スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NGC7000 北アメリカ星雲(部分) North America Nebula

ガラッド彗星のあとR200SSで撮影した北アメリカ星雲(拡大 部分)です。

2011.7.30 1:46~3:22  600sec.×9枚のうちから3枚  EOS kiss D(改) ISO 800 LPS-P2 FF 
Vixen R200-SS Celestron Advanced-GT Mizar GT-68+Qcam S7500+GuideMaster
Deep Sky Stacker Adobe Photoshop CS


なるべくベタッっとした表現にならず透明感が出るよう、様々な色が出るように注意しましたが・・・
う~ん。 一見良く撮れているようには見えます。
まだまだアラが目立ちます。(それがわかるようにいつもより大きめの画像を置いておきますね)
結構気合を入れて臨んだつもりですが、なかなか現実は厳しいです。

10分露出で9枚撮ったうち、使えたのは3枚のみ。 歩留まり悪すぎ。
この日のオートガイドは十数分に一回、赤緯側が3~4秒角くらいポンッと飛ぶ現象が起きました。
いつもはそんな事がないので、鏡筒のバランスなどの問題でしょう。


それと初代コマコレクターを使用していますが、周辺星像は収差がやはり残ります。
中心から放射状に流れているので、収差でいいのでしょうか。 これが極軸合わせの不良や、ガイド星を写野から外れた星から選ぶと、北天グルグルみたいな回転する方向に流れる-でいいのでしょうか?

収差だとすると、もう一枚レデュサーのようなものをかますか、あとはモザイクで良像部分を使用し、全体として流れを目立たなくする-でしょうか。


先ずはガイドをきちんと成功させなければ話にもなりませんね。
計90分が全部重ねられたらもっと荒れも目立たなかったでしょう。
大体、赤緯方向に頻繁に修正が入る時はあまり良い結果は出ません。


まだ簡単な改善の余地が残ってます。 これが「もうできる事は全てやったけど上達しない!どうしたらいいかもわからない!」と悩む時からがスタートライン。 まだそれにさえ届いてません。
天体写真ってなかなか一朝一夕には上手くならないですね(^ω^;)

だからこそ面白いのですが。。。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

ガラッド彗星 C/2009 P1 (Garradd)

昨夜はスッキリ晴れたのでリベンジしに行ってきました。

やっとガラッド彗星の姿を見ることができました。 写真の綴りが[Garrad]になってますがご愛嬌(^ω^;)
後で修正して差し替えておきます。

2011.7.30 1:04 60sec. EOS kiss D(改) ISO 3200 LPS-P2 FF 
Vixen R200-SS Celestron Advanced-GT Mizar GT-68+Qcam S7500+GuideMaster
Deep Sky Stacker Adobe Photoshop CS

ロシアンファームのISO3200で1分の露光なので、荒れまくりですが取り急ぎ。 1600 1分で10枚ほど撮ったので暇なときに彗星核コンポジットでもやってみます。

ペガサス座のε星エニフの側に、5cm7倍のファインダーでも薄っすらわかるほどでした。
結構増光しているのではないでしょうか。
テイルが下方に伸びているのがわかります。 これからが楽しみな彗星です。


また曇るのが嫌だったので、近場での撮影にしました。
昨夜はなかなか空の状態もよく、スッキリ晴れ、おまけに新月期だったので、もう少し空の綺麗な所まで足をのばせば良かったと後悔。
正に「羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く」とはこのことですね。


※ガラッド彗星(ギャラッド彗星)の位置情報コチラのアストロアーツさんのページにて



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

初陣は飾れず M54・M55参考画像

昨夜は晴れそうだったので撮影に。
目標はkiss DNのデビュー、北アメリカ星雲をR200SSで拡大アップで撮る、ガラッド彗星、NGC7293らせん星雲など。

しかしながら雲が多く、辛うじて赤道儀を据付けると全天雲に覆われてしまいました。
そして何故だかずっと何時間も射手座~山羊座の部分だけが雲が少ないという珍現象。

kiss DNにzenitar16mmを装着しましたが、そう言えば前にLPS-P2をつけるのを前提に無限遠調整をしていたために、LPS-P2なしでは無限遠のピントが出ません。 LPSフィルターは旧kissDに装着しピント合わせも済み、いつでも北アメリカを撮るべく待機させていました。

南斗六星のヌンキでR200のピント合わせを行ってます的な画です。  ノーマル機でも結構天の川出ますね。  何故かずっとこの部分だけ晴れ。 しかしこの領域を撮るには小さな雲が通過し過ぎ。
またゼニターの無限遠調整しないと。。。
結局明け方まで晴れるのを待ちましたが、状況は変わらず。 ガラッド彗星のあるペガサス頭部付近も晴れる事はなく、見事撃退されて帰ってきました。



先日の球状星団祭りの続き。
M54とM55を撮りましたが、南天低く条件が悪すぎてガイド星すら見つかりません。
仕方ないのでISO3200 30秒×数枚で撮った参考画像です。

M54 非常に小さく密集度の高い球状星団で、恒星状にしか見えません。 私もこの写真を撮ったとき、彗星か何かかと思いました。
M54B_700px.jpg

拡大画像 僅かに周辺が星に分離しています。
M54B_700px2.jpg


M55 これを写っていると言ってよいのか。 割とバラけて均整の取れた形です。
M55.jpg


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

よーやくノーマル機

球状星団祭りも中だるみなので-

やっと、やっとノーマル機を買いました。EOS kiss Digital N
2005年発売ですから6年近く型落ちです。
赤外カットフィルター置換デジでも、マニュアルホワイトバランスで一般写真も撮れない事はないのですが、いちいち光源を気にしたり、状況によってはどうやっても色がおかしくなっていました。


動作未確認ジャンクという事で、オクで破格でした。 
「バッテリー1個つき、シャッターは切れてます。 しかしレンズやメモリーを入れてのテストは環境がないためしていません。 その辺りの不具合も含めてご理解いただける方のみ・・・」

怪しい。 超絶怪しい。 リサイクル屋さんの出品だったのですが「いや、いや、あんたのとこレンズもCFカードも中古品めっちゃ売ってるやん。 テストできるでしょ」って感じでした。

商品到着後、レンズとCFカードを装着してテスト。
CFカードエラー「ERR CF」の表示  (ノ∀`)アチャー

カードスロットを見ると、接点が一本グニャリと曲がってます。
t-HI380965.jpg

何とかして元通りに直さねば
t-HI380961.jpg
裏ブタを外してもスロットは遠いなぁ。 他のところを外していくと、組上げてもAFの調整とか面倒臭い事になるし・・・

ピンセットで慎重によっこい正一、どっこい正一と曲がった接点を起こしていたら・・・

ポキッ!!

やってもうたorz 接点一本折れました-ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!

「あーあ。 ジャンク箱行きかな?」 試しにカードを挿入すると、

正常起動しましたぜ キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!! 一本位折れてもええんやー
t-HI380964.jpg
一応機能を殆ど確認、モーマンタイあるよ!( `ハ´)

バッテリーの残量が無くなり、初代kissDとはバッテリーの形状が違うため充電できません。+と-の位置も逆。
なので・・・強引ですが、
t-HI380962.jpg
少し位電圧違ってもモーマンタイあるよ!!  充電してるあるね もう色々滅茶苦茶あるね!私の人生ずっとこんな調子アルネ! でも何故か不思議といつも結果オーライね。 神様に感謝するよろしアル( `ハ´)

もちろん予備バッテリー&充電器注文中です。

これで一般撮影は勿論、改造デジで直焦点で星雲・星団撮りながら、星野写真撮ったり、比較明撮ったりできます。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

や座の球状星団 M71

や(矢)座にあるまばらな球状星団M71です。
や座は夏の大三角形の中にありながら明るい星がなく、全天で3番目に小さい地味な星座ですが、4個ほどの星がきれいに矢の形に並んでいるので、空の暗い所なら見つけやすい星座です。


2011.7.24 1:36~1:49 60sec.×2 120sec.×4 EOS kiss D(改) ISO1600 LPS-P2 FF 
Vixen R200-SS Celestron Advanced-GT Mizar GT-68+Qcam S7500+GuideMaster
Deep Sky Stacker Adobe Photoshop CS


前述の通り、球状星団としてはかなりまばらで寂しい感じです。 実際発見当初は、密集度の高い散開星団とされていたようですが、天文学的な裏付けがあって後に球状星団となった経緯があります。

と、いう事は両者には明確な違いがありそうですね。
調べてみると、球状星団は銀河系形成段階で、銀河系の中に入り損ねた言わば「銀河系の残りカス」。散開星団は銀河系形成後のバラバラな時期に生まれた星の集団であるようです。

ノートリミング画像
s-M71aB_900px.jpg



今日はもう一つ
ヘラクレス座の大球状星団 M13です。
本当はオートガイドでもっと長く露出をかけたかったのですが、すでに西の空に傾きかけていて、空の状態が悪く、側の6.8等星がガイド用WEBカメラに写りませんでした。  それ以外だと結構離れた3.5等星のη星までガイド鏡を向けなければならず断念しました。 
s-M13bC_900px.jpg
2011.7.24 1:18~1:31 30sec.×7 EOS kiss D(改) ISO1600 LPS-P2 FF 
Vixen R200-SS Celestron Advanced-GT ノータッチガイド
Deep Sky Stacker Adobe Photoshop CS



最近撮った色々な星団を1枚にまとめてみました。
露出時間や処理が違うので、単純比較にもなりませんが一応(^ω^;)
Culuster.jpg

まだ入るスペースがありそうですね。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

M11 たて座の散開星団 NGC6705 野鴨星団

たて座にある散開星団 M11(NGC6705)です。
さとうさん、いっこうさんも撮られていたので撮りたくなった対象です。
野鴨星団・または星雲(淡く星雲状に見えるため)英語では"The Wild Duck" と呼ばれています。

「球状星団祭りじゃなかったの?」と言われそうですが、まぁまぁ…いいじゃないですか。
それにしても目の痛くなるような写真です。

2011.7.24 0:51~1:10 60sec.×4 120sec.×2 180sec.×2  EOS kiss D(改) ISO800 LPS-P2 FF 
Vixen R200-SS Celestron Advanced-GT Mizar GT-68+Qcam S7500+GuideMaster
Deep Sky Stacker Adobe Photoshop CS



散開星団としては、密集度の最も高い部類に入ります。
昨日の球状星団M22と比べても、密集度はM22のほうが高いですが、大きさは同じくらいで非常に美しく、見栄えのする天体です。

ss-M11aB_900px.jpg

今度紹介する予定の、や座のM71は球状星団としてはかなりまばらな天体です。
【球状星団】と【散開星団】の明確な定義分けって何なんでしょうね?
 
画像処理の違いのせいもありますが、M22と比べると、白や青の若い星が多いのがわかります。
球状星団は古い星で構成されるのが多いので、この辺りも関係してくるのでしょうか?

ご好評につき、大きさ比較画像です。
s-Moon_M11_M22.jpg

こうしてどんどん重ねていくと、月の周りが星だらけになってしまいます(^ω^;)
一見M11のほうが大きく見えるのですが、データ上では
『M11 光度 6.3等 視直径 12' 距離 5,500光年』
『M22 光度 5.9等 視直径 17' 距離 7,800光年』
とM22のほうが見かけの大きさが大きいんですね。



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



収穫時期を逸した

祭りの途中ですが、速報です。

ウチのゴーヤの一番果、見たらもう橙色に変色してました。
前日見たときにはまだ緑色でした。 たった一日で・・・

さわるとブヨブヨします。 これでは食用には適しませんね。 このまま放置しておけば種が採れるかな?
女性の拳大くらいです。 一番果はあまり大きくならないとは聞いていましたが、欲張って「大きくなれ~」と放置し過ぎました。

収穫時期の見極めって難しいですね。 どうしてもスーパーに並んでる大きなゴーヤをイメージしてしまってます。

触ったりイボイボの状態が判断ポイントかな?
他の実は気をつけます。 

↓どちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログへ

M22  射手座 大球状星団

昨日の宣言通り、球状星団祭り開催です。

最初は射手座にある大球状星団 M22です。

2011.7.24 0:26~0:46 60sec.×4 120sec.×2 180sec.×2  EOS kiss D(改) ISO800 LPS-P2 FF 
Vixen R200-SS Celestron Advanced-GT Mizar GT-68+Qcam S7500+GuideMaster
Deep Sky Stacker Adobe Photoshop CS


ここに来られる方はご存知の方が多いのですが、一応説明を-

約7万個もの星の集まりで、数ある射手座の球状星団の中で最も美しいと言われます。
距離は約1万光年  楕円率は0.8とややいびつな形をしています。
光度は約6等、空の暗い所なら肉眼でもモヤッとしたのがわかるそうです。
大きいので双眼鏡や、ファインダーで簡単に見つかります。


少し強めの処理をした拡大トリミング画像です
s-M22bB_LOD_900px2.jpg

ブツブツ恐怖症の方はグロ中尉です(もう遅いか)


「大きい」とは言っても上の写真では比較の対象がないので、よくわからないですね。
昨日の月と合成してみました。 光学系は同じものを使用しているので大きさの比較にはなります。
s-M22_072400B900px.jpg

月と比較すると、その大きさがわかります。
M22は黄道の近くにあるので、実際に月や惑星が稀に接近しますが、写真のようになるかは??です。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

3日連続3回目の出場なるか?

昨夜はやや薄雲のようなものがかかっているものの、概ね晴れ。
しかし、GPVでは夜半過ぎより雲が多くなるとの予報。
23時半には月も出る。条件は良くない。

帰宅後、食事を済ませ雲の様子を見ながら待機。
雲が多くなる気配はないが、きっとまた行くと曇るに決まっている。
2度あることは3度あるのだ。

心の声が聞こえる


面白くないので飲みに行く事にした。 歩いて5分程の飲み屋。 ぶらぶら歩きながら空を眺める。
昨日カンパリの話を書いて飲みたくなったのだ。

「まだ晴れてる・・・」
このまま飲みに行って、ずっと晴れだったら後悔するだろう。
一路反転、撮影に行く事に。


撮影場所はあまり遠くない郊外。 月が昇る影響を抑える為、東側が高い木に隠れる場所を選んだ。

赤道儀の設置などをしていたら月が出てきた。 
時間を追うごとに月明かりで星が消えていったが、撮影は好調。
先日削った赤緯クランプのお陰かな?

球状星団祭りとなりました。 暫く似た画像が続きます。ご勘弁を。
写真は明日から公開。

今日は夜明け前に撮った月の写真で締めます。
明日からの球状星団との大きさの比較に使えそう。
s-0724002_22_6_6_4_1B.jpg
ノートリミング
7/24 3:42~44 EOS kiss D(改)  Vixen R200SS 直焦点  1/60~1/100多段階露出×10枚をRegiStaxで合成 ISO 100  


ss-0724002_22_6_6_4_1B.jpg
トリミング画像
月面写真の場合は、月の北を上にするべきですかね?

結局一度も雲に覆われる事はなかったのです。
やはり自分の勘を大事にしないといけないですね。
 

↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

気だるい夏の午後

写真ブログなのに写真がない
そんな時の為にこのコーナーを用意したんだっけ。 忘れてました。 ショートストーリー仕立て

---------------------------------------------------------------------------------------------

気だるい夏の午後 
どんな気休めでもいいから爽やかな飲み物が欲しくなる
午後5時 本格的に酔うにはまだ早い



そんなときに僕の味方になってくれるのはカンパリ
氷を入れたグラスに注いでソーダかペリエで割ってしまおう

「レモンかライム、オレンジ、シークワーサー、ユズでも何でもいいよ とにかく 柑橘をスライスしてくれ」

「他のはともかく柚子は季節じゃないよ」マスターが笑う

僕は出されたレモンスライスをそのままグラスに入れる

「絞らないの?意味無くない?」 隣の女の子が僕にたずねる

「あぁ、絞らないのさ。 でもどんな些細な事にも意味はある-」

t-IMG_9167B_900px.jpg

「ん」彼女は僕の答えを4秒だけ考えてから「冷凍庫につく霜にも意味はあるの?」と訊く

「勿論ある。世界中の冷凍庫が霜を庫内に閉じ込めて、この世を霜だらけにするというペンギンの陰謀を防いでくれている」

「あなたって本当にバカね」 彼女は呆れたように窓の外を眺める


真っ赤なグラスの中では気泡がプチプチと音を立てて弾ける

何も起こらない 気だるい夏の午後

-------------------------------------------------------------------------------------------

読んだら少しは涼しくなったでしょうか。
↓どちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログへ




プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
555位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
190位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。