スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M42 DSSで多段露出処理

先日の夜遊びの際に撮影したM42です。
この日はISO1600で 1分×4枚 2分×2枚 3分×2枚 5分×2枚の計10枚多段露出、総露出24分撮りました。

前から疑問に思っていたのですがDSSで画像処理する際に、こういった場合に上記画像全部で処理すれば良いのか、5分×2枚をメインに残りの画像で白飛びを復元させればよいのかを迷っていました。

全部のほうが枚数が多いのでノイズの観点からは当然全部のほうが良いに決まっていますが、加算平均で折角の5分露出で浮き出た淡い部分が消えてしまわないか? と思ったのです。

やってみましょう。 条件を同じにするためにRGBのレベル、トーンカーブは同じにしてあります。
DSSが吐き出した処理前画像です。(ダーク&フラット処理もDSSに任せました)

先ずは10枚全部


続いて5分×2枚のみ
s-5_M42.jpg
上下を比べてみてください。 5分2枚で出ている淡い部分はほとんど変わらないのに、上ではM42の白飛び部分が少なくなっています。 ラチチュードが広がったようになっています。 
そして上では人工衛星が消えてます。 ラチチュードの件もDSSが勝手に色々してくれているみたいです。

今度は1分×4枚のみ
s-1_M42.jpg
一番上と比較すると、流石に白飛び部分は少ないですね。 また淡い部分は予想通り出ていません。


ノイズはどうでしょう?
拡大してみます。

10枚全部
ss-s-1_5M42.jpg

5分×2枚
ss-5_M42.jpg
10枚と比較すると荒いですね。また10枚の画像にもこの5分×2枚も入っていますが、ガイドエラーも平均化されたのか10枚のほうが星像が丸くなっています。
暗黒星雲の入り具合もより良くわかるようになっています。

1分×4枚
ss-1_M42.jpg
倍の4枚ですが、ランダムノイズはこれが一番多いように見えます。 露出時間も短いのに。
よく暗い場所を撮った露出不足の写真はとてもノイジーになりますね。 あれと同じような現象が起きているのだと推測できます。

露出時間が長いと、スポットノイズやアンプノイズは増えてしまいますが、ダーク減算などでソフトウェア的にそれらを打ち消せる場合は、露出時間は長いほうが良いようです。


以上からDSSで多段露出を処理する場合は、①全部をコンポジットしたもの ②短い露出のコンポジット を別々に作成して、①をメインに②で白飛び部分を復活させる―  と良いようです。
ステライメージをお持ちの場合は①だけで白飛び復活ができてしまうのでしょうか。
さとうさんの報告にもあったように、M42の場合は多段露出が合っているのかも。


と、以上のような事を考えたのですが、何か間違っていたらご指摘くださいませ。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>
スポンサーサイト

沈む月の画像処理

何でもない沈む寸前の月の写真です。 この遠景に家でもあると、大きさの対比が面白いのですが。

9.26 1:52  EOS kiss DN ASAHI SMC Takumar200mm F4

何でもない写真なのですが、処理は色々と考えさせられてしまいます。

月ってかなり光度があります。月のうさぎ模様を出すためには露出を抑えなければなりません。(ISO400 1/2秒)
s-IMG_8059.jpg
でもこれでは背景が全くわかりません。 月をマスクで保護しながら背景のトーンカーブやレベル調整を行うと、ザラザラしたノイズたっぷりの画像になってしまいますし、1枚目には到底及ばないほどの明るさしかなりません。

かと言って露出を伸ばすと (ISO800 4.5秒)
s-IMG_8055.jpg
月が完全に飛んでしまいます。 ここまで飛ぶと、月のレベルを落としても模様は出てきません。


月は2枚目、背景は3枚目を使いたいです。 ここは合成するしかないです。

普段は意識しませんが、昇る月や沈む月の速さはビックリするほどです。月面の適正露出を出すまでに計5カットも撮ってしまいました。
2012y10m02d_170958012.jpg

両者をそのまま重ねると、こんなにも月の位置がズレています。
2012y10m02d_163356099.jpg
(差の絶対値にしています)

2枚目の月だけ切り取って、3枚目に位置を合わせながら重ねても、3枚目の露出の長い月が大きすぎてはみ出してしまいます。 自然な感じともほど遠いです。

お絵かきすると写真とは言えなくなると思うので、私は天体写真にブラシツールは98%使いませんが、ここは仕方無いですね。 3枚目の月をスポット修復ブラシツールなどで空と同じにします。
2012y10m02d_163701744.jpg
 
この状態で2枚目と3枚目を重ねて、レイヤーを比較(明)にします。
2012y10m02d_163738504.jpg
自然な感じに合成されました。

あとは空の色を実際に感じた色や、好みに合わせます。

他にどのような方法があるのでしょうか? みなさんはどのようにしてるのでしょう?


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

重ねてみました。

うきは市流川で撮影したペガサスの大四辺形付近です。 16mmでペガサス座、アンドロメダ座、さんかく座、うお座などがきれいに入っています。  

先ずはこれが完成品。
2012.8.20 3:22~3:41 EOS kiss DN Zenitar16mm Fish-eye F2.8→3.5 ISO 1600
120sec,×8  Vixen SP赤道儀 自動ガイド DeepSkyStacker / Adobe Photoshop CS5 / FlatAide


これらは同じ日に撮影した別の構図ですが、いい比較になりそうなので例としてあげます。
30秒の1枚撮り試写 ホワイトバランス オートの場合 上下が↑と反対になってます。
t-IMG_7805.jpg
木が入ったり、雲が流れたり。左下に見えるのは望遠鏡の筒先です。

こちらも30秒露出 ホワイトバランス 蛍光灯です。 私はこの設定を使うことが多いです。
t-IMG_7806.jpg

そして他の設定はそのままで2分露出
t-IMG_7807.jpg
低空の薄雲や光害で複雑な色被りが見られます。
こんな感じで2分露出を8枚撮りました。


それらをダークファイルと一緒にDeep sky stackerでコンポジットします。
トーンカーブフラットで出てきた画像がこれ
s-7823_7830.jpg
今にも飽和しそうです。

=============================================
※追記
↑の画像はDSSのパラメータが間違っていました。 こちらが出てきた画像です
s-7823_7830_2.jpg

この画像をCameraRaw6で読込み、CameraRawのみでサラサラっと処理した画像がこちらです
s-7823_7830_2B.jpg
================================================

この画像をCameraRaw6でノイズ低減させたり、Photoshopでレベル調整、トーンカーブを調整したりします。
何だかんだで100手くらい。ゴニョゴニョしてます。 詳細は多すぎるので省かせていただきます。
2012y09m09d_142606567.jpg

ここまできました。
s-7823_7830B.jpg
写真上側が北で、秋の天の川が流れています。 右側が地上に近いです。 
そんな訳で中央減光と言ってもいいような不思議な現象が起きてしまいました。 また場所によって紫がかっていたり緑を感じたり、これはこれで綺麗とも言えますが、星野写真としてはどうでしょう?


フラットエイド処理をしてみました。
s-7823_7830B-FL.jpg
確かにフラットにはなりましたが、かなり不自然ですね。 今まではこれを完成品としたり、極弱~くフラット処理して誤魔化してきましたが、先日やまねももんがさんより「フラットエイド適用前後を混ぜてみてはどうでしょう?」とのご指摘をいただきました。
「その手があったか!」恥ずかしながら全く気づきませんでした。

重ねて透明度を色々試行錯誤してみました。 フラット適用前後での差にもよるようですが概ね前画像を50%~70%の透明度で重ねれば良いようです。 これは50%配合
s-7823_7830B-FLa2.jpg
かなり自然な雰囲気が出てきました。


広角の場合、少し星景写真の要素も入ってくるので、バックグランドを少し青めに調整します。
レベルも平均値55くらいに調整しました。 まだ少し明るいでしょうか。
t-2012y09m09d_141722595.jpg
こうして一番上の画像になっています。 まだ右の低空ぶぶんが紫色だったり、雲が赤かったりで嫌な色が出てしまっています。ここも調整したら良くなりそうです。


さて、空がそこそこ暗い場所ならアンドロメダ大銀河は肉眼で見えるとしても、M33のさんかく座渦巻き銀河はなかなか厳しいものがあります。
ss-7823_7830B-FLb2.jpg
私はいつもミラク―M31間を反対側に同じ距離だけ伸ばして探しています。 ん~これでも全天でM31に続いて2番目に明るい系外銀河なのですが・・・

先日棚田で、おおっ!M33が肉眼で見える!と思って双眼鏡を向けたらNGC752でした(^^;)


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

Photomaerge

CS5のPhotomerge機能を使ってみました。
パノラマ1b
スゲー自然。補正が効いて横に長くなってますな。

以前CSでやった画像
IMG_8096B8097BPM_900px.jpg


でも上手く重ならない画像もありました。
(旧)20110625b.jpg

(新)名称未設定_パノラマ1
これは撮り方が悪いのかな。 それでも旧バージョンよりは自然です。

M45 再処理

随分前に処理に悩んだM45プレアデス星団。 CS5を手に入れてまた挑戦してみました。

前回は大して写ってもいないメローぺ星雲を出すのに躍起になって、画像を大荒れにしてしまったので、今回は写っていないものはそこそこで諦めて、星が美しくなるように頑張ってみましたが、

結局は悩みます(^ω^;)

青くし過ぎないようにとかやっているのですが、今回は星の滲み具合がイヤラシイ感じかも(笑)
少し微光星がうるさい気もします。
輝星のまわりも黒く落ち込んでいますね。

これずっとやっていると、画像処理が上手くなる対象だと思います。M45は。

また半年後は上手くなっているでしょうか? そうでなくてはなりませんね。

1/25 また再処理 Ver.何だろう・・・
M450927B0124c.jpg
あんまりやってるとエアブラシで描いた絵みたいになります。
透明感ってどうやって出すんだろう? また課題が増えます(^ω^;)

↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

Camera Raw6

知人からPhotoshop CS5の入ったパソコンをお借りしたので、昨年の夏に撮ったへび座のM16わし星雲を再処理してみました。

Camera Raw6凄すぎ ワロタ、ワロタ…
無題0121

因みに前処理したものはこれです。 2011.6.29撮影
s-M16B5_900px.jpg
とても荒い上に星の美しさもなく、星雲の中央部とわしの羽の部分にあたる淡い部分の光度差が大きく、前回の処理で非常~に気に入らなかった写真の一つです。

DSSのAutosave.tifが残っていたのでDSSの処理からやり直しました。 今回は星雲の中央部や星マスクを使って飛ばないように注意しながら処理を進めました。
最後は一旦保存したTifファイルをCamera raw6で読み込み(どうやったら開くのかに戸惑いました)、ノイズ軽減を施します。
今回の処理です。
s-M16E_1000px.jpg
まだまだツッコミ処は多いでしょうが、随分と滑らかになりました。
やまねももんがさんが力説しておられたのがよーくわかりました。
周辺部の星像が甘すぎるのでこれも多段マスク使ってシャープにすれば、もっと良くなるでしょうか。
面倒なので今回はパス。


中央部の等倍切り出しです。
前回
ss-M16B5.jpg

今回
ss-M16E.jpg
こりゃまるで腕が上がったような錯覚を起こしますね(笑)

博多弁で言うなら「CameraRawバリ凄か!」 筑後弁なら「がば凄か!」
しからしか男ですいましぇーん。 いや、ほんなごつ。



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

かもめ星雲 露出時間の差による写りの違い


昨日の記事のかもめ星雲 IC2177ですが、光学系・感度設定は同じで色々な露出時間で撮っていました。
その差です。 
バックグラウンドカラーをニュートラルに軽く揃えただけで、トーンカーブ・レベル補正等は一切行なっていません。

先ずはISO3200 30秒露出
s-Capture_00007_30sec.jpg


60秒
s-Capture_00009_60sec.jpg


180秒 赤い散光星雲が浮かびあがりはじめます。
s-Capture_00010_180sec.jpg


300秒 月明かりのせいもあり、バックが明るくなっています。
s-CRW_5541_300sec.jpg

バックが締まっている分、180秒が一番写っているように見えますが、処理していくとはやり300秒が一番ノリがいいです。


次に昨日の写真の元となった、180秒×3枚+300秒×2枚の計5枚を重ねたものです。
s-seegal.jpg
このサイズでは300秒の画像と大差ないように見えますが、
双方を200%に拡大すると・・・
2011y12m28d_173043359.jpg
左が1枚もの、右が5枚重ねたものです。
滑らかさが明らかに違いますね。
未処理でこれですから、レベルを切り詰めたり、トーンカーブを弄ると余計に荒れが目立ちます。
左では粒子に紛れてしまった暗い星も、重ねることで出るようになりました。



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

馬頭星雲処理

処理していた馬頭星雲です。
今の私の実力では頑張ってこんなもんです。 5分×2枚、8分×2枚の計26分です。

2011.10.28 1:15~1:46 5min.×2 8min.×2 EOS kiss D(改) ISO 800 RAW 
Vixen R200SS (f=800mm) Celestron Advanced-GT Mizar GT-68(f=600mm)+Qcam S7500+GuideMaster
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS 


アルニタク周辺の輝星の肥大化を防ぐマスクが、どーしても上手く作れません。 強くかかり過ぎたり、弱かったり、黒いリングができたり…散々です。 星のまわりが汚くなってしまいました。


赤い系の散光星雲は、レッドのレベルを上げると星雲が引き立つために、ついついやってしまいます。
しかしタダでさえ改造デジは赤に対する反応が良いので、全体的に赤に偏った表現になってしまいます。

↓はDSSでレッド・ブルー・グリーンを同じ山の幅に揃えたものです。 面倒なので星マスクはせずにそのままトーンカーブを弄ってます。 それと処理は途中まで。 これでも赤いと(特に樅の木星雲)感じたので止めました。
horseB.jpg


一番上の写真はDSSでレッドより、ブルー・グリーンの山を広くとってます。
樅の木星雲はいい感じの色になったと思います。  こうして処理すると、2番目の画像より画像はかなり荒れてしまいます。 赤を弱くする分だけたっぷりと露光してやらないといけないようです。

星雲の色なんてあってないようなものなので、好みと言えば好みなだけで、拘る必要もないのですが。

2番目より上のほうが、馬の首のバックの赤い星雲は強くなっています。 フォトショップのチャンネルタブでレッド画像に対して、ダスト&スクラッチを微光星が消える位にかけ、星雲マスクを作成して、弱くなった赤を増強してあげてます。ちょっとやり過ぎたでしょうか。 

最近やっと写真を、A:バックグラウンド B:恒星 C:星雲 にわけて処理するのを覚えました。

でも何だかスッキリ感がない眠い感じがすます。 バックもまだ粗いです。 恒星も美しく- どうやるんだろう?
ホント天体写真の処理って難しいです。

Axfc UploaderにDSSが吐き出した元tif画像を置いておきます。 「馬頭星雲 その1」が1枚目、「その2」が2枚目です。  ↓のリンク先をクリック後、ダウンロードパスワードは 12345 です。
今から24時間ダウンロード可能(11/5 20時頃まで)です。
どうぞ皆様遊んでやってください。

・その1 http://ll.la/=u8w
・その2 http://www1.axfc.net/uploader/C/so/153254.tif

※36.3MBありますのでダウンロードに結構時間かかるかもです。



11/5追記

Ver.1.02
horse3D.jpg

無理に輝星を抑えこむのは止めてみました。 全体のバランス重視で。 え?あんまり変わってない?



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

M31モザイク練習

昨日は少し堅い話をしてしまったので、いつも通りおちゃらけ天体写真blogに戻りましょう。

デジ一とオートガイドを導入してようやく一年、ある程度直焦点で撮れるようになってきました。
次のステップに進みませう。

複数コマを繋げて一枚にするモザイク撮影です。 エロいのを期待した方、モザイク違いです。ゴメンナサイ。

しゃぼん玉星雲を撮ってて寝てしまったあと、飛び起きて薄明の始まる中、望遠鏡をM31に向けました。 あまり時間がなかったので、ISO 1600 5分×2枚ずつの2コマモザイクです。 枚数が少なくて荒れてしまったのをボカして誤魔化してます。

2011.8.5 3:38~4:02  300sec.×2枚×2コマモザイク EOS kiss D(改) ISO 1600 LPS-P2 FF 
Vixen R200-SS Celestron Advanced-GT Mizar GT-68+Qcam S7500+GuideMaster
Deep Sky Stacker Adobe Photoshop CS



↓前回は南北に対して縦構図でパッツンパッツンで入れましたが、横構図で上下2つにわけて撮影しました。
s-M31_2B_filtered3_900px

一番上の写真、どこで繋げたか判りますか?
正解はココです↓
s-M31Untitled-1.jpg

構図に少し余裕が出ましたが、M31ってまだ大きいんですね。これでも入りきれてません。 撮影時には気付きませんでした。
収差の低減という意味でも2コマだとまだ効果が薄いですね。 4コマは必要ですね。
2011y08m19d_175516218.jpg
こんな感じでしょうか。 若しくは縦構図で4コマ+中央部1コマ  上手く繋げれる自信がありませんが(^ω^;)
1コマにISO 800で15分×最低でも4枚…  M31を1枚撮るのに5時間以上かかっちゃいますね。 
その日一日かけて1枚撮影するって、やりたいような、やりたくないような、やりたいような。
来年にしちゃおーかな。 でも来年の夏にはまた別に考えている事あるし。。。
やっぱり今年の秋冬はモザイクで攻めますか。


ステラナビゲータはモザイクシュミレーションも出来ちゃうのでしょうか。 ステライメージのデジタル現像も欲しいよう(;∀;)


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


【拡散希望】5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ

Deep Sky Stackerでの画像処理 その2

私のような初心者が画像処理について語るのは痴がましいのですが、初心者なりの浅はかな考えで「ちょっと上手くいったぞ~い」ということですので何か間違っている部分についてはご指摘頂けるとありがたいです。

と、言い訳をしたところで昨日は下図のところまでいってました。

この方法で処理していて「もっと透明感のある、背景に星雲が溶けていくような画にしたいな」と思っていました。

Photoshopでカラーバランスを弄ったり、赤に対してレベル補正やトーンカーブで赤を弱くすると、ヒストグラムの赤の山が、形はそのままに山ごと動いてしまいます。 当然バックグラウンドのカラーバランスが崩れるので、調整するとあら不思議、元に戻っちゃうではありませんか。

そこで「山の形のほうを変えればよくね?」と考えました。
注目したのはDSSの各色の破線で示された山の幅です。
J2011y05m19d_151949078B.jpg
緑と青の破線の山はほぼ重なり、赤の破線の山より狭いですね。
緑と青の破線山の幅を広げてやるには、[RGB/K Levels]の青と緑の左端についている△スライダーを少し右に動かしてやります。


いま緑だけ広げてます(わかりやすいように赤と青は右に寄せてます)
J2011y05m19d_152104968.jpg
青も同様にやり、破線の幅を三色同じ位にするか、場合によっては赤を少し狭くします。
相対的に赤の色のついた山が細くなり高さが高くなります。これは赤のなだらかな諧調が失われているのかも知れませんが、トレードオフです。

バックグラウンドをニュートラルグレーにするため、右側の△スライダーを適宜動かして、左端1/4位の所で色のついた山の左端を合わせてやります↓
J2011y05m19d_152231296.jpg
この例は赤の破線の山を他の2色より少し細くした場合です。

これを保存してPhotoshopで調整したのが、先日ご紹介した下の画像です。
s2-M8_13frames55min3C置換MSS_DSO_ISC_900px2
個人的にはいい色になったんじゃないかと思います。


上記の方法を過去に撮った色々な写真で試してみたところ、赤い星雲を露出不足で撮ったような、殆んど赤の成分しかないような画像では荒れてしまうだけでした。

例えて言うなら
赤40% 青30% 緑30%を⇒赤33% 青33% 緑33%に強調/圧縮したものは自然になっても、
赤80% 青10% 緑10%を⇒33:33:33にするのは無理が出てしまうようなものです。

また露出不足の時はスライダーを少しでも動かすと、山の形が極端に変わります。

以上のように何にでも使えるわけではありませんが、ご参考程度に。


天文雑誌の投稿写真の素晴らしさには毎回ため息が出ます。 バックは絹の様に滑らかなのに星雲や銀河は諧調豊かに表現され、星像は刺さらんばかりのシャープネス。 
アレいったいどうなっているのでしょうか? 現時点ではとても追いつく気がしませんが、少しずつ勉強していきたいです。


↓撮影の励みになりますので、どちらかポチッとお願いしますばい(゚Д゚)/
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブロ村お気に入り

 


<HOME>



プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
361位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
123位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。