スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Photomaerge

CS5のPhotomerge機能を使ってみました。
パノラマ1b
スゲー自然。補正が効いて横に長くなってますな。

以前CSでやった画像
IMG_8096B8097BPM_900px.jpg


でも上手く重ならない画像もありました。
(旧)20110625b.jpg

(新)名称未設定_パノラマ1
これは撮り方が悪いのかな。 それでも旧バージョンよりは自然です。
スポンサーサイト

※ただし・・・

昨夜も結局晴れませんでした。GPVの嘘つき。

ネタがないので美女のポートレートです。

EOS kiss Digital N SMC Takumar55mm F1.8開放 1/125sec. ISO 400  Program AE 分割測光

結構前に撮ったお友達のアイちゃん(仮名)です。
SMC Takumar55mm F1.8 で開放 彼女にピッタリの柔らかい雰囲気を狙ってみたのですが、前髪にピンがきてしまいました。
ポートレートも難しいですね。 相手も動きますから。

アイちゃんカワユス。 彼女も30代後半に入ってなんだか色気のようなものが出てきました。
この歳でこのアップに耐える透明感のある肌は流石です。 特に修正はしてません。

「俺と結婚しようよ」と言うと
「99%ない!」と断言してくれます。
「残りの1%は何?」と訊くと
「だって何があるかわからんやん。かたくちさんお商売してるから、すっごいお金持ちになるかもしれんやん」って。
「金かい!」
「かたくちさんいい人なんだけどねぇ… もうちょっと背が高くて、ガッシリしてて、イケメンでお金持ってて…」
「おい!」

これが「※ただしイケメンに限る」ってやつか… ハードル上げてくれますね。
2012y01m27d_194604524.jpg

或いは真鍋かをりさんのツイートを思い出してしまった。

「なんだかもうイケメンとかどうでもよくなってきた。外見の良さばっかり気にする年齢でもないし。 普通にちゃんと働いてて、少しは趣味も持ってて、私にもまわりにも優しくて、たくさん愛情をくれて、イケメンだったらそれでいい。」

ワロタ、ワロタ…

もう!どいつもこいつも!
533302f7.gif

2012y01m27d_192259644.jpg

え? お前の下手クソな天体写真より女の子の写真がいいって? そんな殺生なぁ。

M45 再処理

随分前に処理に悩んだM45プレアデス星団。 CS5を手に入れてまた挑戦してみました。

前回は大して写ってもいないメローぺ星雲を出すのに躍起になって、画像を大荒れにしてしまったので、今回は写っていないものはそこそこで諦めて、星が美しくなるように頑張ってみましたが、

結局は悩みます(^ω^;)

青くし過ぎないようにとかやっているのですが、今回は星の滲み具合がイヤラシイ感じかも(笑)
少し微光星がうるさい気もします。
輝星のまわりも黒く落ち込んでいますね。

これずっとやっていると、画像処理が上手くなる対象だと思います。M45は。

また半年後は上手くなっているでしょうか? そうでなくてはなりませんね。

1/25 また再処理 Ver.何だろう・・・
M450927B0124c.jpg
あんまりやってるとエアブラシで描いた絵みたいになります。
透明感ってどうやって出すんだろう? また課題が増えます(^ω^;)

↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

ボツ写真 敗者復活

CameraRaw6のお陰で、過去のボツ画像も復活しつつあります。
ノイズ軽減だけでなくその他のパラメータを弄ってみました。 空が好みの色じゃなかったり、あまり星が見栄えのしなかった写真などです。 

白鳥の尻尾―ケフェウス―カシオペアと天の川に沿っています。

9/25撮影 棚田の場所 ISO 800 露出3分
ここで似たような写真は別の日にも撮ってます。 

こちらも同じ日 東天から昇るオリオン・ぎょしゃ・牡牛
s-IMG_1258B.jpg
低空の赤い明かりは日田市の光害でしょうか。 これも私が写り込み、荒いし大した写真じゃないのでボツにしていました。

晴れなくても楽しみが増えました。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

Camera Raw6

知人からPhotoshop CS5の入ったパソコンをお借りしたので、昨年の夏に撮ったへび座のM16わし星雲を再処理してみました。

Camera Raw6凄すぎ ワロタ、ワロタ…
無題0121

因みに前処理したものはこれです。 2011.6.29撮影
s-M16B5_900px.jpg
とても荒い上に星の美しさもなく、星雲の中央部とわしの羽の部分にあたる淡い部分の光度差が大きく、前回の処理で非常~に気に入らなかった写真の一つです。

DSSのAutosave.tifが残っていたのでDSSの処理からやり直しました。 今回は星雲の中央部や星マスクを使って飛ばないように注意しながら処理を進めました。
最後は一旦保存したTifファイルをCamera raw6で読み込み(どうやったら開くのかに戸惑いました)、ノイズ軽減を施します。
今回の処理です。
s-M16E_1000px.jpg
まだまだツッコミ処は多いでしょうが、随分と滑らかになりました。
やまねももんがさんが力説しておられたのがよーくわかりました。
周辺部の星像が甘すぎるのでこれも多段マスク使ってシャープにすれば、もっと良くなるでしょうか。
面倒なので今回はパス。


中央部の等倍切り出しです。
前回
ss-M16B5.jpg

今回
ss-M16E.jpg
こりゃまるで腕が上がったような錯覚を起こしますね(笑)

博多弁で言うなら「CameraRawバリ凄か!」 筑後弁なら「がば凄か!」
しからしか男ですいましぇーん。 いや、ほんなごつ。



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

EPSON GT-8300UFをWindows7で使用する

先日天文趣味復活時にフィルムで撮った写真を記事にして、「今ならもっと処理が上手くなっているのでは?」と思い、再度スキャニングからやってみようと思い立ちました。

使っているスキャナはEPSONのGT-8300UFというモデルです。 通常の紙原稿の他にネガやポジなどの透過原稿も読むことができますが、いささか古いです。
EPSON GT-8300UFをWindows7で

こんな感じ。35mm版の他、中版もいけるようです。
s-IMG_5711.jpg

が、しかしドライバーがVistaまでしか対応していません。 新しいWindows7(64bit)のPCではどのドライバーでも認識しませんでした。

困って検索していたら、この上位機種であるGT-9300UFはWindows7用ドライバが提供されていて、このドライバーで動作させたという報告を見つけたので、以下備忘録です。

1.GT-9300UFのドライバーをインストール後、GT-8300UFをUSB接続する。

2.当然適切なドライバーがないと警告されるが、手動でドライバを更新させる

3. コンピュータ → プロパティー → デバイスマネージャーを開くと認識されていないUSB接続のGT-8300UFが表示されているので、
プロパティーを開き → ドライバー → ドライバーの更新 → コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索します。ドライバーソフトウェアを手動で検索しインストールします。 → コンピュータ上のデバイスドライバーの一覧から選択します。 → イメージングデバイスを選択 → 製造元 → Epson → EPSON GT-9300を選択し → 次へ → ドライバーの更新警告で「はい」 → ドライバーの更新が終了 → 閉じる

で無事GT-8300UFがGT-9300UFで認識し使用できるようになる。

同時にインストールされるEPSON SCAN若しくはPHOTOSHOPから無事作動させることができました。


で、先日のM31をもう一度スキャンして画像処理してみましたが、あまり変わりませんでした(^ω^;)
やっぱり写っていないものは写っていないようです。


フィルムスキャナーの新商品も出ないでしょうし、銀塩を愛する人には段々と肩身の狭い世の中になってきましたね。 米コダックも先日連邦破産法の申請をしました。 コダック自らが開発したデジタルカメラが遠因で倒産するなんて、何だかやるせないです。

JB PRESS「瀕死のコダックと飛躍する富士フイルム」の記事はなかなか面白かったです。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

久しぶりのギャラッド彗星と

昨日の記事の続きです。

夜明け前には望遠鏡をギャラッド彗星に向けました。
どうも、どうも、お久しぶりです。

2012.01.17 5:45~5:47 EOS kiss D 60sec.×2 ISO 3200  
Vixen R200SS (f=800mm) Celestron Advanced-GT Mizar GT-68(f=600mm)+WAT-250D+GuideMaster
UFRaw  Adobe Photoshop CS いっこう式フラット補正

この写真にはいっこう式フラット補正を施しました。 なるほど~ よく思いつくなぁ~。

南西の空にはアンタレスとさそり座の姿が見えました。 そろそろ天の川の事も考えないといけないようです。



昨夜も晴れたので自宅前でテストです。
先ずは懸案のコマコレ。 昨日の組み方でダメならこれだろーと思ったのが一発で決まりました。
2枚構成なので、それぞれ表裏の4通りしかないのですが。
s-IMG_5549.jpg
ノータッチなので少し流れてますが、概ね良好のようです。 良かったよかった。


ついでに再度R1フィルターのテスト。 今度は間違いなく改造デジですよ。
s-IMG_5556B.jpg
自宅前、すぐ傍に煌々と街灯が照らす中、ISO 3200で20秒露出でこれだけ出ました。  R1フィルターは絞り3段分の光量補正があるので露出倍数は2×2×2=8倍 LPS-P2は約2倍というお話なので、短時間でこれだけ出るとは思っていませんでした。
2枚重ねてカメラのファインダーを覗いても何も見えません。

光害をカットする目的ならR64も持っているので、そちらのほうが効果は高いでしょうか。
モノクロで良いならこのまま露出時間を伸ばせばいいのですが、カラー化するとなると、さとうさんもされていたように、闇夜の晩に光害の少ない場所で通常に撮ったものにフィルター付きで撮った画像をL成分として加算することになると思います。

昨日お話したようにピント位置も違うので重ねるのもコツがいるでしょうし、構図の再現性の問題もあります。
かける労力は大変多くなるので、そこまでするか?という話になります。

それでも都会にお住まいで、なかなか遠征に行けない方には強い味方になると思います。
遠征地でいろいろな対象をパシャパシャ撮ってきて、後日自宅近くでそれらのL画像をジックリ撮る―みたいな使い方とかいいかも。 月夜の晩でも撮れるし。

この方法は後日またカラー化も含めて検証していきたいと思います。


 
↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

久しぶりの撮影で色々テスト

昨日は夕方過ぎまで本格的に雨が降っていたようですが、夜半過ぎより晴れるとのGPV様のお告げにより、3時頃よりテスト撮影してきました。 ほぼひと月ぶりです。
2012y01m17d_143458938.jpg
場所は自宅から5分の川辺、月食を撮ったところです。 光害指数は80程度とR1フィルターのテストにはもってこいです。 昨夜は月齢23の月が乙女座と天秤座の境目辺りにいます。 気温は2℃、夕方までの雨でアスファルトはビショビショ状態で湿度は高そうですが、時折小枝を小さく揺らすほどの風があってレンズが曇る事はありませんでした。

この日テストお題です。
・R1フィルターの実験
・先日分解してしまい、戻し方がよくわからなくなったコマコレクターのテスト
・今まで使用していたノートPCが先日クラッシュしたので、新しいPC Windows7(64bit)でオートガイドが機能するか?
・先月起こったWAT-250Dカメラのノイズ低減

先ずはR1フィルターのテストですが、馬頭星雲やM42など比較的写りやすい対象で撮りたかったのですが、もう西の地平線に沈みかけていて無理です。 なんとか薔薇星雲ならいけそうです。

まずはフィルターなし ISO1600で2分 今にも飽和しそうです。 

端のほうを見て頂くとわかりますが、凄い収差が放射状に出てしまっています。 コマコレの組み戻し方が間違っているようです。 現場では気づかずそのまま撮影続行。 これは厄介な事になりました。

R1フィルターを装着。同じくISO1600で2分
s-CRW_5888.jpg
何と、ピント位置が違ってくるようです。


ピントを合わせて再度挑戦。 次はISOを3200に上げ、露出時間も5分に伸ばします。 上のような赤い画像をグレースケールに変換しています。
s-CRW_5895.jpg
あれ?バラが出ません。 何ででしょう? きっと露出が短いか、沈みかけているのせいだと気にせずに次の対象へ。

しし座のM65とM66 ISO3200 露出5分 グレースケール変換
s-CRW_5902.jpg
コマコレの影響はありますが、銀河が渦巻いているのがわかります。  R1フィルターなしではとてもこんな露出はかけられません。 かなり光害をカットする効果があるのではないでしょうか。

WAT-250Dカメラのノイズは、フェライトコアを付けてもつけなくても変わりませんでした。 ただノートPC用の電源ケーブルなどから、映像コードを離すとかなり改善されました。 

問題はコマコレですね。 レンズの組み合わせを変えながら撮って実験するしかありません。
いつ本番が撮れるのだろう。

このあとギャラッド彗星も撮りました。 それはまた明日で。
6時頃になるとまだ暗いのですが、散歩やジョギングをしてる人が多くなります。
何人かの方に声をかけられてお話したしました。 残念ながら撮影中につき、望遠鏡で見てもらえません。土星か月かで喜んで頂けたらよかったのですが。


そして、撤収しようとカメラをR200から取り外した時に気づきました。 なんと撮影していたのは先日購入した無改造のkiss Dだったのです。 しかも改造デジにいつもつけてるLPS-P2のFFフィルターも無し

そりゃあんたバラ星雲写りませんわ(^ω^;)

あー何やってんだか。
またテストしないと。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>




復帰後初の天体写真 (2009年 銀塩)

やまねももんがさんにデジ一初の写真を晒していただいたので、恥ずかしいのですが私も大人になってから初の天体写真を晒したいと思います。 ネタがないというのもありますが。。。

厳密にはコンデジのIXYで15秒露出制限で撮った、写っているのかいないのか解らないほどの写真が最初です。これですね。 確か2009年の5月位です。
s-09.jpg

それから6月末にセレストロンの自動導入経緯台  NexStar 130SLTを手に入れて、アダプターもないので月や木星を先程のIXYで手持ちコリメートで撮ったりしてます。 

最初は比較明によるコンポジットなど知る由もないので、コンデジでの写真を諦めます。 少年時代に使用していた親父のニコマートはフィルムの巻き上げが故障、オクで機械式のコシナのCT-1EXを手に入れました。
ボディのみでレンズを後から手に入れようとするのですが、このCT-1EXのマウントが何だかわからず、「同じコシナのレンズなら合うだろう」とまたオクで購入しますが、全く合いませんでした(笑) 結局このCT-1EXはKマウントでした。

今でもそのレンズが何マウントなのか確証がありません。 そんなド素人だったわけです。

NexStar 130SLTを入手した直後でしたが、我慢が出来なくなってR200SSとAdvanced-GT赤道儀を購入します。
ガイド鏡は560円で買ったプラ製の6cm!

8月の末、KマウントのTリングも持ってなく、少年時代に使っていたニコンFマウントのTリングを無理矢理ネジ込み、昇ってきたばかりのM42を直焦点撮影したのが、最初の銀塩写真です。 

もちろん半自動ガイドで十字線から寸分もズレないように、全神経を集中させてポチポチやりました。
今手元にデータがないのですが、ネガには「FUJI 400」としか書かれていません。 3分~5分の露出でしょう。

何コマか撮っていますが、あまり酷くガイドが流れているのもないようです。
ここは少年時代の経験が生きて、赤道儀の設置や撮影にはあまり戸惑いがありませんでした。
しかし今考えれば何と無謀だったのか。 レンズ持ってない訳ですから、直焦点ばっかりやってます。

でも思いのほか良く写ったので、とても嬉しかったですね。


直ぐに次晴れた夜にまた撮りに行ってます。
ペルセウス座の二重星団
Untitled-7b.jpg

M31 アンドロメダ銀河
Untitled-14.jpg
M42が意外に写ったので、このM31には大ショックでした。 20cmでこれかい!と。
銀塩では銀河の写りはあまり良くない事を後から知りました。

それから約1年、銀塩と半自動ガイドでやり繰りしました。
しかし、ネガをスキャナで読み込んでも、今のような画像処理ができるわけでもなくて、上達は足踏み状態が続きました。 ピントが合っていなかったり、露出オーバーで真っ白になったり、中々上手くいきませんでした。
今思うと「無駄な1年だったかな?」とも思えます。

やっぱり以下の文章は削除で!
気にしないでください。


  

神社=大きなクスノキ?

今更ながら、仕事を終えたあと初詣に行ってきました。


狛犬さん好きです。(∪^ω^)わんおわんお
s-IMG_5697B.jpg

手水舎の横に大きなクスの木があります。
s-IMG_5701B.jpg
オリオン座も微かに写っています。

紙垂(しで)が風に揺れます。一説によると注連縄が雲を表し、注連縄から出ている細い縄(〆の子)が雨を、紙垂が稲妻を表しているとか。 五穀豊穣のしるし。
s-IMG_5703B.jpg
「炎と星」も撮ってみたいテーマです。 難易度高そうですね。


神社に行くと高確立で馬鹿でかいクスノキがあります。 「大きなクスノキと星」のテーマもいいなと思い調べてみたら意外な事がわかりました。

環境庁が調べた日本の巨樹・巨木ランキングです。
2012y01m12d_164914609.jpg
因みに樹齢は伝説によると―みたいな眉唾ものです。
10本のうち7本が九州に。。。 また8本がクスです。あれ?何で?

またまた調べていくと、日本において巨大化し易い木がクスノキだそうです。 他にイチョウとか。
で、クスノキは東南アジア等暖かい地域に生息し、日本においてはクスノキの80%が九州で生息しているそうです。
つまりただ単にクスノキの育成条件の合う気候という要因なんですね。 有名な屋久島の縄文杉も幹周16.1mで12位だそうなので驚きです。

また、「特異な芳香を持つことから、「臭し(くすし)」が「クス」の語源となった。「薬(樟脳)の木」が語源とする説もある。またそのことや防虫効果から元来虫除け(魔除け:アジア圏では古来から虫(蟲)は寄生虫や病原菌などの病魔を媒介すると考えられていた)に使われたくす玉(楠玉)の語源であるという説もある。」Wikiより。

虫除け=邪気を払うという意味から神社の境内に植えられる事が多く、神木とされるために切り倒される事も少なかったと考えられます。

1位の鹿児島の蒲生の大楠は木の根元に8畳程の広さの空洞があるそうです。 8畳っすよ、信じられますか?

これは幹周によるランキングなので「木の高さ」だとやっぱり針葉樹が多く、東北地方などに多く生息するそうです。

「巨樹と星々」いいテーマだなぁ。ただクスノキは常緑高木で葉の密度も高いので、星と同時に写すには離れた位置から撮る事になるでしょうか。

その他、街中のオブジェと星を撮っていくのも良さそうです。 これは都会の方にお願いしたいテーマかも。

「巨樹と星々」何箇所か撮ってみて良さそうだったら、今年のテーマに加えます。



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
288位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
97位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。