スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山を登るオリオンと冬の星座たち

8/28棚田の場所  機材を撤去しながら撮った比較明

オリオンが登山でもするかのように山裾を登っています。 冬の星座たちも続々と。

2011.8.28 4:24~4:33 30sec.×18 EOS kiss DN Zenitar16mm Fish-eye F2.8⇒4.0 ISO 800
Sirius Comp  Adobe Photoshop CS



比較明をする前に、ほぼ同じ構図でガイド撮影 薄っすらと冬の天の川が流れていきます。
一角獣座にはバラ星雲の姿も。 ノーマル機でも写るんですね。
s-lastB_1000px.jpg
2011.08.28 4:03~4:12 120sec.×4  EOS kiss DN Zenitar16mm Fish-eye F2.8→4.0 ISO 800 
Vixen Super-Polalis ノータッチガイド Deep Sky Stacker Adobe Photoshop CS


星座線入り  緑の線で示したのは【冬のダイヤモンド】と呼ばれるアステリズム。 そんな季節なんですね。
もう一星、大犬座のシリウスで完成なのですが、山がちょうど邪魔してなかなか昇ってきません。
s-lastB2.jpg
ふたご座の中には火星の姿も
片付け終わって車を発車するときにシリウスは山から出てきました。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ガラッド彗星(ギャラッド彗星)の動き

8/27 この日は夜8時位まで雨が降っていました。 夜中にふと目を覚ますと晴れていたので自宅前に望遠鏡を出してガラッド彗星を撮ってみました。 自宅前の光害指数は80前後。 周りのマンションに阻まれて北極星も見えませんが、Advanced-GT赤道儀のポーラーアライン機能で極軸を合わせる事ができました。

隣の家の小屋の屋根に沈む寸前に何とか撮れました。B'zもびっくりのギリギリチョップです。
でも、生温い温泉も大好きです。

こちらも古いマニュアルレンズNikkor-Q 135mm いいレンズです。

2011.08.27 2:56~3:01 60sec.×4  EOS kiss DN Nikkor-Q Auto 135mm F2.8→4.0 ISO 400 
Celestron Advanced-GT ノータッチガイド Deep Sky Stacker Adobe Photoshop CS


解説入り
s-nikkor135mmF2860secB.jpg

前回、2日前に8/25に棚田の場所で写した時は赤いバツ印の所にいたので、よりM71に近づきました。 結構動くものですね。


最初にR200SSで直焦点してました。 M71とのツーショット。
x-garradd800mm60sec2.jpg
2011.8.27 1:59~2:00  30sec.×2枚  EOS kiss D(改) ISO 1600
Vixen R200-SS Celestron Advanced-GT 
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS

30秒の露出で色がちょっと出ませんが、仕方ありません。


10分後、もう一度撮ってみました。 それらを恒星基準で重ね合わせてGIFファイルを作ってみました。
garradd.gif
10分間でも動いていく様子がわかりますね。
※追記:↑IE8で表示できないようです。 他のブラウザでは大丈夫です。対策検討中です。。。ってか知ってる方いらっしゃいますか?

※追記2:gifアニメーションを作るソフトを変更して再作成、IEでも表示されるようになりました。ちなみに今回使ったソフトはGiamです。

↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

M42 オリオン大星雲

『もうはまだなり、まだはもうなり』とは相場の有名な格言ですが、これから幾度となく撮る事になるであろうM42を撮影してきました。 まだ8月でっせー

2011.8.28 4:05~4:23  300sec.×2枚 120sec.×1枚 60sec.×2枚  EOS kiss D(改) ISO 3200 LPS-P2 FF
Vixen R200-SS Celestron Advanced-GT Mizar GT-68+Qcam S7500+GuideMaster
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS  Neat Image

 
ひとつ言い訳をするとこの日はオートガイドの調子が今ひとつでガイドエラーが多く、星像が米粒のように伸びてしまってます。

実はこの前にカリフォルニア星雲を撮ったのですが、その構図確認の時からずっとISOを3200に設定したまま戻すのを忘れてしまいましたorz

既に薄明が始まる時間だったので、慌てていたのもありますが、露出5分で撮影しkissDの小さな液晶で確認するとノイズが判らず、「おお~ やっぱ空の暗い所で写すと違うわ。 オウフ(^ω^)」 とか思っていたので質が悪いです。

荒れるので殆ど処理ができません。 これくらいが限界でしょうか。
いろんな処理をしてみました。


ナチュラルバージョン  これ位の"ゆるフワッ"とした感じも好きです。
s-M42D_filtered_1000px.jpg



ごりごりバージョン 少しイヤラシイでしょうか
s-M42D_LCE_filteredC_1000px.jpg



M42の下の方の淡い領域が入りきれてませんが、上の方のランニングマン星雲ことNGC1973もどうしても入れたかったのです。 ランニングマンと言うより私にはブーンに見えてしかたありません。
2011y08m29d_111817500.jpg
向きが違いますが、完全にブーンでしょう? 【宇宙ヤバイ】


1年前に撮ったものと比べると、処理が上手くなってます
s-Capture_00236conpkasaneH_filtered.jpg
この頃はエアブラシか絵の具で塗ったようにペタッとした立体感の無い画像に悩んでいました。
色もどキツイですね(^ω^;)

また感度を落として長時間+モザイクでやってみます。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

カシオペア座

Nikkor-S Auto 50mm F1.4で撮影した、Wの形(M?)のお馴染みのカシオペア座。
周辺部の収差は仕方ありませんが、この位の画角だときれいに入ります。 
薄雲がどんどん通過してくれたお陰で輝星が滲んで、フィルターをつけたかのようになってます。

2011.08.25 2:08~2:25 120sec.×6  EOS kiss DN Nikkor-S Auto 50mm F1.4→2.0 ISO 800 
Vixen Super-Polalis ノータッチガイド Deep Sky Stacker Adobe Photoshop CS



それにしてもやったらめったら星が写りこんでます。
s-casB3_1200pxB.jpg

α星は少しオレンジがかったシェダル(Schedar)
β星はカフ(Caph) γ星ツィー(Tsih) δ星ルクバー(Ruchbah) ε星セギン(Segin)という固有名もついています。

ペルセウス座の領域になりますが、カシオペアから探したほうが早い二重星団、NGC7789、NGC457、NGC663、M52、M103…など紹介しきれないくらいの散開星団があります。 双眼鏡や望遠鏡を低倍率でカシオペア座を流すと、これらが次々と目に飛び込んできてとても美しい領域です。

この写真は無改造のデジタルカメラなので、赤い散光星雲は写っていませんが、赤外カットフィルターを取除いたカメラで写すと、あちこちに散光星雲があるのがわかります。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

ガラッド彗星(ギャラッド彗星)とM71&M27

先日のプレアデス星団を撮った後、M71に接近するガラッド彗星(C/2009 P1)を撮りたかったのですが、なかなか雲が取れずヤキモキしました。

Nikkor-S Auto 50mm F1.4をつけたまま、アルビレオも矢座もこぎつね座も見えない西の空を半信半疑で撮ってみました。茶色いスジ状のものは雲、右が北になります。

2011.08.25 2:23~2:33 120sec.×3  EOS kiss DN Nikkor-S Auto 50mm F1.4→2.0 ISO 800 
Vixen Super-Polalis ノータッチガイド Deep Sky Stacker Adobe Photoshop CS



星座線入り 山に沈む直前ギリギリで写っていました。もう10分遅かったら山際に沈んでいたことでしょう。
s-garrad825B_1200pxB.jpg
黄色の線の台形とM27はコチラで解説した通り、M71はコチラに拡大画像があります。



拡大画像(ピクセル等倍)
s-garrad825B2.jpg
50mmの標準レンズでもよく写るものです。 彗星の青緑の色や微かに尾のようなもの、M27の形までわかります。
もう少し星像の良い中央部で捕らえたかったです。

昨夜夜中に晴れたので、自宅前で見ましたが、もっとM71に近づいていました。


【ガラッド彗星 位置】などの検索ワードで来られる方が最近多いので、位置を星図に示そうかと思ったら、アストロアーツさんで特集が組まれていたので参考にされて下さい。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


【拡散希望】5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ
本日までです。ぜひ皆様のご協力を!

Nikkor-S Auto 50mm F1.4でプレアデス星団

随分前の記事になりますが、こちらでご紹介したNikkor-S Auto 50mm F1.4 私の父の代から使用している1962年発売の古いマニュアルレンズです。

NikonのHPにあるニッコール千夜一夜物語にも出てきますが、当時標準レンズの代名詞と言っていいほどヒットしたそうです。
先日の103aEの写真もこのレンズで撮ったものです。

ずっとこのレンズで撮影していなかったので、現代のデジタルカメラで星野用として耐性があるかテストしてみました。 まずは絞り値開放1.4

ISO 800  30sec.×4枚 ノータッチガイド

はやり開放では物凄いフレアが出てしまいます。 中心部でもカブトガニの頭部のような変な形ですね。これはレンズそのものの影響というより、マウントアダプターを介してEOSにつけている影響のような気がします。
また、周辺部のコマフレアーは唸ってしまう程の出かた。
中心部の微光星はいい感じなんですけど。

中央部拡大
s-M45a3.jpg

左下隅拡大
s-M45a3B.jpg
いずれにせよ開放では星には使えなさそうです。


F2に一段絞ってみました。 あとの条件は一緒です
s-M45b_1000px_F2.jpg
一段で中央部のカブトガニフレアーは解消され、メローペ星雲もわずかながら解るほどになってます。
周辺減光の出かたもかなり落ち着きました。

s-M45b.jpg

右隅下拡大
s-M45b2.jpg
だいぶ落ち着きましたが、星が放射状に伸びたようになるコマフレアーはかなり残っています。


古いレンズによる個体差かな?とも思いましたが、先述の千夜一夜物語の写真をお借りすると、
01.jpg
はやり周辺部はビルのライトがかなり流れています。この写真はF2.0だそうです。


F4.0なども撮れば良かったのですが、あまり絞ると折角の明るいレンズというアドバンテージがなくなってしまいますね。 特に星の場合はそうです。

この周辺部の星の流れはNikkor-H Auto 28mm F3.5でもかなり見られました。
これは、同じ構成を向かい合わせたガウスタイプのNikkor-S Auto 50mm F1.4が28mm F3.5と同じく最後方のレンズを凸レンズを2枚で構成するというアイデアを踏襲しているせいかも知れませんね。
pic_002 (1)


「以降も星の撮影に使いますか?」と聞かれるとん~どうでしょう。 この焦点距離なら前にテストしたSMC Takumar 55mm F1.8を使います。 周辺部まで極めてシャープなので。

でも悪いレンズだと言っているわけではありません。 デジタル機での星のような点光源には厳しいと言わざるを得ないだけであって、一般撮影となると、逆にこのボケ味がとても生きてきます。個人的にはとても良い名レンズだと思っています。
もちろんまたフィルムを装填する気になったら、喜んで星の撮影にも使いたいですね。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


【拡散希望】5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ
明日までです。ぜひ皆様のご協力を!

闇夜の支配する世界

昨日は午前中雨、午後~夜は曇り、夜半過ぎより晴れの予報がでていました。
天気は心配でしたが、約2週間ぶりの撮影に行ってきました。

場所は棚田の所です。 到着時は雲に覆われ、ガスは出て、遠くで雷鳴が聞こえ、小雨すらたまに落ちる天候でしたが、諦めて帰ろうとした午前2時前に、すこしだけ晴れてくれました。

月が出る2時半頃まで、雲の多い中たった1時間弱の撮影となりました。 時間がないのでR200SSとA-GT赤道儀は出さずにSP赤道儀でNIKKOR-S AUTO 50mm F1.4 で撮影テストだけやりました。

    2011.8.25 2:39  露出15sec.  EOS kiss DN  NIKKOR-S AUTO 50mm F1.4→2.0 ISO 400

山肌にそびえる樹木から月が昇ってきました。
もし闇夜の支配する世界があるとするなら、その日の出はこんな感じなのかも知れません。
一日中暗いのでしょうね。
この撮影中も音こそ聞こえませんが、遠くで稲妻が時折光り不気味な感じでした。


kako-Vx9FfN7G2cqmegmT.jpg
擬似HDR処理


1時間半かけて行き、1時間半ほど待ち、1時間半ほどかけて帰り、撮影は1時間に満たず。
何やってんだか。 でも動物の決定的瞬間を撮影するネイチャー写真家の人よりマシですね。
全国的に天候が悪い中、少しでも出来ただけで◎

今日の夕方よりまた雨だそうです。



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


【拡散希望】5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ
ぜひ皆様のご協力を!


25年前、103aEで

いつもコメントを頂いている[星空が好き、猫も好き] のやまねももんがさんのこちらの記事を読んで、「自分にも確かコダック103aEで撮った写真が1枚あったはずだ」と押入れを探してみました。

ありましたぜ。 ちゃんとアルバムにはさんでます。 撮影データも。 


ネガも出てきたのでフィルムスキャナで読み込んでみました。 保存状態が悪いのでキズだらけですが、なんとかなりました。南斗六星の線は先程入れたものです。
やはり上下はパーフォレーションの穴の形通りにムラになってますね。

柄杓の中には火星、M8・M17・M16とか写ってますね。
やまねももんがさんの写真に比べたらクズのような写真ですが、書いてたデータをそのまま
【射手座と火星】
1986年7月26日 23:02~23:22 露出20分  ニコマート ニッコール50mm F1.4→2.8
手動ガイド ビクセンNewポラリス赤道儀  ガイド鏡:口径60mm 倍率73倍 
フィルム:コダック103aE  現像:DPE  印画紙:4号 
備考: ケンコーR64フィルター使用

86年! 当時中学1年生の俺偉すぎ。 何があったかWikiで調べてみると
スペースシャトルのチャレンジャー号爆発事故、ハレー彗星が76年ぶりに大接近、泉重千代さんが120歳で死去、 フィリピンのマルコス大統領が国外脱出、アキノ大統領が就任、青函トンネルの本州と北海道が結合、岡田有希子さんが東京都内のビルで…orz、チェルノブイリ原子力発電所事故、フライデー襲撃事件、第三次中曽根内閣などなど。 
ちなみにプロ野球はセ・リーグ広島、パ・リーグ西武で日本一は西武。 清原デビュー、バースや落合が二年連続三冠王。 清原優勝の前に泣いてましたね。  懐かし過ぎwww
ミノルタのα7000が流行ったのはこのくらいの時じゃなかったでしょうか。


肝心の写真ですが、撮影場所は記録してませんが恐らく自宅前だったはずです。 ここでは南天の天の川が見えることはありませんでしたが、微かにでも写っていて喜んだ覚えがあります。 でも「103aEを使えば天体写真集のような凄い写真が撮れるんだ!」と思っていたので「なんだ、大した事ないのか…」とそれ以降はこのフィルムを使う事はありませんでした。  多分普通のフィルムに比べて値段は高いし、やっぱりカラーのほうが見た目もいいし、劇的に写るわけでもないし… とか考えたんでしょうね。

現像はカメラ屋さんに頼んでるみたいです。増感処理は頼んだのでしょうか。 印画紙4号と記載しているのでプリントは自分でしたんでしょうね。 何の印画紙使ってたんだろう? 

もう一枚
 
たぶん白鳥座付近を天の川に沿って写してます。 真ん中最下に北アメリカ星雲が薄っすらと、中央やや下がγ星付近の散光星雲でしょう。 データは何も残してないようです。

あとネガには数コマ写した跡がみられましたが、どれもいったい何を撮ったものなのかすらわかりませんでした。

ガイドアイピースは絞り環に接着剤を伸ばした極細糸を貼った物、筒先に赤く塗った豆電球をぶら下げて明視野だったのを思い出しました。
少しノスタルジックな気分に浸った晩でした。


※追記:かたくちオヤヂ臭い、そんな皆様に(笑)
HI380969.jpg
まぁ既に壮年期なんですけど。 この前枕から加齢臭がしたので「嗚呼、枕も歳をとるのか-」と思った次第です。

このEOSのCM好きでした。 ニコン派でしたけど。



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


【拡散希望】5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ
ぜひ皆様のご協力を!

筋トレしようず

最近amazonで買った物

プッシュアップバー


話はこの春の日の事です。
1枚目の公園を三脚とカメラを抱えて散策していたところ、鉄棒を発見したんです。
取りあえず、前回り・逆上がりとかやって「おーまだ出来るできる(^ω^)」、隣の高い鉄棒を見つめながら、
「大学生の頃は懸垂とかガンガンやってたな~。 片手懸垂もガシガシできてたし。今は運動してないから両腕で20回くらいかな?(・∀・)」
鉄棒に飛びつき、「せーの、フギぃぃ!ソリャしhdgじぇdっぎゃhヵkhwい~~~ち。 にぃぃぃいぃlkhscykfvブベパwwwwww はぁ、はぁ、はぁ・・・・(;´Д`)」
「今日はこの辺にしといてやる。ゲフォww! 次はタダで…済むはぁ、はぁ、はぁ・・・・」
ガ━━━(゚Д゚;)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━━ン!!!!! 1回しかできんやった!

あまりの自分の衰えにショック。 そりゃ腰痛が出たり、尿のキレが悪くなったりする筈です(苦笑)
まず腕立て伏せと腹筋運動をする事にしました。 
ところが、暫くすると左手首が物凄く痛み出し、床に手をつけられなくなってしまいました。
手首まで弱くなっていたのです。

ひとまず痛みが完全に取れるまで、腕立ては中止。 腹筋などは続けていました。
痛みが取れたところで腕立て→また痛み→休止 と数回繰り返してこのプッシュアップバーを見つけたのです。

感想- いいです!  プラ製で安っぽいですが、実用十分。 手首も痛くなりませんし、通常の腕立てよりも可動範囲が広がって効果的です。
     

ぜひ正しい方法で行なって下さい。 身体は一直線になるように、顔は前を向き、手は肩幅よりやや広く、バーの角度は30度くらい、1セット目は15回位で限界がくるように足の高さや1レップのスピードを調整して、1~2分ほど休んで2セット目、この時は10回位で限界がきます。また2分ほど休んで3セット目。8回ほどで限界。

回数じゃないんです。必ず限界まで追い込む事。 筋肉痛が出るので1~2日休んでまたトレーニング。

筋肉は細い筋繊維が束になっています。 筋肉痛はこの繊維が破断されて起きますが、修復するときは次なる負荷に備えて強くなって修復します(超回復という)  また、筋繊維は不器用な奴で、100%の力を出すか、0(何もしない)しか出来ません。 半分の力を出すときは、全部のうちの半分しか働いていないのです。  人間は意識的に100%の力を出すのは不可能ですが、最初の1セット目で疲労した筋肉は休み、2セット目で残りの休んでいた筋肉が働き始め、3セット目で・・・  なので必ず限界までやる事が大切です。

先ずは自重でのトレーニング。 足を高くしても軽々出来るようになったらダンベルトレーニングに移ります。
勿論腕立てはどこでも出来るのでやり続けます。


もう一つ コロコロホイール(一般名称は何でしょう?)
t-IMG_2237.jpg
前にひろみ郷氏がテレビでぐりんぐりんやってました。
これも正しい姿勢で。 膝をつくと効果半減です。 只今のところ平地では行ったっきり戻って来れません(笑)
そういう人は急な坂など傾斜のある所でやるといいです。
腹筋にバシバシ効きます。

  

天体撮影も機材が大きく重くなると、結構体力使いますよね。
将来30cmオーバークラスを考えた時、「鏡筒・赤道儀持てなくなってきたので売ります(;ω;)」とか、「キツイから撮影行くのやーめた」と、いずれは言うのでしょうが、少しでも抗うために。。。

ランニングメニューも追加しました。


↓どちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


【拡散希望】5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ
↑もうすぐ締め切りばい!

広角レンズで写るかな?

8/5 例の棚田の場所。 ZENITAR 16mm Fish-eye  ライカ判換算で25mm程の画角になります。

夏の天の川が沈みかかり、秋の星座も早いものは西の空に向かっています。

2011.08.05 2:11~2:18  EOS kiss DN  ZENITAR 16mm Fish-Eye F4.0 ISO 1600
120sec.×3   VIXEN Super-Polaris赤道儀 ノータッチガイド
Deep Sky Stacker Adobe Photoshop CS


星座線入り
s-Mw03B.jpg
でも、星座を写したのではなくて、M15に接近したあとこの領域を通過中のガラッド彗星が写るかな? と思ったのでした。
彗星があまりにも小さいので諦めていましたが、よ~く探すと…

いました。 元画像を100%拡大トリミングして、上を北にしています。 よく写っていたものだと感心します。
s-Mw03B_garradd.jpg
恒星とは違う少しモヤッとした、青緑の独特の色。 F4に絞ってシャープにしていたのも良かったようです。
しかし、こうなると彗星を写す事自体より、写真から彗星を探す方が大変です(笑)


もう一つ、先日800mmの直焦点で写したらせん星雲 NGC7293も微かながら写っていました。
s-Mw03B_7293.jpg
こちらも100%拡大トリミング
ともすればピクセルの色ムラのようにも見えますが、丸い形がわかります。

ガラッド彗星は現在いるか座を通過して、や座に向かっているところです。
そろそろ球状星団M71に接近してくるはずですが、晴れませんね~。

オラもう更新する写真ねぇぞ~


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


【拡散希望】5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ
↑のこり4日となりました。 ぜひ皆様のご協力を!
プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
423位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
140位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。