スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちらは大丈夫です

+ Read More

スポンサーサイト

そして

今日たどり着いたのは
20140601042354ace.jpg
屋久島!( ☆∀☆)

登山な話2 三俣山 後編

前回からのつづき

三俣山本峰にたどり着くと、本峰と北峰の間に出来た"大鍋""小鍋"と呼ばれる噴火口跡が真っ赤に色付いていました。
s-IMG_5475_54s83titchD.jpg
そうそう、これを見に来たのです。

ドウダンツツジの燃えるような赤。 本峰には沢山の人だかり、あちこちで歓声が上がっていました。 
s-IMG_5471B.jpg

大鍋の底を歩く人の姿も。 アリみたい。
s-IMG_5473.jpg
少し迷いましたが、この火口をぐるっと廻るお鉢巡りをしてみましょう。
 
ところが、本峰から大鍋へ向かって降りはじめるとすぐに右膝に違和感をおぼえました。先週由布岳で岩にぶつけた場所です。
しかもこの下りが目茶めちゃ急です。 おまけに濡れてものすごく滑ります。
「これはヤバいかも。」 引き返そうにも人ひとりがやっとの道、上から団体さんが続々と降りてきます。
押し出されるようにいつまで続くのかと思う下りを、何とか痛みをこらえて底付近まで下りてきました。 もうこのときには激痛に変わっています。 少し広くなっている場所に退避して休憩です。
s-IMG_5497B.jpg
痛みをこらえているとだんだん目の前が暗く・・・  マジでこんな所で・・・ まさか救助要請? 洒落になんないんだけど。。。

+ Read More

登山な話2 三俣山

前回の由布岳登山から1週間後、くじゅうの三俣山の紅葉が綺麗とのことで、行ってきました。
長者原からすがもり越え―三俣山を目指します。  朝6:40登山開始。
タデ原湿原のある長者原では以前星景写真を撮っています。

三俣山はいくつかの山塊に分かれていて、本峰(1744m)をはじめ、北峰、西峰、南峰、Ⅳ峰と呼ばれています。

最初は紅葉の美しい硫黄山道路を登ります。
IMAG0915.jpg

一般車が進入できる道が終わり、ショートカットの登山道へ入ります。
s-IMG_6255.jpg

前日降った雨のせいで、粘土のようなニュルニュルした歩きにくい道です。
s-IMG_6263.jpg

+ Read More

登山な話1 由布岳

昨年の秋の話なのですが、今後の展開に必要なのでこの話をさせてください。
s-IMG_8011_20140521003738b46.jpg
↑この写真は今年の春の由布岳  西と東の双耳峰。 豊後富士とも呼ばれる。

10月のとある日、大分県の由布岳に登りました。 朝7時、正面登山口(標高770m)。 雲に覆われて由布岳の姿は拝めません。


最初は草原の小路。 先行する老夫婦に続いて登ります。
s-IMG_6107B_20140520032944556.jpg

すぐに美しい森の中へ。 鹿の親子が前を横切りました(中央に逃げる鹿の後ろ姿、分かりますか?)  
s-IMG_6109B.jpg

+ Read More

その他の桜

今日は春に撮影したその他の桜

福岡県みやま市にある名木野のしだれ桜です。 旧瀬高町小田  撮影日は3/26

しだれ桜には、紅一重、紅八重、白一重の三種類があるそうですが、これは白一重で、本来寒冷地にしか育たない種が九州で生育している大変珍しいケースだそうです。
立花藩に仕えた吉田氏が、元禄年間に当地に京より移植したものが現在も素晴らしい花を咲かせています。
s-IMG_7895B.jpg
ただ「本当にこんな所に?」と言いたくなるような細い道を登り、車は路肩に何とか2台置けるかという程度で、すぐ隣には民家、鬱蒼と茂る竹林と撮影ロケーション的には優れているわけではありません。 
桜好きな方なら一度は見てみてもいいかも―という感じです。


夕暮れの久留米市筑後川 百年公園
s-IMG_8502_stitch.jpg
s-IMG_8482C.jpg
↑人物が特定できないように強めのボカシをいれています
s-IMG_8542C.jpg
s-IMG_8570.jpg

筑前町 草場川
s-IMG_8862.jpg
ココは昨年星景を撮りました
s-IMG_8877.jpg

久留米市 発心公園
s-IMG_8826.jpg
s-IMG_8614.jpg
s-IMG_8829.jpg
公園から 久大本線を走る一両編成の赤い車両。 いいなぁ

文化センター
s-IMG_8367B.jpg
s-IMG_8392.jpg
s-IMG_8389.jpg
今年はハーフNDフィルターが桜の撮影のみならず、先日のネモフィラの撮影などでコントラストを高めるのに活躍してくれました。 でもLeeやCokinの角型フィルターって高いのですよね。 通常の丸型もレンズの口径毎に買うと高くつくし。

近年は中華製の安いフィルターセットがAmazonなどで手に入るようになりました。 ↑の噴水の写真もNDフィルターを重ね合わせて露出時間を稼いでいます。  
これから夏の滝や水源の撮影にも重宝しそうです。 地上との明度差がある場所での星景でも使用を考えています。

   


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日んこつは知らん倍!(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村



<HOME>

NGC457「E.T. Cluster」(Caldwell13)、NGC663「Horseshoe Cluster」(Caldwell 10)、NGC559「Ghost's Goblet」(Caldwell8)

今日はカシオペア座にあるカルドウェルカタログの散開星団を3つ

まずはNGC457  通称「E.T.星団」の名があるCaldwell 13です。
明るい5等星と7等星の恒星が大きな目のように見えることから名づけられました。 
私にはラピュタのロボット兵が頭を斜め下にしてバンザイしているように見えます。
望遠鏡での眼視観測にも楽しい対象です。
この写真も×1.5のエクステンダーを使用しているため、周辺星像がとても流れています。

2013.7.10 0:43~0:59 EOS kiss X2(改) 30sec×3枚 3min×4枚 トータル13min30sec   ISO 1600 RAW  LPS-P2 FF Kenko テレプラス×1.5 MC4
Vixen R200SS  Celestron Advanced-GT kenko50mmFinder(改)ガイド鏡+Watec WAT-250D PHDguiding
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS5 FlatAide



2つ目はNGC663 「Horseshoe Cluster」の名があるCaldwell 10です。
カシオペア座付近を望遠鏡で流すと、散開星団が次々に視界に飛び込んできますが、このNGC663が一番大きいと思います。 M103よりずっと見応えがあります。 視等級 7.1等、 視直径は16′ほどあります。
名前の由来の馬蹄形に、星が並んでいるように見えなくもありません。
写真下ギリギリに写っているのは小型の散開星団 NGC659です。
s-1440_1444_C10N663B2-FLb.jpg
2013.7.16 2:53~3:15 EOS kiss X2(改) 4min×5枚 トータル20min  ISO 800 RAW  LPS-P2 FF
Vixen R200SS  Celestron Advanced-GT kenko50mmFinder(改)ガイド鏡+Watec WAT-250D PHDguiding
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS5 FlatAide



最後は多少地味目なNGC559 「Ghost's Goblet」の異名を持つCaldwell8です。 この「幽霊のゴブレット」の異名の由来が何なのかはわかりませんが、この星団には超新星残骸があるようです。  と言うのも残骸はかなり暗いらしく、赤外線や電波観測によって確認されたからです。 冷却CCDによる長時間露光の写真にはこの星団を包むように分子雲が写っています。 お持ちの方は狙ってみるのも面白そうですね。
私の写真には、星団を一回り大きく暗黒星雲の領域(星が写っていない)があるのがわかります。
s-1430_1437_C8N559B2-FLb.jpg
2013.7.16 2:09~2:47 EOS kiss X2(改) 4min×7枚 トータル28min  ISO 800 RAW  LPS-P2 FF
Vixen R200SS  Celestron Advanced-GT kenko50mmFinder(改)ガイド鏡+Watec WAT-250D PHDguiding
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS5 FlatAide


※【追記】
なんだか無理矢理感が否めませんが、↓こういう事らしいです。
C8.jpg
そして、中心部分の微光星が蒸気のように見えるそうです。 このあたりが「Ghost's Goblet」の名前の由来でしょうか。



カルドウェル天体撮影一覧表はコチラです。

↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日んこつは知らん倍(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ



<HOME>

はくちょう座のまばたき星雲 Caldwell 15、みずがめ座の土星状星雲 Caldwell 55、ヘルクレス座の惑星状星雲 NGC6210

カルドウェル天体撮影表、一応の区切りとした南天低~い80番台を除いて、とりあえず撮り終えました。
ただ、撮っただけで処理してないのですよね~  私の機材では地味な写りなのが多くてイマイチその気になれず放置してしまっていましたが、何個かずつでも処理していきたいです。

今日は惑星状星雲を3つ

はくちょう座の通称「まばたき星雲」NGC6826 C15 です。

恒星とは違う、青白い惑星状星雲がみてとれます。

上記はトリミングしています。トリミング前はこちら↓  今回の3対象は×1.5テレコンを使用しているので、周辺部の星像が流れてしまっています。  ケンコー製では周辺星像は2倍テレコンのほうがいいと思います。
s-1035_1043_N6826C15B2.jpg
2013.7.10 1:04~1:25 EOS kiss X2(改) 30sec×1枚 1min×3枚 2min×3枚 トータル9min30sec  ISO 1600 RAW  LPS-P2 FF Kenko テレプラス×1.5 MC4
Vixen R200SS  Celestron Advanced-GT kenko50mmFinder(改)ガイド鏡+Watec WAT-250D
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS5 



次はみずがめ座の惑星状星雲NGC7009 C55 通称「土星状星雲」です。
ss-1056_1063_N7009_C55B.jpg
上記のC15とは違い、土星の輪のようなものがあるのが特徴的です。
視等級も8等で、アマチュアの望遠鏡観測に適した星雲です。

トリミング前
s-1056_1063_N7009_C55B.jpg
2013.7.10  2:32~2:47 EOS kiss X2(改)  1min×4枚 2min×4枚 トータル12min  ISO 1600 RAW  LPS-P2 FF Kenko テレプラス×1.5 MC4
Vixen R200SS  Celestron Advanced-GT kenko50mmFinder(改)ガイド鏡+Watec WAT-250D
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS5 



最後はカルドウェル天体ではありませんが、ヘルクレス座のβ星の近くにある惑星状星雲、NGC6210です。
ss-1044_1049_N6210B.jpg
ともすれば恒星と見間違えそうな大きさですが、倍率を上げるとややつぶれた楕円形であることが認められます。
これから夏の観測対象にピッタリです。

トリミング前
s-1044_1049_N6210B.jpg
2013.7.10  1:49~1:57 EOS kiss X2(改) 1min×5枚 2min×1枚 トータル7min  ISO 1600 RAW  LPS-P2 FF Kenko テレプラス×1.5 MC4
Vixen R200SS  Celestron Advanced-GT kenko50mmFinder(改)ガイド鏡+Watec WAT-250D
Deep Sky Stacker  Adobe Photoshop CS5 


主だった惑星状星雲をずらりと並べてみるのも、違いが分かりやすくて面白いかもしれませんね。


↓撮影の励みになりますのでどちらか一押ししていただけるとうれ鹿です鯛  明日んこつは知らん倍(゚Д゚)
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ



<HOME>
プロフィール

にしん目かたくちいわし

Author:にしん目かたくちいわし
40になりました。福岡県産
2009年子供の時以来20年ぶりに天文趣味を復活
2010 12/6 blogスタート

絡んで頂けると嬉しゅうございます
相互リンク大歓迎
がんばるばい!(゚Д゚)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
星空指数
GPV気象予報
ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
556位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
192位
アクセスランキングを見る>>
サイト価格ランキング
  
FC2カウンター
検索フォーム
calendar
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンク
QRコード
QR
ブロとも一覧

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


ヤフオク!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。