スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

INSPIRON1300 CPU換装

オートガイドに画像処理に活躍してくれているDELLのINSPIRON1300ですが、2005年後半発売品とあってもはや非力と言ってもいいほど。
少しでも早くなればと思いCPUをのせ換える事にしました。

現在のCPUはsocket479のIntel®CeleronM 360 1.40GHzプロセッサー
調べてみるとマザーボードのチップセットがFSB400MHzのIntel®910GMLとFSB533MHzのIntel®915GMへの移行期だったらしく、同じ製品で2種類のチップセットが売られていたようです。

私の使っているPCはFSB400MHzのモデルだったようで、のせ換えるCPUもその中からの選択です。
1.8GHzの745、2GHzの755という選択もありましたが、発熱等問題がありそうだったのでおとなしく1.7GHzのIntel®PentiumM 735にしました。 既にオクで1500円程度と安価なのも魅力。

L2キャッシュが1M⇒2Mにかわるだけでも効果ありそうです。


本体裏のファン横のカバーを開けると、ヒートシンクが見えてきます。

ヒートシンクを留めている4本のスプリングつきネジを外します。

これは既にCPUをのせかえてシリコングリースを塗っているところですが、CPU左のマイナスネジを緩めればCPUが外れる状態になります。 これはグリス塗りすぎ
s-IMG_7381.jpg
左手一本でデジ一難しすぎ。

左がCeleronM 360 1.40GHz、右がPentiumM 735 1.7GHz
s-IMG_7379.jpg
ヘラか葉書などの固い紙を使って余分なグリスを取除き、薄っすらと平らになるようにします。
ヒートシンクに固着した古いグリスも綺麗に取除きます。 冷却効果が全然違います。
あとは元に戻すだけ。

さて、緊張の電源ON
CrystalCPUIDを使ってみてみます。

左が換える前、右が置換後  赤丸部分がかわってます。
2011y03m31d_123819593.jpg
見事成功した模様です

しかしMobileMeterでみてみると
2011y03m31d_124238703.jpg
何やら1.7GHzになったり600MHzになったり1.0GHzになったり安定しない。
これは不良品を掴まされたか?と思いきや…

調べてみるとPentiumMプロセッサーは省電力のためにクロック周波数が変化するとの事。
負荷をかけた時にだけ1.7GHzで動作するようです。

シリコングリスを塗り替えたせいもあって、50℃~60℃だったCPUの温度も50℃以下で安定。 動作も体感できるほどに速くなりました。
カクカクしていたHD規格の動画もサクサク 

めでたしめでたし

↓一押ししていただけるとうれしいです(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブロ村お気に入り
 


<HOME>



スポンサーサイト

星と黄砂と時々kenko DUTO

今日はおもいっきり黄砂のようです。 冬に撮った写真(左)と本日
土手に菜の花が咲きいい感じなのですが、青い空はなく山が見えません。 酷い日には視界1km以下になります。 

こんな日が続いて天体写真どころではなくなります。 中国大陸に近いのも考えもの。 黄砂にも有害物質や放射性物質が含まれているとか。 まさに前門の放射能 後門の黄砂


さて前回の撮影 何がダメだったかと言えば
s-IMG_7177B.jpg
手前に写っているNikkor-H 28mm F3.5のレンズと

安かったのでオクでポチってしまったkenkoのデュート
s-HI380859sa.jpg

同社のソフト系フィルターの中では一番効果の薄いものですが、同心円状のパターンでソフト効果を生むものなので、星のような点光源には向かないと言われています。 
s-HI380860s.jpg
知ってて買うのも馬鹿ですが、何事もやってみないと。

おとめ座付近を撮ってみたのです
s-virgo_duto_nikkor28mmB.jpg
確かに輝星が滲むのですが、放射状の収差が凄い

中央少し下の輝星が土星  下のスピカはまるでバーティノフマスクの星像です
ss-virgo_duto_nikkor28mmB2.jpg

あまりにも酷かったのでデュートを外してみました
s-virgo_nofil_nikkor28mm.jpg
改善されるものの、放射状の収差は収まらず。(クリック拡大でよくわかります)原因はフィルターよりレンズ。
これでも5.6に絞ってます。これではちょっと星野写真には使えないかな。レンズの個体差かも

すべてを満たす完璧なレンズなど有り得ないのですから、レンズが悪いというより、「デジタルでの星の撮影には向かない」というだけです。 適材適所はどこの世界でも同じ。どうしても使いたいならシフトさせながら撮って合成するしかありません。

対角魚眼~超広角が欲しい。


↓一押ししていただけるとうれしいです(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブロ村お気に入り
 


<HOME>





  

沈む星 昇る星々

昨日の記事の失敗写真を撮っている間に放置していたコンデジ

2011.03.28 1:18~2:09  13sec.×114files  Canon IXY Digital10  f5.8mm  F2.8  ISO400
Sirius Compで比較明合成 Adobe Photoshop CS Neat Imageでノイズ除去


西側 久留米の街に沈む星 久留米は人口30万ほどの小さな市ですが、かなり明るいです。
ピント設定を「遠景」にしているのに何故か星がピンボケ。
それにしても星が少ない。中央の黄色い星はうみへび座のα星アルファード、上の水色の明るい星はしし座のレグルス(たぶん)


一方東側は
s-20110328IXY_2B3.jpg
2011.03.28 2:10~3:16  13sec.×146files  Canon IXY Digital10  f5.8mm  F2.8  ISO400
Sirius Compで比較明合成 Adobe Photoshop CS 


昇りくるさそり座  赤と言うかオレンジの星がアンタレス。さそり座の「S」のような形がわかる。
こちらはピントでている。 Exif見ても設定は変わっていない。 ん~不思議


このキャノンのIXY デジタル10の撮像素子は5.7mm×4.3mmの1/2.5型CCDで、APS-CサイズのEOS kissの約14分の1の面積しかないです。 36mm×24mmのフルサイズ機と比較すると何と50分の1。
カメラを購入するとき「画素数」ばかりに目がいってしまいますが、画質の差は歴然。 撮像素子の大きさはとても重要です。
しかも縦横比は3:2ではなくて4:3 普通の写真より縦が長くて正方形に近くなります。

最近流行のミラーレス一眼はどうなんでしょうか? ちょっと気になります。


↓一押ししていただけるとうれしいです(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブロ村お気に入り
 


<HOME>




我ながらこれは酷い

昨夜は久しぶりに撮影に。場所は1月に雪で車がスタックした山
震災後初めての撮影。 何のかんの言ってもやはり気分的に撮りに行く事ができなかった。

仕事を終え、2時半頃月が出る予定なので慌てて準備して出かけたら、高速のジャンクションで道を間違えタイムロス。 到着後も何だか気ばかり焦って何もかも空回り  
何だか空が妙に明るい。靄が微妙にかかっている。黄砂かな?

最大の失敗は親父のニッコールレンズ28mmのぶっつけ本番と、LPS-P2 FFフィルターをつけなかったこと。
途中から「ちょっと光害酷いな」と感じてつけたけど時既に遅し。

使えない写真ばかり連発。28mmは全然ダメ! この写真も8枚重ねるつもりで撮って使えたのは1枚! 歩留まり悪すぎ。

どうせ1枚ならと思い、大荒れになるのを覚悟で強調しまくり 何とか申し訳程度に出た。

2011 3/28 3:05~ 3:10  300sec.
Canon EOS kiss D Nikkor-Q 135mm F2.8⇒F4.0 ISO800/Vixen SuperPolaris 自動ガイド
Deep Sky Stacker Adobe Photoshop CS


さそり座のアンタレス付近 赤や黄色や青の「信号機エリア」とも呼ばれる色とりどりの星雲が美しい領域。おまけに暗黒星雲まである。 改造デジなので赤い星雲は簡単に写るようだが、青は難しそうだ。

しかしこのオルードレンズ ニッコールQ135mm/2.8で写せる事はわかった。
なかなか戦闘力がありそうだ。
次頑張ります。



↓一押ししていただけるとうれしいです(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブロ村お気に入り
 


<HOME>


Earth Hour

アース・アワー(Earth Hour)は、世界自然保護基金による国際的なキャンペーンであり、3月の最終土曜日に1時間電気を使わないイベントである。2007年にWWFのオーストラリア支部とシドニー・モーニング・ヘラルドにより行われたが、2008年から国際的にこのイベントが行われている。
世界中の人々が、同じ日・同じ時刻に電気を消すなどのアクションを通じて、地球温暖化を止めたい!という思いを示すイベント。

WWF Earth Hourのページ

今年は3月26日(土)20時半~21時半(日本時間)の1時間、世界中の参加国で電気が消されます。

去年日本でももやってましたね。今年は震災をうけて、節電の取組み意識がみんな高まっているのでぜひ皆さんで参加しましょう。 星がたくさん見えるかな?

もうすぐ20時半ですよ!




↓一押ししていただけるとうれしいです(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブロ村お気に入り
 


<HOME>

全国光害マップ

人工衛星がとらえた夜の世界地図

アメリカ、ヨーロッパ、日本など先進国はまるで光の国です。 インドが明るいのが意外な気がします。人口が多いせいでしょうか? それに比べ中国は都市部や沿岸部に人口が集中しているようです。

光害レベルを色分けしたのが下図
s-20110326b.jpg

見た事ある方が多いとは思いますが、有志の方が日本地図に重ねてわかりやすくしてくれてます。
明るい所から順に 白>赤>橙>黄>緑>紫(海上では青)>灰>黒というか無色というか

北海道
img20110326a.jpg
東北
img20110326b.jpg
南東北・北陸・関東・中部
img20110326c.jpg
関西・中国・四国
img20110326d.jpg
九州
img20110326e.jpg


空の明るさを簡単に数値化して測れるものにUnihedron社製国際光器さんなどで取り扱っているスカイクォリティーメーターがあります。 
計測値21でほぼ真っ暗、星以外の灯りがない状態だそうです。 このレベルだと手元も見えないそうです。

これまた各天文台や有志の方が各地で計測した数値をHP上で公開されています。
その数値を上の光害マップにプロットしていくと、光害マップはほとんど信用してよさそうです。

スカイクォリティーメーターは空の状態や計り方で、数値がかなり違った値が出るようなので、一概には言えず、マップ上の色の境目付近は実際にはかなり入組んでいるようですが、私の偏見では次のような値になるようです。

マップ上の赤≒SQM18.5~18.9 橙≒19.0~19.4 黄色≒19.5~19.9 緑≒20.0~20.4 青≒20.5以上 

異論は色々あるかと思いますので参考程度に。

この他標高1000mでは星の光度0.5等分よく見え、2000mでは0.8等、3000mでは1.0等余計に見えるそうです。
3000mオーバーの山は日本で11峰しかないそうです(汗)


私で言うと自宅が赤、機材のテスト等をする場所が橙、撮影するためよく行く山が黄色、足を伸ばして緑といったところです。 九州でも熊本・大分・宮崎の県境付近に紫色ゾーンが存在しますが、交通の便の悪いところなので私はちょっと時間的に行くのは無理です。

砂漠やアフリカや南米の高地で見る星空ってどんなんなんでしょうね。


KOIZUMI/コイズミ【光害対策ブラケット】AU 35029 L



お茶を飲んでるだけなのになんだか頭が良くなるマグカップ 地図記号 マグカップ DM2577




↓一押ししていただけるとうれしいです(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブロ村お気に入り
 


<HOME>

九州電力管内でも夏に停電の可能性



以下asahi.comの記事より
九電、玄海原発2、3号機の再開延期 夏に停電の可能性

2011年3月24日20時45分

九州電力は24日、定期検査で運転を停止している玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)2、3号機の運転再開を延期すると決めた。
東京電力の福島第一原発の事故を踏まえ、運転再開には地元の理解を得にくいと判断した。夏まで続けば、電力需要をまかないきれない可能性があるという。
真部利応社長が記者会見して発表した。2号機、3号機の順で来週から運転再開する方針だったが、転換した。「福島の事故が想定よりも長引き、支店に不安の声が届けられていた」といい、再開時期は「決まっていない。安全対策など国の新たな方針が出てから検討したい」とした。
原発の運転が停止し続ける間は、火力発電所をフル稼働して需要をまかなうが、5月上旬には川内原発(鹿児島県薩摩川内市)1号機も定期検査に入る。運転の見合わせが続けば、九電の電力の4割をまかなう原発計6基のうち半数が止まることになる。
原発3基の発電能力は262万キロワット。夏のピーク時の電力供給の約15%分に当たる。
火力発電ではカバー仕切れない見通しで、真部社長は「供給はおそらく足りなくなる。長引けば計画停電の可能性も否定できない」と説明。「現時点では生活に支障がない程度に節電をお願いしたい」と話した。

--------------------------------------------------------------

そういう流れがくるのではないか?と思っていましたが、やはりという感じです。
もちろん、東北・関東で被災している方々のことを想えば、この位のことは甘んじて受けます。
35℃以上を連発した去年の夏並に暑かったら、高齢者を中心に死者が出る恐れもありますね。

九州で沖縄を除いて一番暑いのは多分盆地の熊本。  福岡・佐賀等は高くても東京より1~2℃ほどで、湿度が高いので多少蒸し暑い程度。 鹿児島や宮崎は暑いけど割りとカラっとしています。

中国電力との電力融通能力は557万kWありますが、夏場は中国電力も厳しいかもしれないので、本当に停電の可能性もありますね。

今からボチボチアイデア出して準備していきます。


↓一押ししていただけるとうれしいです(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブロ村お気に入り
 


<HOME>

無料のPDF星図



近年はパソコン上で使う星図ソフトが高機能で使ってらっしゃる方も多いかと思いますが、PCを持って行かない観測や撮影にはやはり紙に印刷された星図が使い勝手がいいと思います。

もちろん星図は本として販売されていますが、なかなか高かったり、高いと色々書き込むのは躊躇したりしてしまいますね。

s-2011y03m24d_163359140.jpg

アメリカの天文サイトCloudy NightsからPDF形式の星図を無料でダウンロードできます。
コチラ⇒Free Mag 7 Star Charts  ※非営利使用のみ

白黒バージョンとカラーバージョンがあり、全天を20枚(おとめ座銀河団の拡大星図も含めると21枚)でカバー。
7等星まで表記し、メシエ天体と主だったNGC天体を網羅しているので実用上は十分です。

眼視で星座の形を追ったり、双眼鏡で観測する場合や、広角で写真を撮る場合など、あまりにも詳しくて分割数の多い星図はかえって使い難かったりします。
この位の分割数はとても使いやすいです。

私はこれを印刷して持っていっています。 夜露にぬれるので、水に強いインクと紙なら申し分ないですね。
まぁ、タダなのでダメになってもまた印刷できるし、好きなだけ色々書き込んでます。

ケチ臭い話ですが、私のような貧乏人にはありがたいですね(笑)


ただ広い星図で星座の形を追うのにはいいですが、望遠鏡や倍率の高い双眼鏡を使っての観測となると、もっと詳しい星図が欲しいところです。 そういった詳しい星図は意外と高いのですが、このSky & Telescope's Pocket Sky Atlasは1500円以下で買える比較的詳しく実用的な星図です。
こちらにレビューも載せてます。 ほとんどの方が5つ星のカスタマーレビューを入れているように買って損のない星図ですね。




↓一押ししていただけるとうれしいです(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブロ村お気に入り
 


<HOME>




赤道儀 ハイパーチューンキット

既にご存知の方もいらっしゃるでしょうが、海外製(中国製?)赤道儀使いの皆様必見


アメリカのDEEP SPACE PRODUCTSが出している赤道儀のHyperTune Kitsです。

Advanced-GT(CG-5),CGEM、MEADEのLXD75/55用、ケンコーEQ-6などのチューンナップキット。
赤道儀のウォームギアをセラミックやテフロンベアリングに交換するようです。

Advanced-GT(CG-5)用だとテフロンベアリング単体が$45
セラミックベアリング単体は$55
テフロンベアリングに工具やグリス、作業方法のDVDがついたフルセットは$175

海外発送にも対応しているようです。

ん~ こういうの弱いんですよねぇ~「HyperTune Kits」ですよ。
効果はともかく厨二病的な名前がヤバイ。気軽に買えちゃう値段もヤバイ⇒そして騙されるこのパターン

多分大したことしないと思うのですが、DVDがないと不安だしなぁー
単体の方が安いし… 誰か実験台になってブログなんかにアップして欲しい今日この頃。

えっ? お前がなれよって?
えーと… 円高な今がチャンスですかね



↓一押ししていただけるとうれしいです(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブロ村お気に入り
 


<HOME>


Celestron NexStar 130SLTレビュー

セレストロンのNexStar SLTシリーズのNexStar 130 SLTです。

既に手放した機材ですが、ネタがなくなったとき用に取っておいた記事です。
天文を再開した時に初めて購入した機種です。 売り切れとなってしまいましたが、この架台で102mm屈折鏡筒のが協栄産業さんより59800円とお得な価格で出ていました。

+ Read More

プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
361位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
123位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。