スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯平温泉 その2

休みになったというのに忙しくて敵いません。
いい事なのですが・・・


さて先日の湯平温泉の続きです。
4番目は『中の湯』なんですが、扉の中は「女湯」の暖簾しか見えません。 きっと中に入ると男湯の暖簾もあるのだろうと思っていたとき、お隣の「花川堂本舗」のお爺さんが出てきて「今日は女湯だよ」と教えてくださいました。

暖簾の左下の看板に全く気づいていませんでした。
聞くと日替わりで男湯と女湯を入れ替えているのだとか。 私が事前に調べていたのには、男湯・女湯が両方あったのですが、お爺さんの話によると、改築して男湯、女湯を一つにして広くしたそうです。
WEBで下調べも一長一短ですね。先入観が植えつけられてしまいます。 
「今はここが一番いいよ-」って女湯なら入れません。 

その花川堂さん
ts2-CN_2013_0613_1917_49.jpg
「ゆず練りせんべい」「ゆず練り羊羹」「金つば羊羹」が有名。 
暑かったので「かぼすシャーベット(300円)」をいただきました。うまし!

ts3-CN_2013_0613_1918_27.jpg
昭和っすなぁ  携帯のカメラのエフェクトを使用してみました。


中の湯は諦めて最後、『金の湯』をめぐります。 すっかり日が暮れてしまいました。
ts4-IMAG0679.jpg

中はこのような感じ
ts5-IMG_9680kinnoyu.jpg
ココが源泉に一番近いせいか温度も熱く、長く入れませんでした。


この日は午後3時に出発したのですが、遅く出たのには訳があって、この夜の石畳を撮りたかったのです。
ここを浴衣姿で下駄をカランコロン鳴らしながら桶を持ってそぞろ歩きたいものです。
ts6-IMG_9683.jpg

湯平と言えば山頭火
昭和初期の自由律俳句のもっとも著名な俳人の一人。

山頭火は行乞をしながらここ湯平を訪れています。

昭和五年十一月十日、十一日  大分屋

  ここ湯平というところは気にいった。
 いかにも山の湯の町らしい。石だたみ宿屋、万屋、湯坪、料理屋等云々、おもしろいね、、、、、、。
 この温泉はほんとうに気に入った。
 山もよく水もよい。湯は勿論よい、宿もよいという訳で、よく飲んでよく食べて、よく寝た。
 ほんとうによい一夜だった。
   種田山頭火行乞記より

そして湯平で詠んだ句

 しぐるるや
   人のなさけに 涙ぐむ


はあまりにも有名です。

ts7-IMG_9684.jpg

 ・ふたたびここに、雑草供へて
 ・分け入っても分け入っても青い山
 ・生まれた家はあとかたもないほうたる
 ・うしろすがたのしぐれてゆくか
 ・どうしようもない私が歩いている
 ・まつすぐな道でさみしい
 ・あるけばかっこういそげばかっこう
 ・だまって今日のわらじ履く
 ・咳がやまない背中をたたく手がない
 ・笠も漏りだしたか
 ・雨だれの音も年とった
 ・うどん供へて、母よ、わたくしもいただきまする
 ・飲みたい水が音たててゐた
 ・焼き捨てて日記の灰のこれだけか

いや~山頭火、暗いですねぇ。 その暗さもまた良いわけで。 行乞という極限の中でこそ、普通の人間では気づかない、自然のありのまま・人の心の中心をグッと揺さぶり激しく燃える様な句が魅力なんでしょうねぇ。

湯平にある山頭火ミュージアムや、句碑も見てまわりたかったのですが、時間が遅すぎて叶いませんでした。
でもまた行く理由が出来ました。

最後に天体ブログらしい、山頭火の一句を引用させていただきます。
 
 ・月も水底に旅空がある

山頭火が宿を諦めて夜道を歩いていた時でしょうか、池かさては水たまりか、水鏡に月が映し出されていたのでしょう。 ゆらゆら揺れる水鏡の中の月。 大きな存在である月も実は自分と同じように水鏡の中を旅しているのではないか-  マクロやミクロを超越してたった10文字の中にそれらが一体となる凄さを感じる句です。

湯平編 おわり


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日も頑張る倍(゚Д゚)
ブログランキング・にほんブログ村へ



<HOME>




スポンサーサイト

湯平温泉 その1

新しい「温泉」カテゴリーができました。 天体写真目当ての方は軽~く読み飛ばしてやってください。
サブタイトルに「星と自然と温泉と」って付け加えようかしら?

行く途中に見えた伐採山(きりかぶやま) その名の通り切り株の様な形。 見れば見るほど変な山。


今日の目的地は有名な湯布院のさらに奥、療養温泉の西横綱の呼び声高い湯平(ゆのひら)温泉です。
人気の湯布院の喧騒を離れて、300年以上の歴史ある石畳の坂が情緒あふれる小さな町です。
s1-IMG_9678.jpg

坂道はとても狭く、車で入るとすれ違えないので郵便局近くの無料Pに停めます。 すると猫のお出迎え。
セクシーポーズ連発のサービス。
s-10IMG_9667.jpg

ここ湯平には5つの共同風呂があります。もちろん坂に並ぶ旅館にもそれぞれ趣を凝らした温泉があるのですが、ここの魅力は何といってもこの外湯の共同風呂巡り。
先ずはPに一番近く、石畳前の『橋本温泉』
s2-IMG_9670.jpg
この橋本温泉が五つの中で一番大きいそうです。

中は・・・ 見よ、この美しい湯船
s3-IMG_9674.jpg
なんと機能美に溢れた姿でしょう。 これ今年一番のベストショットかも(天体写真を含む)(笑
「かたくちさん、ここ改修するからお願い」と言われても「スミマセン!これ以上美しくする事などできません!!」と言って土下座してしまうほど完成された美です。
そしてこれが料金200円也。 無人、お賽銭箱形式。 大分県は決して"さしこ"だけではありません。

格好良く撮りたかったのですが、モザイクを外すと完全に逝った顔をしています。
s4-IMG_9676.jpg
大抵こういう湯小屋は壁一枚で天井付近は女湯と繋がっています。 入っていると隣に女性が入ってきたようです。
「わ~すご~い」 声から若い女性のようです。
「この板で仕切られてるの何が違うんやろ?」 独り言
「源泉に近い方は熱いから別けてあるんよ。 熱いから気をつけて-」わたくし、早速しゃしゃり出て壁の向こうに呼びかけます。
「あ。ありがとうございます。」 カワイイ声- その3秒後、
「あっぢぃ~~!!」 ←かなり地声
今気をつけてって言ったやん(´・ω・`) 萎えるなぁ~もう。

隣は気になりますが、5つのお風呂全部入るという目的があります。先を急がねば。

次は石畳入ってすぐの所にある『銀の湯』 ここも200円
s5-IMAG0666.jpg
ここはヒノキのお風呂で地元の方にも人気の様で、既に四人の方が入っておられました。
なので中の写真は無し。 
ここも天井付近は繋がっています。 夫婦で来られた方々でしょうか、女湯のほうから
「上がるよ~」 「ほーい」 なんて壁越しに会話している方がいて和みました。

湯小屋の外にある足湯(これは無料)
s6-IMAG0669.jpg

さて3つ目は『砂湯』 温泉街を流れる花合野川(かごのがわ)の中に立つような格好です。
この湯気抜きといい、入る前からワクワクします。
s7-IMAG0670.jpg
調べると昔は本当に川面より低い位置に湯船があって、下が砂で覆われていてこの名があるそうです。
『中央温泉』の名もあったのですが、改装されて新しくなっています。

中はこのような渋い作り。 暖かな電球の灯り、檜の淵、コンクリのシミまで見れば見るほど愛おしく思えてきます。
s8-IMG_9679sunayu.jpg
いいですねぇ~

砂湯前 この階段を降りてきます。 ノスタルジック
s9-IMAG0675.jpg

砂湯前の花合野川
s8-IMAG0674.jpg
夜はホタルが舞いそうですね。 実際帰り際はホタルをP近くで沢山見ました。

つづく


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日も頑張る倍(゚Д゚)
ブログランキング・にほんブログ村へ



<HOME>
プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
520位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
177位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。