スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蟹座の散開星団 M67

少し中心を外してしまいましたが蟹座の散開星団M67です。

2012.10.19 4:35~4:48 3min×4 EOS kiss D(改) ISO 1600
Vixen R200SS (f=800mm) Celestron Advanced-GT kenko50mmFinder(改)ガイド鏡+Watec WAT-250D
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS5


蟹座と言えばM44プレセペ星団が肉眼でも見えて有名ですが、もうひとつのM67も中々見事な星団です。
プレセペが無かったら一躍有名になっていたでしょうに。

明るい星が約80、暗い星は500個オーバーという大集団です。

M67(NGC2682) かに座/散開星団(f)
赤経 08h51.3m 赤緯 +11゚48'
光度 6.1等 視直径 27' 距離 2,700光年

太陽系からの距離も比較的近く、年齢も50億歳、化学組成も太陽と似た星が多いため、太陽の生まれ故郷ではないか?と言われてきましたが、最新のシミュレーションでは通常起こりえない様な奇跡がなければそれは有り得ないとのことで現在は否定&かなり疑問視されています。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

スポンサーサイト

オリオン座

10/15 棚田で撮ったオリオン座です。

2012.10.15 0:58~1:53 EOS kiss D(改) SMC Takumar55mm F1.8⇒4.0 ISO 800 
540sec.×4 300sec×2 180sec×2 自作ソフトフィルター Vixen Super-Polaris赤道儀 ノータッチガイド
Deep Sky Stacker Adobe Photoshop CS5 FlatAide



昨年撮ったものとカメラやレンズは同じものですが、去年は絞込み不足を感じていたので、今年はF4まで絞ってみました。
周辺まで星像が改善されました。

それと今年はフラットエイドを使用しています。
使用しないほうが淡い部分まで出るのですが、下のようになってしまったので止むを得ずですね。
ss-8100_8107orion3B.jpg
これはLPS-P2フィルターが悪さをしているのだと思いますが、去年は付けたか付けなかったか記憶にありません。
フィルターは外したほうがいいのか、よくないのか、迷うところです。

M42の白飛びを戻すのは疲れたので諦めました。
このオリオン座を納得いくほど美しく撮るのは、私の中で永遠のテーマかもしれません。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>



ふたご座の散開星団 M35

久しぶりのメシエシリーズ ふたご座のお兄さん、カストルの足元にある散開星団 M35です。

2012.10.15 2:28~2:38 2min×2 EOS kiss D(改) ISO 1600
Vixen R200SS (f=800mm) Celestron Advanced-GT kenko50mmFinder(改)ガイド鏡+Watec WAT-250D
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS5


中央付近に割と大粒の星で構成されるまばらな集まりがM35です。 星数は約300。
すぐ右下には小粒の密集した散開星団NGC2158があります。 同じ散開星団とは言え、こうも印象の違うものでしょうか。

付近にはクラゲ星雲(IC443)やモンキー星雲(NGC2174)などもあるので、もっと短い筒や望遠レンズで同写野に収めるのも面白いでしょうね。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

冬のダイヤモンド+

10/15にノーマルデジで棚田で撮った冬のダイヤモンドです。

2012.10.15 2:37~2:53 180sec×4 EOS kiss DN zenitar16mm F2.8開放 ISO800
Vixen SP赤道儀 自動ガイド Deep sky stacker  Adobe Photoshop CS5

この写野の中に全天で21個しかない1等星オーバーの恒星が7個、2等星が10個、3等星はざっと数えて20個くらい、プラスマイナス2等の木星まで入っているのですからゴージャスになるはずです。

目立ちこそしませんが、右上から左下にかけては冬の天の川も流れています。
Hα輝線を通す改造デジなら数々の赤い星雲まで写って、さらに彩りを加えてくれるでしょう。

場所によって赤を感じたり緑を感じたりする複雑なカブリを生じてしまいましたが、このままとします。

木星も逆行したりしながらあと1~2年このあたりをウロチョロしそうです。


※追記
1等星は全天で21個ですが、日本本土から見れるのはカノープスを入れても16個です。(アケルナルとかは除いて)
写野は全天の1/7~1/8程度でしょうか。 と考えると日本から見れる1等星の約半分弱位がここに集まっていると考えても良さそうですね。

因みに2等星は全天で67個、3等星は全天で190個だそうです。

星座絵入り追加
s-8298_8301B3.jpg



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

二人は同じ流星を見たか? 最終編

「昨日は人工衛星なら660km離れた2点でも同じものを写す事が可能―」というところまでいっていた。

しかし直ぐに次の疑問が浮かぶ。 ほぼ同じ(見かけ上の)位置に見えるのだろうか? という事だ。

昨日の記事で、衛星の高度が仮に1000kmの場合、高度30°付近に見える範囲は、半径1700km程度だと述べた。
ところが今回の観測値2点は660kmも離れている。 これは先述の半径1700kmの1/3強に相当する距離だ。
真上から見たらこの様になってしまう。 点Rが衛星の鉛直下となる。
20121024d.jpg
この太い円の線上なら目的の衛星が高度30°付近に見える事になるが、見えている方向が違ってしまう。

両者が見た見掛けの位置がほぼ同じになるためには、下図のように観測値A点とB点が接近していなければならない。

この場合衛星が見える範囲rはもっと広大になり、従って衛星の高度もずっと高くなくてはならない。
赤道上空35000kmの静止衛星でもなければこれは有り得ない。 そして文字通り静止衛星は"止まって"見える。

ここで同じ衛星説も無くなった。

とすると、あと残る可能性は、
①たまたま同じ(見かけの)方向に流れた別々の流星を2人が撮った。
②たまたま同じ(見掛けの)方向を移動した別々の人工衛星を2人が撮った。
③片方が人工衛星を、もう片方が流星を撮った。
のいずれかだ。


もう一度写真を見てみる
orion1021.jpg
両者とも光跡がすっーと伸びてオリオン座の三ツ星付近まである。
もちろん、実際の流星でもこの様に写る事は多々ある。 この写真だけで流星ではないとは言い切れない。

人工衛星の可能性を探る。
つい最近ご紹介したHEAVENTS ABOVEだ。 これで撮影時刻に付近を通る人工衛星が無ければ流星と考えて差し支えないはず。  まさかここで役立つとは思わなかった。

まず右側の私のほうから。 10/21の午前4:50 
2012y10m23d_120630108.jpg
いきなりあったorz 赤い線の部分。イリジウム95衛星のイリジウム・フレア。 光度-1等

衛星の経路を見る
2012y10m23d_120707954.jpg
上の右側の写真と見比べてほしい。 三ツ星をかすめ、うさぎ座のところでフレア― 残念ながら間違いない。

衛星の高度は1272km  私の家のほぼ真上を通っている。 もし自宅で見ていたら光度は-7等級にもなっていた。
2012y10m23d_120806648.jpg

衛星の詳細
2012y10m23d_121012373.jpg


次はミッチーさんのほう。 観測地を根の上高原に指定
2012y10m23d_123202256.jpg
10/21 午前4:22 イリジウム59衛星 光度は-7等

衛星の経路は
2012y10m23d_123230718.jpg
こちらも写真の左と見比べてほしい。 経路・フレアポイント、こちらも残念ながら同じだ。

ミッチーさんの「撮影時刻4:20頃」という報告も正確だった。
2012y10m23d_123729251.jpg
この衛星は1998年3月30にデルタロケットにより打ち上げられた。
2012y10m23d_123418479.jpg
つまり、真実は「同じ日の似た時間に、たまたま似た見掛け上の位置を通った、別々のイリジウム・フレアを、別々の場所で撮った」 という何とも味気ない結果に終わった。


しかし、私が先にこの2つの類似点に気づいていたなら「同じもの撮ったのでは?」と思ったに違いない。
それくらい奇跡的によく似ているのだ。(←コレだけでもすごい)
事実私は人工衛星か、散在流星かを写真から特定できなかった。
またカメラの時間が正確かもわからなかったので、時間すら表示していなかった。
今回言われたお陰で色々調べて初めてわかったのだ。
しかしまぁ、59と95なんて。 69と96じゃなくてよかったですね(笑


「でもこれじゃ夢も希望もないではないか? オッサンは夢を見てはいけないのか?」 いや、そんなことはない。もっと調べてみた。
一番上の図に戻ってほしい。 見掛けの位置が少しズレれば同じ衛星を見ることは十分に可能では?

例えばということで本日の夕方、福岡・岐阜・埼玉の三箇所を例に取って調べてみた。 数十kmズレてもあまり変わらないだろう。 九州・中部・関東ということで。
2012y10m25d_120435194B.jpg
実際は月があるので今日は無理だろうが、赤い下線の「ADEOSⅡ」は何と三箇所とも明るく見える。 ちなみに緑の線、岐阜と埼玉ではISSが見られるらしい。

ADEOSⅡの経路はこんな感じ。
2012y10m25d_120547212B.jpg
近隣で同じものを撮っても「うん、まぁ、見えるだろうね」となるだろうが、全国で同じ衛星を同時に狙ったらそれはそれで面白い気がする。 全国的に晴れる必要があるけど。
組写真で天ガや星ナビに応募したら、努力賞くらいはもらえるだろうか。

"遠距離恋愛の二人で、同じ人工衛星を夜空に探す"ってのもとても趣があっていいと思う。

長くなってしまったが、昨日の記事で「遠く離れた恋人同士が同じ流星を見ることは・・・」のサイトさんの言葉を引用したい。

それに何より、「見ているモノが同じモノ」と信じる力が重要で、それが同じモノか、別のモノかを証明するすべも、否定するすべもありませんなあ。信じる者は救われるというし。
という風に締めくくられていた。私も本当にその通りだと思う。さっきの「せいぜい400kmが限界」なんて計算結果は「同じ流星を眺めようとする二人」には全然関係ないのだろう、とも思う。


それに何より、いつも眺めたり撮ったりしている、星や月や惑星は、紛れもなく同じものを見てますしね☆彡



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

「Mr.ミッチーとカタクチイワシは同じ流星を見たのか?」 その真実

「アンドロイドは電気羊の夢をみるか」みたいなタイトルですが、お付き合いください。

この2枚の写真を見てほしい。 同じ日に左は岐阜県中津川市と恵那市にまたがる根の上高原で、右は福岡県うきは市の山中で撮られたものである。
ぜひこちらもご覧いただきたい。⇒元マルジャ・バー管理人の、「誰が読んでるかわからないブログ」
orion1021.jpg
微妙に違うがほぼ同じ経路、同じ増光点。 これは同じ流星を別々の場所で捉えたものではなかろうか? 

検証していこう。 まずはこれらが撮られた時刻。 

左のミッチーさんの報告によると10/21の4:20頃、私が撮った右はExif情報より同日4:50となっている。
30分ほどのズレがある。 私のカメラの内蔵時計を調べてみると、つい最近合わせたので誤差は1分以内だった。
ご存知の通りカメラの内蔵時計はあまり正確ではない。暫く放っておけば30分くらい平気でズレてしまう。 ミッチーさんがExifから4:20と報告されたのなら、30分ズレたとしても何の不思議もない。

が、しかし、である。
疑問1 同じ流星がその様な広範囲で見られるのか?

この2枚が撮られた場所はgoogle earthによると、直線距離で約660kmも離れている。
2012y10m23d_153838707.jpg
一方、流星が光っている高度は上空約100km~70kmらしい。
コチラのサイトさんが、「遠く離れた所に住む恋人同士は、同じ流れ星を見る事ができるか?」という、少々ロマンティックな視点でこの疑問に答えてある。

オッサン二人でロマンティックも何も無いのだが、このサイトによると、「理論的には半径1000km以内なら可能」、しかし「現実的には半径100~200km」であるそうだ。
ロマンティック、言葉がいけない。 "夢がある"でどうだろう。離れた所に住むオッサンが同じ流星を見る―そう、夢がある。 

1000km、これは"離れた2人が地平線ギリギリに流星を見たとしたら"という理論値らしい。 
現実的な地平高度20°~30°が見えない視界だとその範囲はグッと狭まるらしい。

実際、増光しているうさぎ座付近はこの時間に高度30°付近にある。  しかし光跡はずっと高い高度の部分から写っている。 どう頑張っても半径100kmが関の山である。
仮に見えたとしても、一人が南の空低く見たのなら、もうひとりは反対側の北の空低くに見えることになるだろう。

同じ流星説は消えた。


疑問2 もっと高高度を飛ぶ、同じ人工衛星を捉えたのではないか?

当然見る対象の高度がもっと高い場合は広範囲から見える事になる。
高度100kmでは流星のように塵さえも大気との摩擦で発光しながら落ちてくる。
ISS国際宇宙ステーションは高度400kmと異常に低い高度を回っているが、これは落ちないようにスラスターで位置を調整しているため。
通常の低軌道(LEO)衛星だと約1000kmから2000km上空を飛ぶ。

仮に高度1000kmだとすると、この衛星はどの位の範囲から見えるのであろう?

厳密には地球は丸いので違うが、求める範囲の半径をL、衛星の高度をh、地球の半径をRとすると、以下の三平方の定理で大体求められる。
20121024a.jpg
ざっと計算して半径3700km ― これは期待が持てそうだ。

でもこれは先程の理論値。今回はうさぎ座の高度30°がわかっている。
図示するとこうなる。
20121024b.jpg
なんだ。直角三角形ではないか。これまた厳密には違うだろうが、この辺の長さの比は1:2:√3である。
1=1000kmなので、√3=約1732km  

半径1700km、これでも十分だ。
660km離れた2点でその視位置がズレているのも納得。


これで「おおっ~同じ人工衛星じゃん」と思ったアナタはダマされやすいかも。
「え? おかしくね?」と思ったアナタ、正解。

つづく。



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

北天ぐる~っと

オリオン座流星群を撮りに行ったときに固定撮影で放置した北側です。

長経路の流星を期待したのですが、これまた写りませんでした。

しかし北天にもこんなに沢山の星があるのですね。なんだか恐ろしくなってきます。

ちなみに星の軌跡が途切れている部分は、バッテリー切れに気づいてなかった部分です。
リモコンはピッ・ピッと一生懸命鳴っているのですが、ミラーの音か、カードに記録するアクセスランプの点滅で判断するしかありません。 3台動かしていると、どれがどれの音なのか。

でもこの中には散在流星も流れていました。
ss-IMG_8306B.jpg
オリオンとは全く関係ない方向に流れていきます。

ss-IMG_8404.jpg
2回ブワッと増光しています。 人工衛星でしょうか。

s-output_comp8413_8436B.jpg
これもバッテリー交換で隙間が空いています。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

オリオン座流星群 その他の写真

昨日の記事でのいっこうさんのコメント「いっぱい見逃しているような~」を頂いて「確かにそうだな」と思い、もう一度じっくり見てみました。 いっぱい見逃していました(笑
s-CRW_8332_23_25.jpg

先ずはオリオンの下、大犬座の右あたり。
ssa-CRW_8332_23_25.jpg
目立つ右側の流星は、その経路から察するに散在流星でしょう。 もしかすると長いので人工衛星が途中で増光しているのかも知れません。
左の目立たないほうはオリオン群ですね。

もう一つ。 かなり短くわかりにくいです。 これもオリオン群っぽいです。
ssb-CRW_8332_23_25.jpg


別の構図
s-CRW_8295.jpg
これはほぼ中央、オリオンの顔の所に短い流星。下の動画から見つけました。これも散在流星ですね。

露出1分の追尾撮影、98枚を動画にしてみました。
実際の4分半ほどが、動画で1秒になっています。 固定撮影で星が動いていく動画はよくみますが、景色が動いていく動画はあまりやらないですね。

とてもわかり難いですが、8秒で画面上中央付近、18秒画面中央、22秒オリオンの三ツ星の下に小さな流星が流れます。


こちらはSMC Takumar55mm F1.8を2.8まで絞り込んでISO 1600 露出1分を大量に撮った御者座です。
うち流星の写っていた2枚を比較明しています。
s-IMG_8398B_8414.jpg
流星群の撮影といえば広角レンズですが、流星が小さく暗くなってしまいます。
写る確率を低くしてもあえて標準レンズを使ってみましたが、散在流星のようです。
この写野の中をバキューンと明るいのが流れていく妄想をしていたのですが、現実は甘くはありませんでした。


おまけ
t-IMG_8423.jpg
いかにも流星っぽいですが、人工衛星です。 次のコマにも光跡が写っていました。
こういうのは誤認しやすいですね。



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

オリオン座流星群 今年は??

私もさとうさんのように大火球を目指し、"撮ってくるぞと勇ましく" 出掛けたのですが・・・

2012.10,21 2:43と4:23の2枚合成  EOS kiss(改) zenitar16mm F2.8開放 ISO 3200 露出1m

昨夜は棚田でSP赤道儀にzenitar16mmと敢えてSMC Takumar55mm、 固定撮影にシグマの18mmをつけてひたすら連写しました。

機材をセットし終わるとマットを敷いて満天の夜空を眺めます。
10分―流れない、20分―流れない、30分―散在流星がやっと・・・

確かに極大時刻は今日の13時ですが、そういう事はよくある事。 前後数日間、特に前日の夜半過ぎには日本でのピークを迎える筈です。1時間に10個は堅い筈。

極大の日時を間違えたのか?とスマホで国立天文台のサイトで確認しますが、1番目21日夜半過ぎ、2番目22日夜半過ぎで間違っていません。

ところがその後もそういった状況は全く変わらず、朝まで5時間ほど居ましたが、オリオン群の流星は1時間に1~2個確認できただけでした。
どちらかと言うと散在流星のほうが多いような状況でした。

3台のカメラで計数百枚撮りましたが、ざっと見たところ写っているのは5個くらいです。

上の写真の拡大 真ん中右隅
ss-CRW_8251.jpg
今回唯一のオリオン群を捉えた画像

馬頭星雲の横
ss-CRW_8310.jpg
方向・長さからオリオン群ではない散在流星か

月も無く、快晴だったにもかかわらず、こんなにも肩透かしをくらったオリオン群ははじめてですねぇ。

今夜のほうが多かったりして。 もうキツイので今日は出動しませんが。。。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

M42 オリオン大星雲 2コマモザイク

昨日の記事は前フリなのですが、そんな何やかんやを思いながら処理したM42です。
s-cSN_M42B2.jpg
撮影データはのちほど。


昨日の記事の通り、北側10枚コンポ、南側10枚コンポの2コマモザイクです。
少しと言うかかなり強い処理をしたので荒れています。 ランニングマン星雲のすぐ下にある、漢字の「森」の字のような配列の暗黒星雲をどうしても出したかったのです。

ゆるふわバージョン
s-bSN_M42B3.jpg

さらに無理したバージョン
s-aSN_M42B2b.jpg


今までのはDSSで彩度を15%高めています。
彩度そのままだとこんなに色が抜けてしまいます。
s-d20121016_M42d.jpg


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>
プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
190位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。