スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クマさん 森へ帰る

季節は駆け足で移ろいでゆく。 沈んでいく大熊座(´・(ェ)・`)

2011.04.29 1:36~2:06  13sec.×66file
Canon IXY Digital10  f5.8mm  F2.8 ISO400
SiriusCompで比較明合成 Adobe PhotoShop CS


長い間、北天を悠々と闊歩していたクマさんも、少しづつ森へ帰る準備をしています。
実際には撮影中ずっと鹿が『キョッ! キョュ!』と鳴いていました。
そういえば「鹿」って星座にないですね。 メジャーな動物な気がしますけど。

替わりにカシオペアが明け方に姿を現します。
カシオペアが嫌いな訳ではありませんが、何だか秋を感じてしまいションボリしてしまいました。


星座線を入れるとこの様に。 赤い線は北斗七星
hokutoB_filteredB.jpg


早い時間だと秋口くらいまで見れるのかな?
遅い時間の天体撮影はどうも季節感が狂ってしまいます。

↓どちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村



<HOME>

スポンサーサイト

久々の出動

昨夜は穏やかに晴れたので久しぶりに天体撮影に行ってまいりました。

仕事を終え帰宅したのが22時
食事を済ませ、機材を準備し、出発したのが23時半
撮影地に到着したのが0時半
機材のセッティング&オートガイドの設定に1時間程かかり、本番の撮影を始めたのが2時前…

4時半には明るくなりはじめる
本当に薄明が始まるのが早くなってきましたね。
考えたらもうすぐ5月。夏至は6月なので当然と言えば当然。

撮影枚数が少ないので小出しです(汗)

帰り際、朝焼けの空に浮かぶ月齢26の月 by IXY


本日の成果は
『くじら銀河』-3分×32枚の予定が、薄雲に阻まれ、そうこうしてるうちに高度が低くなってしまったので20枚程度

『さそり座北部』-NIKKOR 135mm Qで撮影するつもりが、マウントアダプターを忘れてしまい、急遽Zeissの135mmで

あとはいつものIXYでの固定撮影×数カット

もう時間との勝負な季節

s-IMG_5792.jpg
現在お仕事中ですが、強烈な睡魔に襲われております。 まだ2時じゃねぇか。
カフェイン耐性がないのか、眠眠打破で結構眠気が覚めます。 
因みに常盤薬品と常盤薬品工業は全く関係の無い別会社です。

本日からGWなので、サービス業のかたくちとしては忙しい筈なのですが、お客さん少なっ! いやビックリするほど。
震災後、3月後半位からずっとこのノリです。 忙しいとパッと眠気も覚めるのですが。
いや~気持ちはわかるのですが、消費してくれー お店潰れるお。
昨対比10%~20%引きは当たり前! マイナス50%とかもちらほら聞きますねぇ。。。
負のスパイラルに嵌ってますね。 暢気に撮影してる場合じゃないかもHa,Ha,Ha


↓どちらか一押ししていただけるとうれしいです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



<HOME>





クリーニングキットO-ICK1 清掃の実際

ちょっと更新サボりました。

先日ご紹介したPENTAX イメージセンサークリーニングキットO-ICK1

「プロも絶賛!ペンタックスのサービス部門でも使用しています」 これは相当の自信

カメラのメニューから『撮像素子の清掃』を選択しミラーアップ。 バルブモードではやっちゃダメだそうです。
sf-HI380868bn.jpg
オレンジ色の部分を撮像素子に軽くペタンと押し当て、ゴミを取っていきます。
一度ペタンと押しあてたら、付属のクリーニングシートで取ったゴミを移していきます。
シートを使う場所は、そのつど変えて。でないと折角取除いたゴミがまた撮像素子についてしまいます。

四隅は少々難しいですが、慎重にやれば大丈夫です。

前回のコレが・・・・
s-IMG_8709.jpg
  ↓   ↓
s-IMG_8826c.jpg
一度の清掃でここまでキレイに
まだ少し残ってますね

2回目
s-IMG_8832c.jpg
どうしても取除けないゴミはCMOSとクリアガラス(このカメラはローパスを取り外しているので、通常ならローパスフィルター)の間に挟まったゴミの可能性があります。
これを取除くには、カメラを分解しないといけないので厄介です。

でもここまでキレイになれば実用上十分でしょう。

クリーニングシートがなくなるまで使用できます。


こちらはGW期間中は曇ったり、晴/曇で快晴というわけにはいかなさそうです。
せっかく月が小さい時期なのになかなかうまくいきませんね。
そう考えると、天体撮影に最適な夜なんて一生の内にそう多くはないのかも知れません。

今夜晴れるといいなぁ



↓どちらか一押ししていただけるとうれしいです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



<HOME>


またもや日の隈山へ ジャンクレンズテスト

4/5に日の隈山で撮ったこの写真を見て、地平線が見えているので、大気の条件が良ければひょっとしたら南十字星のγ星ガクルクスが写るかも知れない-と考えた。


昨夜のこの地でのガクルクス南中時刻は22時45分。 仕事を済ませ急いで日の隈山へ。

しかし、山頂の公園にたどり着くと何だか靄がかかっている。早い時間は公園の水銀灯が明々と照らしていて、星が全く見えない。唯一見えたのは天頂付近に見えるアルクトゥルスだけ。
超誤算。どの方向が真南かわからない。
仕方なくテストを兼ねてココだ!と思う方向を適当に撮ってみた。
s-hinokuma_compB.jpg
前回に続き見事に東寄り。 肉眼で見えなくても写真なら数個は星が写っている。
しかし上と比べると雲泥の差

さそり座の頭の部分からケンタウルスの左側までが写っているようだが、星の位置からしてガクルクスは本当に地平線スレスレしか昇って来なさそうだ。 思っていたよりずっと厳しい。

まぁ、諦めずにまた行ってみます。


ついでに先日のジャンクレンズSIGMA 70-300mm 4-5.6 DL MACRO SUPERの試写。
s-IMG_8812.jpg
300mmで遠景を撮影。 絞りは変更できないので開放、露出は10秒  ISO 800
周辺にかけてやはり像が扇状に歪む。 でもこんなものじゃないかな? それより問題はピント。
300mmは超極薄ピント。 マニュアルで合わせて手を離すともうズレる。
ん~長時間の撮影など出来るのであろうか。


↓どちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村



CCD・CMOS上のゴミの確認の仕方

以前撮ったM33の画像 
赤い矢印のところに大きなドーナツ型の陰が写りこんでます。
バックに濃淡があるのではなく、撮像素子のCMOS上に付着したゴミが写り込んでいるのです。

特に強調処理をする天体写真では、こうしたゴミの濃淡まで強調されてしまいます。


自分のカメラのCCDやCMOS等の撮像素子上にゴミが乗っているかは、次の方法で簡単にわかります。
色々なところに書かれているので、ご存知の方は読み飛ばしてください。 
ドヤ顔で解説致しますので、お気を悪くせぬよう。

撮影モードをマニュアルにして、レンズの絞りを最大まで絞込み込みます。
下の例だとF32まで絞り込んでます。
s-HI380865gb.jpg
ピントはマニュアルで無限遠に、露出は数段撮るつもりで、白い紙や空、シーリングライトなどを撮影します。
この時露出中にカメラを少し動かせば、紙に付着しているゴミと混同することはありません。

s-IMG_8709.jpg
矢印のところ、全部ゴミです。 一般撮影でもF8以上に絞るとゴミが写り込みやすくなります。

これを取除くには、カメラ会社のサービスに出して清掃してもらうか、自己責任の上でイメージセンサークリーナーを購入して自分で掃除するしかありません。

サービスに出しても、1000円とか、送料のみとか、保障期間内は無料とかのレベルですが、その間カメラがないのもちょっと。。。
各社から販売されていますが、このPENTAX イメージセンサークリーニングキットO-ICK1は評判いいみたいです。

「PENTAXのペッタンペッタン」と私は呼んでいます(どうでもいいか)

清掃についてはまた今度。

清掃したら、『できるだけゴミを入れない』工夫は必要です。
s-HI380864v.jpg
この様にレンズ交換の際に下を向けて交換するだけでも違います。 
風があり埃が舞うような日や、海辺ではなるべくレンズ交換しなくて済むよう、28-200mmなど倍率の大きいズームレンズを使用するのもいい方法です。

あと、スプレータイプのブロアーで撮像素子を吹くのは厳禁だそうです。最悪の場合曇ってしまい、数万円かけて交換となります。

ハンド式のブロアー(シュポシュポ)もやるとかえってゴミが付いたとかたまに聞くので止めておいた方がいいかも知れません。

↓どちらか一押ししていただけるとうれしいです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



<HOME>

一本桜をプルプルGIF化

ネタが思い浮かばないので、先日のこの一本桜の写真を立体化してみた。
s-IMG_8597B_900px.jpg

交差法です。 ん~目が痛くなる



プルプルGIF化
asai.gif
桜は良く立体化できたと思うけど、地面や遠くの木が動いちゃダメでしょ。
やっぱり擬似的に立体化するのは中々難しいようで、私の技術不足です。

↓一押ししていただけるとうれしいです(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




<HOME>



自動導入の味方 POCKET SKY ATLAS

今日は星図のご紹介
Sky&Telescope's編集の『POCKET SKY ATLAS』

私の使ってるセレストロンのAdvanced-GTやケンコーの自動導入赤道儀のアライメント星を導入する際、表示される英語の星の名前が分からない時があります。

去年の秋だったかな。一発目に「Menkalinanを導入して下さい」的なメッセージが度々。「メンカリナン? なんじゃそれ?」
一応望遠鏡はぎょしゃ座の方向を向いているが、一体どの星なのか… 
「何故一番明るいカペラを薦めない?」レンホウさんもビックリの2番推し。

あと、ペルセウス座のα星と言えばアルゲニブ(Algenib) でも英語圏ではミルファク(Mirphak)の方が一般的らしいです。
s-IMG_7207.jpg

耐水ペーパーで夜露もなんのその。さっと開けるリング製本、7等星までの表記、大きな星雲の形まで表示してあり非常に使い易いです。
s-IMG_7203.jpg

このSKY ATLASは巻末に星や星雲・銀河・星座等の索引が載っているので便利です。
s-IMG_7204.jpg

巻末索引はメシエ・NGC・ICやカタログとしてはマイナーなカルドウェル天体(Caldwell Object)など
B5位の大きさで、全天を80ページに分けてあるので、全天を見渡しながら星座の形の確認等には使い難いですが、ファインダーや双眼鏡で天体を探すには丁度いい大きさ。 

しかもAmazonで1588円というお安さ。 愛用してます。


↓一押ししていただけるとうれしいです(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブロ村お気に入り



<HOME>





Huis Ten Bosch

親父とお袋が長崎県大島の温泉でのんびりした帰りに、ハウステンボスに行ってきたとの事。
夫婦水入らずでいいですな。 生憎の天気で寒かったらしい。 以下親父の撮った写真です

ハウステンボスは佐世保市近郊にあるオランダの街を模したテーマパーク。 チューリップがきれい。
きっとオランダ人から見たら「外国人が作った日光江戸村」みたいな感じなんでしょうね。
テーマパークなんですが、「一つの街として作る」をコンセプトにしている為、バックヤードの様な舞台裏がないのが特徴。 
資材の搬入も専用のクラシックカーなどで統一しています。

s-DSC02202b.jpg
オランダと言えば風車 木靴 チーズ 運河 スナイデル

s-DSC02014b.jpg
やっぱ花は太陽の光の下での撮影が一番だわ

s-DSC02077.jpg
ホテルヨーロッパの所かな このホテルのチェックインは運河をボートで行って入るらしい。 
少しお金を出して眺めのよい部屋から見る夜景や花火が良いとか。

s-DSC02056.jpg
何故にONE PIECEかというと、そういう催しがあってたらしい。

s-DSC02031b.jpg
花に齧り付いてます。 おちゃめすぎる。

s-DSC02046.jpg
いい所なんですが、ねずみーらんどの様にリピートしたくなるコンテンツが無いのが痛いところ。
近年は中国や韓国の旅行者を積極的に受け入れてた様ですが、原発の不安からか少なかったそうです。

たまにはこういうのもいいかなーと

↓一押ししていただけるとうれしいです(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




<HOME>





SIGMA 70-300mm 4-5.6 DL MACRO SUPER

月も大きくてネタがないので少し前にジャンクで手に入れたレンズを。800円だったかな?
SIGMA 70-300mm 4-5.6 DL MACRO SUPER  一世代前のレンズですね。
10群14枚 なかなかズッシリときます。

2000年頃の製品で、レンズの中のROMチップがデジタル時代のEOSに対応していないので、kissデジに装着するとエラー表示が出ます。 銀塩のkissⅢに装着するときちんと動きました。でもAFのモーター駆動力をギアに伝えるOリングが伸びているらしく、動作はゆっ~~くり。
経年変化で中玉にクモリが出ている個体が多いのですが、コレはレンズがすごく綺麗でした。
s-IMG_7457.jpg
K's starlit skyのさとうさんから教えて頂いた方法で電子接点にテープを貼れば、フォーカスマニュアル、絞りは開放のみでkissデジにも使えます。 どうせ星がメインなので、AFが効かないのは収差がどうだとか言わなければあまり困りません。

s-IMG_7461.jpg
300mmではマクロスイッチを切り替える事で1:2の接写が可能です。 このスイッチ一つでマクロ-標準に切り替わる機能はどうなっているんだろう?といつも思います。

s-IMG_7459.jpg

数年前の情報ではシグマに出せば新型のROMに交換してもらえたようですが、果たしてそこまでする価値のあるレンズかどうか…

同時期併売されていたAPO(特殊低分散ガラス)使用のAPO MACRO SUPERだと青ハロが少ないとか。
現行のDGだとコーティングが見直され、フレア等が出難いそうです。

今度コレでM8、M20を撮ってみようかと思ってます。


↓一押ししていただけるとうれしいです(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブロ村お気に入り



<HOME>



微速度撮影の頂点

ノルウェーの写真家Terje Sorgjerd氏が、スペインのカナリア諸島で最も高いテイデ山(3715m)で撮影した微速度撮影された天体映像が少し話題になっています。



動画はこちら  カクカクしちゃう方はHDをクリックしてOFFに

The Mountain from Terje Sorgjerd on Vimeo.



撮れるのは感覚的に分かるのですが、物凄い透明度なんでしょうね。もはや現実感のないレベル。
1カット露出30秒位でしょうか。 たった1カットが自分が撮ったガイド10分×数枚コンポより凄い件。
どうなってるんだろこれ?
夜が明けるシーンでは露出のコントロールはしているのでしょうか? 

この方のオーロラの映像も素晴らしいです。

The Aurora from Terje Sorgjerd on Vimeo.




外人さんってTime Lapse映像って好きですよね。
私が今までで一番感銘を受けたというか衝撃的だったのは、カリフォルニアのフィルムメーカーBrad Kremer氏の「速く」

Hayaku: A Time Lapse Journey Through Japan from Brad Kremer on Vimeo.


ぜひフルスクリーンHD画質で見て頂きたいです。


他人のふんどしで記事を書いてしまいましたが、こうして並べてみると凄い迫力。
自分の写真がいかにお子様レベルか思い知らされます。


↓一押ししていただけるとうれしいです(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブロ村お気に入り



<HOME>



プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
288位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
97位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。