スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿蘇 長陽駅の桜&ラピュタの道

阿蘇の一心行の大桜と岸野の観音桜に行った際に寄り道した、南阿蘇鉄道の長陽駅です。
s-IMG_9096.jpg
とても素敵な駅です。
これで列車がくれば画になるのですが、先を急ぎます。


ミルクロードの途中にある「ラピュタの道」と呼ばれる場所です。
s-IMG_9120.jpg
阿蘇のカルデラの外輪山を一気に上り下りします。
地元の方が牧場に行き来するための道路が、いつしか観光客からそう呼ばれるようになりました。
雲の状態によっては本当にまるで天空の道です。
s-IMG_9109.jpg
野焼きのすぐ後だったので、山肌は黒々していますが、今だと新緑に覆われて青々としているでしょうし、この道の麓の長寿ヶ丘つつじ園もキレイでしょう。  「ラピュタの道」ぜひ画像検索してみてください。
s-IMG_9122_stitchB.jpg
絶景&なかなかの玉ヒュンポイントです。
s-IMG_9114_stitchC.jpg
この日も道路には落石が多数転がっていました。 道も狭いですし、ドライバー&ライダーの皆さん、通行される際はどうぞ安全運転で。

今年は仙酔峡のミヤマキリシマの花つきが悪いみたいですね。 う~ん、どうしよう。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日んこつは知らん倍!(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村



<HOME>
スポンサーサイト

うきは市流川、日田市大原の枝垂桜、うきは市山春小学校

うきは市 流川の桜並木です。 撮影日は3.27
s-IMG_7939.jpg
星景は3年前に撮ってますね。 今見るとヘタクソやなー。

s-IMG_7935B.jpg
皆さん思い思いに散策したり、お弁当食べたり。
s-IMG_7937.jpg
約1000本、2kmにわたって桜のトンネルが続きます。
s-IMG_7943.jpg
そりゃミツバチも大忙しです。
s-IMG_7954.jpg
知っていましたか? 女王蜂は当然メスですが、働き蜂もメスだってことを。
ならオスは何してるのか?というと、特に何もしないで餌をもらっているだけだそうです。

女王蜂が巣立つとき、運が良く飛翔能力の高い優秀な一匹のオスは交尾できますが、交尾が終わるとモノを引きちぎられて絶命。
その他大勢の交尾できなかった落ちこぼれオス共は、寒くなる秋に巣を追い出されて餓死だそうです。 怖いねぇ~

s-IMG_7948.jpg
話は逸れましたが、そんな事を考えながら見る桜もオツなものです。
s-IMG_7913.jpg


続いては日田市 大原の枝垂桜
s-IMG_7990.jpg
大原八幡宮のすぐ近く、弓道場の横の民家に立つ樹齢300年の木です。
s-IMG_7996.jpg
見事

s-IMG_8003.jpg
日を透く

s-IMG_7994.jpg
圧巻です。 来年は夜のライトアップにも行きたいですね。


もうひとつ、うきは市立 山春小学校です。
s-IMG_8038.jpg
国道210号線沿い、道の駅うきはの少し東側にあります。
予定にはなかったのですが、通りがかって綺麗だったので寄ってみました。
s-IMG_8050.jpg
この期間はこの校庭の桜をライトアップして、校門も開放してありました。
通常の電球だけでなく、青い光も使ってあり色とりどりです。
目には綺麗ですが撮影は難しいですね。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日んこつは知らん倍!(゚Д゚)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

亀石峠と前原の一本桜

行きたい場所があったので、先日の日曜日におでかけしてきました。
道すがら天の川を撮影した亀石峠に立ち寄りました。

昼間はこんなに気持ちのいい場所なんですね。 辺り一面の牧草地。

s-DSC_2346_stitchB.jpg
↑左右の道路は、同じ一本の直線道です。180°ややオーバーのパノラマです。
この日は生憎PM2.5の数値もやや高めで遠方の景色も霞んでいます。 阿蘇の涅槃像も見えません。


亀石峠をあとにし、続いての寄り道はコチラ
s-DSC_2369B.jpg
昨年桜と天の川を撮影した『前原牧場の一本桜』です。
亀石峠からは距離約6km、車で15分の近場にあります。
3/19は福岡でソメイヨシノの開花が宣言されました。 これは平年より4日早く、昨年より6日遅いそうです。

去年の撮影は夜の暗闇の中、しかも撮影者が他にもいたのでヘッドライトを点けて歩き回るわけにもいかず、周りの状況がさっぱりのまま帰ることになったので下見に来ました。

ここは標高も550mほどあるのでまだまだ蕾です。(2014.3.16撮影)
s-DSC_2367B.jpg

パノラマ  桜の木の右には涌蓋山。
s-DSC_2357_stitchB.jpg

青々とした緑に癒されます。
s-DSC_2357B.jpg
ポカポカ陽気に誘われて草原を走り回りたくなりますが、牧場はもちろん私有地ですし、耕し、牧草の種を蒔き、肥料をやって育ててある畑なのでダメですよ。 牧草地に三脚を立てるのも同じです。

s-DSC_2368B.jpg
春です。 今年はどこの桜を撮りにいきましょうか。



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日んこつは知らん倍!(゚Д゚)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

遊水峡

これも夏の写真なんですが、熊本県小国町にある遊水峡です。


ココの特徴は看板の解説を見ていただけるとお分かりのように、阿蘇山が噴火した際に火砕流堆積物が固まった痕が川底になっていることです。
s-IMG_2308.jpg
でも阿蘇の噴火口から30kmは離れているのですが。 カルデラの規模を考えたらすぐ側なんでしょうね。
一体どんな噴火だったのでしょうか。

この様に浅い川の清流です。 水深はだいたい足のくるぶし位まで、深くても膝くらいまでです。
t-IMG_2325.jpg

キャンプ場、オートキャンプ場、バンガローなどが併設されています。 川底も平らなので、子供でもじゃぶじゃぶ入って遊べる夏の避暑地です。
t-IMG_2309.jpg
でも今考えると、秋の紅葉シーズンもたまらなく綺麗そうですね。

t-IMG_2323.jpg

上流を目指します
t-IMG_2330B.jpg

20分ほど歩くと
遊水峡 カッパ滝
木々の中から美しい滝が。

「カッパ滝」という名前だそうです。
遊水峡 河童滝
大学生くらいの団体が滝壺に入って遊んでいました。 夏でも相当冷たいそうです。

おっ、ハンミョウ君(並バージョン)ですか
t-IMG_2349.jpg
帰り道をしばらく案内してくれました。


場所はココです↓

大きな地図で見る




↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日んこつは知らん倍!(゚Д゚)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

改造デジ一で赤外線風景写真撮影

改造デジによる昼間の赤外線撮影もなかなか楽しいものです。
R64フィルターは持っているのですが、フィルター径52mmで合わないレンズもあるので、シート状の近赤外線フィルターを、EF-Sの窪みにはめ込むFF式を作りました。

まるこうさんの「FFフィルター枠の作成」の記事を参考にさせていただきました。

こんな感じ。

7月のある日、透明度抜群で遠方まで綺麗に見える日があったので、久留米市から遠くの景色を撮影してみました。
ここからローカルな話でスミマセン(´Д`;)ヾ 

先ずは北西方向の脊振山系
s-IMG_1462C2.jpg
波長が長いので大気中の水蒸気に邪魔されず、山の起伏がクッキリわかる非常にクリアな画像です。
赤外線の反射率で大まかな植生までわかるそうです。
脊振山の航空自衛隊のレーダードームの球体までわかります。 撮影地から直線距離で18kmです。

因みに可視光で同時刻に撮ったほぼ同じ場所。 広角レンズというのもありますが、可視光では山の起伏は殆ど写りません。
s-IMG_2225.jpg



上の写真の右側にあたります。 基山-三郡山系です。写真の文字が『三群山』になっていますが、正しくは【三郡山】です。
s-IMG_1464_stitch.jpg
宝満山の麓に太宰府があります。 脊振山から基山と続く峰と三郡山系の間は狭い平野となっています。
そこに土塁を築いて水を貯め、大宰府を守る水城を作ったのは皆さんも歴史の勉強で習ったかも。

若杉山からショウケ峠を超えて砥石山-三郡山-宝満山までは約15kmの縦走コースです。 いつか踏破したいですが、宝満山の登り降りで膝がガクガクになる私の体力では無理そうです。
撮影地から若杉山まで直線30kmです。 久留米-福岡間と同じです。


続いて英彦山方面 チャンネルミキサーで色調を変えてみました。
s-IMG_1469B2.jpg
英彦山(ひこさん)、宝満山、求菩提山(くぼてさん)の北部九州三大修験の山は登らないとなぁ。


東側 耳納山系 高良山
s-IMG_1473B.jpg

耳納山・発心山付近
s-IMG_1482_stitch.jpg

可視光 筑後川を挟んで久留米市 左側の橋の上に見える山脈が、上の写真の耳納連山です。
s-IMG_2216_stitch.jpg
発砲事件とか手榴弾とか爆発しなかったらいい街なんだけどなぁ(^^;)


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日も頑張る倍(゚Д゚)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

鍋ヶ滝

熊本県阿蘇郡小国町にある『鍋ヶ滝』に行ってきました。

筑後川水系蓬莱川にある落差12m、滝幅20mの滝です。

この様に滝の裏側をまわって対岸に行ける「裏見の滝」として有名です。
t-IMG_2266.jpg
ずっとこの滝を見てみたかったのですが、なかなか行けなかったのです。 ようやく念願が叶いました。

10年ほど前に「生茶」のCMで松嶋菜々子さんとのロケに使われたことで(←この情報だけやけに聞きます)注目され、観光客がどっと押し寄せるようになったとか。
t-IMG_2256.jpg
以来、駐車場や滝までの階段やスロープが整備されとてもアクセスし易くなっています。

t-IMG_2270.jpg
水の青と生い茂る緑が眩しかったです。

どちらかと言うと繊細さを感じる女性的な滝なので、長いシャッタースピードで絹のような水の流れを撮りたかったのですが、「三脚持っていくほどではないか-」タカをくくっていたら失敗でした。
t-IMG_2278.jpg
私の拙い腕では1/15秒が手持ちで止めれる限界でした。

パノラマ
t-IMG_2285_stitchB.jpg

滝の上から わかりにくいですが虹がかかっています。
t-IMG_2306.jpg

辺りはひんやりとしていて、この猛暑の中でひと時の涼を感じました。
t-IMG_2239.jpg


場所はこの辺りです。

大きな地図で見る


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日も頑張る倍(゚Д゚)
ブログランキング・にほんブログ村へ



<HOME>

夜明け前まで降り続いた雨も上がり、春のような陽気の朝でした。
着ていたジャンパーを脱ぎ、久しぶりの青空を仰ぎ見ました。


暫く何も撮ってなかったのでリハビリしないと。

白い雲を白く撮るのはなかなか難しいものですね。

あーCMOSにゴミのってますね~ 掃除しないと。


s-IMG_6057.jpg

この雲カワイイ♡

PLフィルター持ってくればよかった

s-IMG_6054.jpg

三寒四温じゃないですが、

こうして暖かくなったり、寒くなったりしながら

少しずつ春を迎えるのでしょう。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

神社=大きなクスノキ?

今更ながら、仕事を終えたあと初詣に行ってきました。


狛犬さん好きです。(∪^ω^)わんおわんお
s-IMG_5697B.jpg

手水舎の横に大きなクスの木があります。
s-IMG_5701B.jpg
オリオン座も微かに写っています。

紙垂(しで)が風に揺れます。一説によると注連縄が雲を表し、注連縄から出ている細い縄(〆の子)が雨を、紙垂が稲妻を表しているとか。 五穀豊穣のしるし。
s-IMG_5703B.jpg
「炎と星」も撮ってみたいテーマです。 難易度高そうですね。


神社に行くと高確立で馬鹿でかいクスノキがあります。 「大きなクスノキと星」のテーマもいいなと思い調べてみたら意外な事がわかりました。

環境庁が調べた日本の巨樹・巨木ランキングです。
2012y01m12d_164914609.jpg
因みに樹齢は伝説によると―みたいな眉唾ものです。
10本のうち7本が九州に。。。 また8本がクスです。あれ?何で?

またまた調べていくと、日本において巨大化し易い木がクスノキだそうです。 他にイチョウとか。
で、クスノキは東南アジア等暖かい地域に生息し、日本においてはクスノキの80%が九州で生息しているそうです。
つまりただ単にクスノキの育成条件の合う気候という要因なんですね。 有名な屋久島の縄文杉も幹周16.1mで12位だそうなので驚きです。

また、「特異な芳香を持つことから、「臭し(くすし)」が「クス」の語源となった。「薬(樟脳)の木」が語源とする説もある。またそのことや防虫効果から元来虫除け(魔除け:アジア圏では古来から虫(蟲)は寄生虫や病原菌などの病魔を媒介すると考えられていた)に使われたくす玉(楠玉)の語源であるという説もある。」Wikiより。

虫除け=邪気を払うという意味から神社の境内に植えられる事が多く、神木とされるために切り倒される事も少なかったと考えられます。

1位の鹿児島の蒲生の大楠は木の根元に8畳程の広さの空洞があるそうです。 8畳っすよ、信じられますか?

これは幹周によるランキングなので「木の高さ」だとやっぱり針葉樹が多く、東北地方などに多く生息するそうです。

「巨樹と星々」いいテーマだなぁ。ただクスノキは常緑高木で葉の密度も高いので、星と同時に写すには離れた位置から撮る事になるでしょうか。

その他、街中のオブジェと星を撮っていくのも良さそうです。 これは都会の方にお願いしたいテーマかも。

「巨樹と星々」何箇所か撮ってみて良さそうだったら、今年のテーマに加えます。



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

夜明けの筑後川

8/28 棚田での撮影を終えて帰る途中で撮ったものです。
筑後川が朝焼けに染まります。

2011.8.28  5:24 EOS kiss Digital (改) SIGIMA 18-50 3.5-5.6DC 18mm F3.5 
ISO 800 F1/25  中央部重点平均測光 AF:マニュアル


「坂東太郎」(利根川) 「筑紫次郎」(筑後川) 「四国三郎」(吉野川) と呼ばれる暴れ川の次男坊です。
美しい風景に暫し見惚れたあとシャッターを切ります。
橋の上からの撮影ですが、もう少し左の方へ行って川がきれいに見える所から撮ればよかったかな。

棚田は見えてる右側に見えている山の向こうになります。 
遠くへ行っていたものだと思いながら、もう少しで自宅。気合を入れなおして眠らないように帰ります。

これで何もなかったら、疲れも心地よく感じるのでしょうが、2時間程眠ってまたお仕事です。
まぁいいや、好きな事してるんだし!


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


<HOME>

月光浴

先日の撮影分

ここの部分は水辺まで階段状になっているのですが、階段は20羽ほどの鴨で占領されていました。


最近鴨によく遭遇します。 私が蓮や睡蓮を求めて水辺によく行っているだけですが。。。

夜はこうして陸にあがって過ごすのでしょうか。 野良猫とか野犬に襲われないのかな?
月光浴しているみたいに見えますね。
s-CRW_1638.jpg
それにしても随分と人馴れした鴨達です。 私の持っている物が三脚ではなく、散弾銃だったらどうするのでしょうか。 誰か餌でもあげてるのかな?


↓どちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログへ

プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
382位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
123位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。