】です。

斜鏡の調整が完了してから主鏡の調整に入ります。 斜鏡を調整⇒主鏡⇒斜鏡⇒主鏡 というような事は絶対にしてはいけません。 これをすると9割方ドツボに嵌って光軸調整地獄から抜け出せなくなります。

t-PAP_0924c.jpg
写真3 青い字で示した 十字線アイピースの鏡の部分が映っている明るい円の中心穴が、十字線交点にくるように主鏡の押しネジ&引きネジを使って調整します。

これはファインダーの十字線交点に目標物を持ってくる調整くらい簡単です。 斜鏡の調整がちゃんと済んでいれば、あっと言う間に終わります。 以上で光軸調整完了!

完了後の様子を図で示すと次のようになります
無題5
ちょっと私の書いた図がイマイチですが御勘弁を

A:ドローチューブ内径
B:斜鏡外径
C:斜鏡に映った主鏡外径
D:Cの中の斜鏡の黒い影

完了後の写真です。
t-PAP_0921.jpg
写真3と比べると、写真3の青字で示した明るい円が真ん中に来ているのがわかります。
なお十字線アイピースが長いので、図3のA・Bは見えていません。
Dの黒い影が、図の通り主鏡側(写真では右側)に寄っています。


これがR200SSの光軸合っている状態だと思います。(もう少し追い込みが足りませんが^^;)
因みに寝かせた状態で合っていたのに、鏡筒を立てると狂いました。 なのでまた寝かせて主鏡調整して⇒また立てたら狂って・・・

頭にきて赤道儀に載せて調整したら、立てても寝せても合ったままになりました。 主鏡の自重とか鏡筒の歪みとか色々あるんでしょうね。

実際に星を見てみないと、本当にこれでいいのかわかりません。 この状態で焦点内外像をみたら、図のDの影がズレているように、斜鏡の影がズレるのでしょうか?

晴れて星を見れたらまた追記します。


↓どちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://katakuchiiwasi.blog129.fc2.com/tb.php/256-b3dfd6cf

Comment

まるこう | URL | 2011.06.21 05:56
2回にわたる光軸調整記事、興味深く読ませていただきました。いつかは反射式望遠鏡を入手してシャープな画像をと思っていましたが、ずいぶんと調整がシビアなものなんですね。素人の私にはまだまだ敷居が高そう。
かたくちいわし | URL | 2011.06.21 12:16
まるこう氏 こんにちは!
私はニュートン反射は4本目ですが、このR200はちょっと光軸調整がシビア過ぎる気がします。
まだ本当にこれで合っているのか自信がないです。
他のはそこまで神経質にならなくても、少し余裕を持った設計がなされてました。
こういう写真用短焦点とか、惑星観察用に斜鏡を極限まで小さくした極小遮蔽ニュートンは調整が大変みたいです。
ニュートン反射を持つなら調整はいつかはやらないといけないですからね。 その度にメーカーに送れる余裕のある人ならいいのでしょうけど^^;   みんな最初からできた訳じゃないから大丈夫ですよ。
阪神ファンいっこう | URL | 2011.06.21 13:33
 ここ数日の調整記、めっちゃおもしろそうじゃないですか。R200はシビアっぽいので、安いケンコーのSE200N買って調整の練習をしようかな、なんて気にさせられます。ただ、その後、接眼部をかえてドローチューブをかえて、といった沼にはまりそうなので、R200を手に入れるべくがんばります。
 メシエ制覇の後のために永久保存版ですね。
かたくちいわし | URL | 2011.06.21 16:20
>いっこうさん
機械弄りが好きな人にはともかく、私は出来ればやりたくない派なのですが、不思議と弄るのは楽しいんですよねーこれが。 現実逃避に最適! 思えば小さい頃、おもちゃを買ってもらってもすぐ分解してしまう悪い子でした(笑)

SE200の直焦点化のほうが大変な気がします。 接眼部は貧弱だし、鏡等はベコベコでバンドも細いので強化が必要です。 それと長い分ちょっとR200より重いです。 頑張ったらデフォのままでもいけますが、失敗写真も多くなると思います。
あれはやっぱり月・惑星用なら超優良コスパ製品だと思います。
Comment Form
公開設定

プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
496位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
174位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。