スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年目の挑戦 南十字の星を求めて

♫ 風の中の昴~ 砂の中の銀河~

2012年を振り返っていたら、「今年も挑戦しなければ」と思い立ちました。
南十字星の先端の星、ガクルックスを見ようという企画 【プロジェクトG】

いや別にどう~しても撮りたいという訳ではないのですが、ここまで来ると後に引けなくなったというか、「もし撮れたらブログネタ的に美味しいな」というまた横縞な気持ち、縞々なわけで。

前年の反省を活かして、空気の澄んだ冬の気候が残っている間に行くことにしました。
あと久しぶりの撮影で、失われた勘をトリモロス!(安倍首相風)

GPVは真っ黒で快晴、そして最近気になるのは大気汚染の状態。話題のPM2.5のAQI指数

鳥栖で5、佐賀で10
この日はいつになくいい数値です。

向かうは昨年夢敗れた日の隈山。

現地に到着、昨年はイマイチ自信の無かった真南の方角も今年は確実。
低空はやや霞んでいるものの、昨年は見えなかった雲仙普賢岳が肉眼で薄ら確認できます。
空の状態は良いようです。


これまた昨年の反省から、望遠レンズで、ガイド撮影です。
山口県の皇座山から撮影に成功された方のデータでは180mmのレンズでF2.8 ISO1600で2分露出です。

私は200mm F4 ISO1600の1分露出を試してみます。 LPS-P2つき。 
ところが、真っ白です。 光害レベルが違い過ぎます。

F5.6まで絞り込んで、1分露出。 ↓何とか処理すればイケるレベル?にはなりました。
それでも山口県の方の1/8の露光量です。
s-CRW_8653.jpg
左下、またもや大川の家具工場の煙突からモクモクと煙が出ています。 あの辺りが真南なのに。。。
大ww川ww家ww具wwめwwww

まぁ、そのまま南中10分前から20枚ほど撮ってみました。

画像処理でレベル・トーンカーブ調整すると・・・
s-CRW_8665B.jpg
出てきました。矢印の星、去年も撮れたケンタウルス座F星です。
そして今年は雲仙岳のピークが2つ写っています。 昨年は右端の高い方しか写っていませんでした。

google earthで見てみると
2013y02m25d_200843904.jpg
こんな感じ。 (高さは2.5倍強調してあります)
この左側の低いほうのピークの左側にガクルックスは出る筈です。

ところで、本当に出るのかと。
去年と違う点、ステラナビの画像マッピングが使えますぜ。ダンナ
ステラナビは大気の浮き上がり現象を考慮して表示してくれるみたいです。
経緯度、時刻、標高、全ておk

自動位置合わせは成功しませんでしたが、写っている星をF星を中心に6星くらいで確認とりました。 バッチリです。 (山の稜線はわかりにくかったので、ブラシで塗っています)
2013y02m26d_122438879B.jpg
おぅふ、出る、出る! (変な想像はしないでください)

しかし、出るけどイカな~い、じゃなかった出な~い。 ガクルックスは煙の中。

目を皿のようにして探しましたが、今年も撮れず。 
いや、マジであの煙突の煙りが難敵なんすよ。
光害の件といい、この場所じゃダメなんじゃないか?という気がしてきました。
でもココから撮りたくもあるような・・・

ちなみにステラナビのメニューから 設定>表示形式の中にある「大気差補正」のチェックを外すと、ガクルックスは地平線下に消えてしまいます。
2013y02m27d_143937545.jpg


もう一台、135mmのレンズで固定撮影していた画像でも状況は同じでした。
F星以南に星は無し。 記録更新すらならず。
s-output_comp9057_9078B.jpg
こちらでは左下の煙が広範囲に濃く広がっているのがわかります。
上のほう、少し右に写っている明るい星がケンタウルス座ρ星。 赤緯‐52°でカノープスが大体あの位置と同じ高さです。

しかし、まだ可能性はあります。
この日は月齢14の月が煌々と照らす中でした。
透明度が良く、月も無く、工場の煙が写真左側に流れる様な西風の吹く日なら、ひょっとして・・・

挑戦はつづく。

あ。久々なのに何もやらかさなかった‐と思っていたのに、デジカメのバッテリーパックを一つ置き忘れてきたようですwww

♪へっどらぁいと てーるらぁいと~
旅はーまだ 終わらーない~



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>
スポンサーサイト

プロジェクトG再び?

亀石峠の南側の空です。 ガイド撮影してみました。
s-6612_6615B2.jpg

フォーマルハウトがとても高く感じました。
16mmの魚眼レンズですが、拡大していくと・・・

水瓶座と南のうお座の境界付近、
ss1-6612_6615B2.jpg
最近さとうさんが撮られていた、らせん星雲NGC7293です。
しっかりと赤い色も感じる円形に写っています。

ほかには・・・
ss2-6612_6615B2.jpg
彫刻室座、真ん中の矢印はまるこうさんが撮られていた、棒渦巻き銀河のNGC253ですね。
わかりにくいですが、上の矢印はNGC247、下の矢印はNGC288のところです。


さて、皆さんはプロジェクトGを覚えていらっしゃいますか?
あの無謀にも南十字星の星ガクルクスをみようぜ!という企画。 前回惨敗しましたが、もしここで挑戦したらどうでしょう?

南側を拡大していきます。 阿蘇山のシルエットが見えます。
ss3-6612_6615B2.jpg
ほうおう座を下って、バイエル記号の与えられてないHD3303という星が、今回写した中で一番南の星です。

赤緯マイナス54.8° あ~全然ダメですね。 ガクルクスはマイナス57.2°です。 うぇ~遠いなぁ。
前回チャレンジの最南端はケンタウルス座F星マイナス55.1°でしたから更新もならず。

やっぱり山があるとダメですね。確か地平線っぽく見えている黒い線はココと同じくらいか若干高いくらいの標高のはずです。 南側が海じゃないとなぁ。

左側にエリダヌス座のχ星も見えています。次の星がアケルナルなのですが、遥か下です(^^;)


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

プロジェクトG その3

近頃バタバタしてblogの更新とか皆様のところへ訪問ができてません。誠に申し訳ないです。

さて、♪風の中のすばる~ 砂の中の銀河ぁ~

青森のNight Fall fantasyの飴野天機さんが解析をしてくれました。
まずはMITAKAの画像。ガクルクスは地平線上に顔を出す。
ds.jpg

山の高さを倍にした画像 やっぱり出る。この場所から見れることは間違いない。
as.jpg

そして解析結果は・・・

前回の山の左に写っていた赤い星はケンタウルス座F星でした。_| ̄|○
光度5等のこちらもスペクトルM型の赤い星です。そして↑の写真の★マークの部分がガクルクスの推定位置です。 
光害で厳しいなぁ。 でも年に何度かあるウソみたいに空気の澄んだ夜なら写せそうです。
本当は早い段階からわかっていたのです。まぁ撮れてたら速攻で「撮れました~!!!!」ってやってますわ (ノ∀`)

今回ガクルクスは写せませんでしたが、収穫もありました。
 ・地平線上に顔を出すのがわかったこと。
 ・今までの記録ε星(赤緯-53.5°)を大幅に更新 F星(赤緯-55.1°) あと2°です!
 ・F星のすぐ下はもうみなみじゅうじ座の領域です。
 ・広角より中望遠~望遠で狙うとよい。(位置確認のために広角と2台以上での運用)
 ・大気の減衰で写りにくいので、ガイド撮影は必須。(ホットピクセルとの混同を避けるため固定撮影もする)

↓比較明前の1枚画像です。
s-IMG_5584B.jpg

東の空が茜色に染まってきた。
s-IMG_6160B.jpg

s-IMG_6179.jpg

目的は達成出来なかったが、希望は残った。 旅はまだ終わらない。 プロジェクトは続く・・・

 ♪へっどらぁいと てーるらぁいと~




↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

プロジェクトG その2

♪風の中のすばる~ 砂の中の銀河ぁ~

機材をセッティングすると直ぐさま双眼鏡で真南の地平線付近をのぞいた。
かたくちはその光景に絶句した。 雲仙普賢岳は霞んでしまって視認できない。


有明海にほど近い福岡県大川市。 古くから家具の生産で有名な土地である。
この辺りでは、家具の製造過程で出たおが屑を燃やす煙が、煙突から出ているのを見かける。
いくつもの煙の筋が立ち上るのが見えた。 

幸いこの日は西風、真南は煙の右側方向にあたる。 しかし風向きが変われば計画はダメになる。

南中15分前、カメラを備え付けた。
固定撮影は位置確認用の広角25mmと中望遠の70mm、ガイド撮影は55mmでのぞむ。


しかし新たな問題が発生した。
夜景スポットでもあるこの場所は、沢山の車が登ってきて、ヘッドライトの灯りが撮影コマに入ってしまうのであった。
「10分、いや5分でいい。南中時刻だけは車よ来ないでくれ」かたくちは祈りながら撮影を開始した。

さらにSP赤道儀の様子がおかしい。 どうやらモータードライブの電池切れらしい。
出掛ける前にテスターで測った時は12Vあった。 この日の気温は0℃、気温の低下による電圧低下は想像を遥かに超えていた。

s-comp6130_6142.jpg
追尾速度が足らず、星も地上の風景も流れた。 これでは意味がない。

残るは固定撮影の2台となった。

まずは位置確認のための広角 25mm。 何度も撮った、ケンタウルス座が見える。

s-comp6121_6153B.jpg
星図と見比べていく。 ガクルクスの赤緯は-57.1° あの見たものは長寿となるとの伝説のあるカノープスでさえ、赤緯-52.7°である。
写真では解かりにくいが、拡大するとケンタウルス座ε星までは写っている。 そう、いつもε星までしか写らないのだ。
ガクルクスまであと3.6° ここからは1分1秒を削り取っていくような試練が待ち構えている。
ガクルクスのあるケンタウルスγ星とδ星の中間の南には何も写っていなかった。

2012y03m17d_204716597.jpg

残りは1台 70mmの中望遠の固定撮影だ。 比較明合成で出来上がった写真は下の通り。
普賢岳すら写っていない。 
 
s-comp5565_5598.jpg
やはりダメなのか・・・ 画像処理で明るくしてみる。すると― 普賢岳の山影が見えた!
この山影の左に星が写っていればガクルクスの可能性が高い。

ss-comp5565_5598B.jpg

ガクルクスはベテルギウスやアンタレスと同じスペクトルM型の赤色巨星の赤い星である。
さらに朝日や夕日が赤くなるレイリー散乱で真っ赤に写るはずである。
眼視では1.65等で2等星あつかいであるが、写真等級は3.0等でやや写りにくい。
かたくちは山影の左側を懸命に探した。

すると・・・ 山の左側に明らかに日周運動をする赤い星をついに発見した!

ss-comp5565_5598B2.jpg
これはガクルクスなのか? 写真は鑑定にまわされた。

―つづく― 



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

プロジェクト G

今まで何度か挑戦し続けた南十字星のガクルクス。
しかし、予想外の困難さに期待は脆くも崩れさった。
不可能ではないか? そんな声さえ出始めた。
これはそんな困難に挑戦し続けた、一人の男の物語である―


 ♪風の中のすばる~ 砂の中の銀河ぁ~
  みんな何処へ行ったぁ~ 
   (中略)
  地上にある星を 誰も覚えてはいない 
  人は空ばかり見ぃてる~

時々コメントをくださる飴野天機さんのブログのマネから始まりましたこの企画、題して「プロジェクトG(Gacrux)」
地平線上に顔を出す正に「地上の星」
太字のところは某番組のナレーションさんの声で脳内再生してください。


もっと南へ行けば、高い所へ登れば、簡単に見れるかもしれない。
しかし、誰でも行けるような所から撮って人々に夢と希望を与えたい。
かたくちには考えていた場所があった。


佐賀県神埼市にある日の隈山。別名西郷富士。  標高148mの小高い丘のような山である。
吉野ヶ里遺跡のすぐ側にそびえ、奈良時代から通信・伝達手段として烽(のろし)が置かれた景勝地である。
ここに登れば、真南側は佐賀平野を抜け、有明海、雲仙普賢岳をかすめるコースが見れる。
障害物はない。撮影地は決まった。

2012y03m15d_183342510.jpg

北緯33°20’のこの場所では、赤緯-57°10'のガクルクスは計算上は高度マイナス0.5°となり見ることはできない。
しかし、大気の浮き上がり現象で僅かながらに地平線上に顔を出す可能性がある。

2012y03m15d_190245897.jpg
それより問題は空にあった。
いくらガクルクスが地平線上に出ていても、数百キロ先の海上まで雲一の一つでもあれば、またスモッグ等で空が霞んでいては星がかき消されてしまう。
かたくちはひたすらその日を待った。

3月14日、九州のGPVは真っ黒になった―

午前0時、日の隈山山頂に到着。 小さな展望所になっており、夜中0時迄は街灯が灯る。

s-IMG_6169B.jpg
桜の木に囲まれ、フェンスも高く、お世辞にも天体撮影向きとは言い難い。
s-IMG_6149B.jpg
この日のガクルクスの南中時刻は1時24分。 急いで機材をセッティングした。
s-IMG_6150B.jpg
カメラは計3台 2台は静止撮影で、もう1台はSP赤道儀に載せガイド撮影をおこなう計画だった。

月齢21の月が昇りはじめた。
s-IMG_6115B.jpg
低空には薄雲のようなものがかかっている。 
「今日もダメかも知れんなぁ」 ふと、弱気になった。

s-comp6124_6128B.jpg
あの地上の明かり一つひとつに人々の営みがある。

「とにかくやってみなはれ
 やる前から諦める人間は
 一番つまらん人間だ」 その言葉を思い出した…



<次回予告>
トラブル続出! 機器の不調 照らす車のライト 工場のばい煙
そして南中時刻をむかえた  果たして結果は?



↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれしかです鯛(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



<HOME>

南十字の星を求めて その2

ついに九州でも乾電池が品薄になってきました。単3は余裕があるものの、単1のアルカリは全滅です。
懐中電灯もごっそりなくなっていました。 被災地に送られたものと信じたいですね。

ウチの店の隣の売り場に「毛布を被災地に送りたい」という老夫婦が大量に購入していました。
無事届きますように。

☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ 

さて、この日の第一目標は南十字座のγ星ガクルクスをカメラに収めることでした。
以前この場所で赤緯-53°のケンタウルス座のε星を余裕で写した事があったので、もしかすると-と思ったのでした。
ガクルクスは赤緯-57°です。

ホットピクセルや地上の灯りと間違わない様に、星の軌跡を撮ることにしました。

一番右に見えている鉄塔の赤い光の左側が真南です。

IMG_7232B.jpg
結果-またもや失敗。黄色の☆が推定位置。思ったほど高く昇らないようです。
これでは山に阻まれて見えません。やはり南側が海に面した高い山の上からじゃないと難しそうですね。

この日写った最南端の星はケンタウルス座ρ星(赤緯-52°)
南十字はまだまだ遠いようです。
今年は私が仕事を終えて行く時間的にもう無理かな。
来年また場所を見つけてチャレンジしてみます。



Yahoo!募金をかたり振込みさせる詐欺もいるようです。お気をつけ下さい。

風邪をひいてしまったばい フラフラする(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブロ村お気に入り
 


<HOME>




南十字の星を求めて

この場所では無理なのは承知で、南十字星の場所を確かめるために沈むオリオン座を撮ったあと、南の空にカメラを向けてみました。

クリックで拡大
2/26 23:39~ 01:59 13sec.×43Files SiriusCoompで比較明合成
Canon IXY Digital 10  f 5.8mm(ライカ版換算 35mm)  F 2.8  ISO 400


南十字星と聞くと真夏のイメージですが、春の星座と言っていいと思います。
日本からは沖縄まで行かなければその全体像を見ることはできませんが、南十字星の一番上の1星、ガクルックスは鹿児島でも見れることは有名で、日本のガクルックスの北限記録は何と山口県屋代島(大島)の嘉納山。

大きな地図で見る


星の位置をわかりやすくするため、最初の1枚撮ったのち、30秒ほどおいて2枚目を撮りだしました。 銀塩時代には最初の露光後、黒い紙でレンズの前を蔽ってこのマークをよく入れたものですが、最近はそういう写真は見ないですね。

ちょっとよくわからないので、例のステラリウムの画像を
2011y03m02d_171053812b.jpg
赤い枠が写っている範囲です。 からす座の下半分からうみへび座、ケンタウルス座と続く部分

比較明で使った最後の画像に星座線を入れ、ガクルックスの推定位置を割り出します。
s-IMG_4881.jpg
ワロタ 明るい街灯のまだ下、地平線より下 黄色の星の絵の場所 これは完全なる無理ゲー

実はこの写真で南中30分前です。 もっと撮りたかったのですが、バッテリーが切れてしまいました。
カープスが楽に見れるこの場所ですら、南十字は遠いようです。

カープス   赤緯 -52°41′
ガクルックス 赤緯 -57°06′ 4度半位の差なんですが…

でも諦めた訳ではありません。
大気の浮き上がり現象で0.5°、高い山の上から見れば1~2°かせげる筈
いつかカメラに収めたいと思います。

挑戦はつづく-


↓撮影の励みになりますのでポチッお願いします ばい(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブロ村お気に入り

 


<HOME>


プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
520位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
177位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。